「技術の日産」が開花 日産の黄金期を生み出した「901運動」

2020.10.21 デイリーコラム
「プロジェクト901CAR'sパレード2020」で、日産村山工場跡地の周辺道路を連なって走る「スカイライン」(R32)、「ローレル」(C33)、「セフィーロ」(A31)、そして「スカイラインGT-R」(BNR32)。
「プロジェクト901CAR'sパレード2020」で、日産村山工場跡地の周辺道路を連なって走る「スカイライン」(R32)、「ローレル」(C33)、「セフィーロ」(A31)、そして「スカイラインGT-R」(BNR32)。拡大

2020年10月4日、東京都武蔵村山市にある東京日産 新車のひろば 村山店で「プロジェクト901CAR'sパレード2020」と称するミーティングが開かれた。このイベントの参加車両を通じて日産の自動車づくりを考えてみた。

1967年「ブルーバード1300デラックス」(510)。前マクファーソンストラット、後ろセミトレーリングアームの4輪独立懸架にSOHCエンジンなど、量産小型車としては世界的に見ても進歩的かつ高級なメカニズムを採用していた。
1967年「ブルーバード1300デラックス」(510)。前マクファーソンストラット、後ろセミトレーリングアームの4輪独立懸架にSOHCエンジンなど、量産小型車としては世界的に見ても進歩的かつ高級なメカニズムを採用していた。拡大
1969年「スカイライン2000GT-R」(PGC10)。並走するプロトタイプスポーツ「R380A-III」用をベースに量産化された、2リッター直6 DOHC 24バルブという市販車としては例のない高度なスペックのエンジンを搭載していた。
1969年「スカイライン2000GT-R」(PGC10)。並走するプロトタイプスポーツ「R380A-III」用をベースに量産化された、2リッター直6 DOHC 24バルブという市販車としては例のない高度なスペックのエンジンを搭載していた。拡大
1989年「スカイラインGT-R」(BNR32)。4輪マルチリンク式サスペンションに電子制御4輪操舵の「スーパーHICAS」、2.6リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボエンジン、電子制御トルクスプリット4WDなどハイテク仕込みの最先端メカを詰め込んだ、901運動の集大成ともいえるスーパーマシン。
1989年「スカイラインGT-R」(BNR32)。4輪マルチリンク式サスペンションに電子制御4輪操舵の「スーパーHICAS」、2.6リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボエンジン、電子制御トルクスプリット4WDなどハイテク仕込みの最先端メカを詰め込んだ、901運動の集大成ともいえるスーパーマシン。拡大

日産の黄金時代

「技術の日産」。現在も「やっちゃえ日産。技術の日産が人生を面白くする」という形で使われている、日産の伝統的な企業スローガンである。あくまで個人的な意見だが、日産がそのスローガンにふさわしいメーカーだと感じた時期が2度ある。最初は3代目「ブルーバード」(510)、初代「ローレル」(C30)、「スカイライン2000GT-R」(PGC10)、初代「フェアレディZ」(S30)などが登場した、1967年から69年にかけてである。

もう1回はそれから約20年後。「ATTESA(アテーサ)」と呼ばれるフルタイム4WDシステムを搭載して1987年に登場した8代目「ブルーバード」(U12)を皮切りに、5代目「シルビア」(S13)、8代目「スカイライン」(R32)、4代目「フェアレディZ」(Z32)、「インフィニティQ45」(G50)、初代「プリメーラ」(P10)などが続々と登場した、1980年代後半から90年代初頭にかけての時期である。

この時期はバブル景気とも重なっており、豊かな経済を背景に他社からも「ユーノス・ロードスター」や初代「トヨタ・セルシオ」、初代「ホンダNSX」といった日本車史に語り継がれる傑作が数多く登場した。そのため後に「日本車のヴィンテージイヤー」とか「日本車のルネサンス期」などと呼ばれることになる。

自動車業界全体にそうした時代の空気があったのは確かだが、それにしても日産からはこの時期に多くの優れたモデルが輩出したように思える。それは単に個人的な印象ではなく、当時、日産にはその根拠となる動きがあったのだ。「901運動」とか「901活動」、あるいは「プロジェクト901」などと呼ばれる社内活動である。

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事