【F1 2020】メルセデスが「7年連続コンストラクターズタイトル獲得」の新記録達成

2020.11.02 自動車ニュース
F1第13戦エミリア・ロマーニャGPを制したメルセデスのルイス・ハミルトン(写真右から2番目)、2位に入ったメルセデスのバルテリ・ボッタス(同左端)、3位に終わったルノーのダニエル・リカルド(同右端)。(Photo=Renault Sport)
F1第13戦エミリア・ロマーニャGPを制したメルセデスのルイス・ハミルトン(写真右から2番目)、2位に入ったメルセデスのバルテリ・ボッタス(同左端)、3位に終わったルノーのダニエル・リカルド(同右端)。(Photo=Renault Sport)拡大

2020年11月1日、イタリアのイモラにあるアウトドローモ・インテルナツィオナーレ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリで行われたF1世界選手権第13戦エミリア・ロマーニャGP。前戦ポルトガルGPで最多勝記録を塗り替えたルイス・ハミルトンが、今度はチームの7年連続タイトルに貢献した。

予選でチームメイトのボッタスに僅差で負け、「どうしようもないラップだった」と反省の弁を語ったハミルトン(写真)。スタートで1つポジションを落とし3位となるも、そこからの巻き返しはさすがだった。2位を走るレッドブルのマックス・フェルスタッペンがピットに入ると、前方がクリアになったことでペースアップ。第1スティントを長く取る間に遅れを取り戻し見事トップに躍り出た。今季9勝目、勝率約7割という圧倒的な強さ。次戦にも7度目のタイトル獲得の可能性が出てきた。メルセデスは7連覇を達成したものの、ハミルトンとは来季の契約をまだ結んでおらず、チームを成功に導いてきたトト・ウォルフ代表の来年のポジションもまだ確定していない。(Photo=Mercedes)
予選でチームメイトのボッタスに僅差で負け、「どうしようもないラップだった」と反省の弁を語ったハミルトン(写真)。スタートで1つポジションを落とし3位となるも、そこからの巻き返しはさすがだった。2位を走るレッドブルのマックス・フェルスタッペンがピットに入ると、前方がクリアになったことでペースアップ。第1スティントを長く取る間に遅れを取り戻し見事トップに躍り出た。今季9勝目、勝率約7割という圧倒的な強さ。次戦にも7度目のタイトル獲得の可能性が出てきた。メルセデスは7連覇を達成したものの、ハミルトンとは来季の契約をまだ結んでおらず、チームを成功に導いてきたトト・ウォルフ代表の来年のポジションもまだ確定していない。(Photo=Mercedes)拡大
予選でのポールラップに「震えがきた」と語ったボッタス(写真)。彼にとって通算15回目のポールポジションとなったが、過去14回のうち勝利につながったのは5回と少ないのが課題だった。スタート直後の長い全開区間でトップを守るも、フェラーリの破損したパーツが当たりフロアにダメージを負うという不運に見舞われその後苦戦。一時は3位まで落ちたが、フェルスタッペンのリタイアで2位となりそのままゴール。残り4戦、ハミルトンとの85点ものポイント差は、ひっくり返せる程度のギャップではない。(Photo=Mercedes)
予選でのポールラップに「震えがきた」と語ったボッタス(写真)。彼にとって通算15回目のポールポジションとなったが、過去14回のうち勝利につながったのは5回と少ないのが課題だった。スタート直後の長い全開区間でトップを守るも、フェラーリの破損したパーツが当たりフロアにダメージを負うという不運に見舞われその後苦戦。一時は3位まで落ちたが、フェルスタッペンのリタイアで2位となりそのままゴール。残り4戦、ハミルトンとの85点ものポイント差は、ひっくり返せる程度のギャップではない。(Photo=Mercedes)拡大

14年ぶりのイモラが“2デーGPウイーク”になったわけ

1981年から2006年まで、隣国の名前を冠して「サンマリノGP」として行われたイモラでのF1が14年ぶりに復活。サーキットのあるイタリア北部の州名から「エミリア・ロマーニャGP」として開かれることとなった。

F1にとって久々のイモラ。注目すべきポイントが多かった中での特筆すべきトピックといえば、GPウイークが通常の3日間から試験的に2日間に短縮された点だろう。これまでも第11戦アイフェルGPのように、天候不順で1日削られることはあったが、今回は通常金曜日に2回行われるフリー走行を最初からなくし、土曜日の90分間のプラクティスのみで予選・決勝を迎えるという短いスケジュールが組まれた。その背景には、レース運営の効率化を図らなければならない事情がある。

10月27日に2021年のF1暫定カレンダーが明らかになり、コロナ以前に今季予定されていた22戦に新たにサウジアラビアを加えた、史上最多の23戦が計画されていることが分かった。3月のオーストラリアGPを皮切りに世界を転戦。その間、休みなしの3連戦が2回巡ってくるという多忙な日程となる。今回の“2デーGPウイーク”は、前戦ポルトガルGPから連戦となるための措置だが、来季、一年の44%の週末をサーキットで過ごさなければならないかもしれない関係者の負荷軽減策を探るというもくろみもあるのだ。

レース数の拡大は、興行としてのF1の成功には欠かせない“条件”。リバティ・メディアがF1のオーナーとなる前には1レースあたりの開催権料が高騰し、イギリスGPなど伝統のGPが開催危機に直面する自体に陥った。1レースの単価を上げられないなら、数を増やすしかないのだ。

2020年シーズンもエミリア・ロマーニャGPを含めて残り5戦となり、来季のシートも続々と確定している。アルファタウリはピエール・ガスリーの残留を発表、アルファ・ロメオも引き続きキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィがステアリングを握ることになった。2021年を見据えて動きが活発となるF1。ポルトガルGPで最多勝記録を更新したルイス・ハミルトンに次いで、メルセデスの史上初、7年連続コンストラクターズチャンピオン決定というレコードを打ち立てるかもしれない週末が幕を開けた。

ルノーのリカルド(写真)が予選5位から3位。スタートで4位に上がるも、レーシングポイントのセルジオ・ペレスにオーバーカットを許し先を越された。終盤のセーフティーカーでタイヤを交換したペレスらに対し、リカルドは走行を続けたことで3位に。ニュータイヤを履くアルファタウリのダニール・クビアトの猛攻をしのぎ、今季2度目の表彰台にのぼった。チームメイトのエステバン・オコンは予選12位から29周目にクラッチトラブルでリタイア。(Photo=Renault Sport)
ルノーのリカルド(写真)が予選5位から3位。スタートで4位に上がるも、レーシングポイントのセルジオ・ペレスにオーバーカットを許し先を越された。終盤のセーフティーカーでタイヤを交換したペレスらに対し、リカルドは走行を続けたことで3位に。ニュータイヤを履くアルファタウリのダニール・クビアトの猛攻をしのぎ、今季2度目の表彰台にのぼった。チームメイトのエステバン・オコンは予選12位から29周目にクラッチトラブルでリタイア。(Photo=Renault Sport)拡大
2021年もアルファタウリに残留することが決まったピエール・ガスリー(写真)。レッドブルへの復帰がなかったことに「がっかりしてないが驚いた」と複雑な心境を語っていたが、チームのファクトリーにほど近いイモラでは前戦ポルトガルGPに続き絶好調。ここで亡くなったアイルトン・セナのヘルメットカラーでキャリアベストタイの予選4位を獲得した。しかしレース前に発覚したクーラント漏れにより、5位走行中にピットに入りリタイアせざるを得なかった。代わってチームメイトのダニール・クビアトが上位に食い込むレースを見せ、予選8位から4位フィニッシュを果たした。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)
 
2021年もアルファタウリに残留することが決まったピエール・ガスリー(写真)。レッドブルへの復帰がなかったことに「がっかりしてないが驚いた」と複雑な心境を語っていたが、チームのファクトリーにほど近いイモラでは前戦ポルトガルGPに続き絶好調。ここで亡くなったアイルトン・セナのヘルメットカラーでキャリアベストタイの予選4位を獲得した。しかしレース前に発覚したクーラント漏れにより、5位走行中にピットに入りリタイアせざるを得なかった。代わってチームメイトのダニール・クビアトが上位に食い込むレースを見せ、予選8位から4位フィニッシュを果たした。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)
	 拡大

“オールドコース”でボッタスがポール

かつては高速サーキットとして知られたイモラも、1994年にローランド・ラッツェンバーガーとアイルトン・セナが相次いで命を落とすという悲劇の場所となってからは大幅に改修され、セナの事故現場となった超高速「タンブレロコーナー」などにシケインが設けられた。さらに、F1が行われなくなってからは最終コーナーのシケインが使われなくなり、全開区間が延ばされていた。

コース幅が狭く、グラベルエリアも多いことからささいな失敗も許されない、いわゆるオールドコースとしての魅力をたたえたイモラ。多忙なプラクティスを終えて迎えた予選では、相変わらずどこでも速いメルセデス勢が最前列を独占。今回はバルテリ・ボッタスがQ3最後の会心のラップで逆転に成功し、今季4回目、通算15回目のポールを決めた。

0.097秒差でハミルトンは予選2位。メルセデスにとっては74回目のフロントロー独占である。レッドブル駆るマックス・フェルスタッペンは、Q2中にスパークプラグに異常が起き、なんとかQ3まで進むもリズムを崩して0.567秒差と大きく離され、3位だった。

土曜日に絶好調だったのはアルファタウリの2台。ガスリーはキャリアベストタイの4位、ダニール・クビアトも今季初めてQ3に進出し8位と好位置を得た。ルノーのダニエル・リカルド5位、レッドブルのアレクサンダー・アルボン6位、フェラーリのシャルル・ルクレールは7位からレースに臨むことに。トップ10グリッドの最後にはマクラーレンが並び、ランド・ノリス9位、カルロス・サインツJr.は10位につけた。

フェラーリは、シャルル・ルクレール(写真)が激戦の中団チームの争いの中で予選7位、セバスチャン・ベッテル(写真)は、トラックリミットを越えてしまいベストタイムを抹消され、9連続Q2敗退で14位だった。レースではルクレールが5位入賞を果たすも、ベッテルはピットストップでチームが手間取り大きく順位を落とし、ポイント圏外の12位にはじき出されてしまった。コンストラクターズランキングは103点で6位のまま。5位レーシングポイントとは31点の差がある。(Photo=Ferrari)
フェラーリは、シャルル・ルクレール(写真)が激戦の中団チームの争いの中で予選7位、セバスチャン・ベッテル(写真)は、トラックリミットを越えてしまいベストタイムを抹消され、9連続Q2敗退で14位だった。レースではルクレールが5位入賞を果たすも、ベッテルはピットストップでチームが手間取り大きく順位を落とし、ポイント圏外の12位にはじき出されてしまった。コンストラクターズランキングは103点で6位のまま。5位レーシングポイントとは31点の差がある。(Photo=Ferrari)拡大
レッドブルのフェルスタッペン(写真)は、予選Q2のアタック前に「ノーパワー!」と叫び緊急ピットイン。スパークプラグの異常を疑ったチームの素早い処置によりなんとかQ3まで駒を進め、メルセデス勢から0.5秒も離されたものの3位を守った。レースではスタートで2位にジャンプアップ、マシンにダメージを負ったボッタスをオーバーテイクするなど見せ場をつくったが、2位走行中に突如リアタイヤがバーストしクラッシュ、惜しくもリタイアを喫した。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)
レッドブルのフェルスタッペン(写真)は、予選Q2のアタック前に「ノーパワー!」と叫び緊急ピットイン。スパークプラグの異常を疑ったチームの素早い処置によりなんとかQ3まで駒を進め、メルセデス勢から0.5秒も離されたものの3位を守った。レースではスタートで2位にジャンプアップ、マシンにダメージを負ったボッタスをオーバーテイクするなど見せ場をつくったが、2位走行中に突如リアタイヤがバーストしクラッシュ、惜しくもリタイアを喫した。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)拡大

スタートでボッタス首位 ハミルトンは3位に

鈴鹿サーキットもそうだが、ドライバーがチャレンジングだと感じるコースは追い抜きが難しい場合が多い。イモラもその類いのサーキットで、ハミルトンも「美しいコースだがレースは単調になるはず」とレース前に本音を漏らしていた。だがハミルトンの予想に反し、レースは多くの話題を提供することとなった。

上位勢ではメルセデスの2台とフェルスタッペンがミディアムタイヤを履き、63周のレースに旅立つと、ボッタスが首位を守り、フェルスタッペンが2位上昇、ハミルトンは3位に落ち、4位リカルド、5位ガスリー、6位ルクレールといった順位で1周目が終わった。

この日も序盤から、トップ3がその他を突き放す展開。抜きづらいコースでポジションダウンとなった3位ハミルトンは、前方を走るフェルスタッペンからの乱流で「ついていくのが大変なんだ」と無線でこぼしていたが、その後にちゃんと逆転するのだからさすがである。

順位は1つ落としたものの5位走行中だったガスリーに、「ピットに入ってくれ。致命的な問題がある」と非情な連絡が入ったのは9周目の出来事。レース前に発覚していたクーラント漏れにより、アルファタウリの1台は早々に戦列を去らなくてはならなくなった。

14周を過ぎると、中団勢のルクレールやリカルド、アルボンらがソフトからハードに換装。ミディアムでスタートした上位3台で最初にピットに入ったのはフェルスタッペンで、19周目にハードタイヤを与えられ、3位でコースに戻った。

ここからが最多勝ドライバー、ハミルトンの真骨頂。前にレッドブルがいなくなったことで、「ピットストップはしばらく後だ」とチームに伝え、遅れを取り戻さんとファステストラップを記録しながら周回を重ねることとなった。一方、ピットに入ったフェルスタッペンの動きに合わせ、メルセデスは20周目にボッタスをピットに呼び、ハードタイヤを与え暫定首位ハミルトンの後ろ、2位で戻した。

来季のレッドブル残留に黄色信号がともっているアレクサンダー・アルボン(写真)。チーム首脳も、今季型「RB16」が乗りやすいマシンではないことを認めつつ、今季表彰台の常連となった僚友フェルスタッペンに100点近くも差をつけられているアルボンを残すべきか悩んでいる様子だ。前戦ポルトガルGPではポイント圏外の12位完走と最悪の結果に終わったが、今回も予選6位、レースではセーフティーカー明けのラップでスピン、5位から最後尾に脱落という失態を演じてしまった。なおチームは、浪人中のニコ・ヒュルケンベルグ、来季のシートが未定のセルジオ・ペレスといった、ベテランの“非レッドブル系”ドライバーを受け入れることも視野に入れているという。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)
来季のレッドブル残留に黄色信号がともっているアレクサンダー・アルボン(写真)。チーム首脳も、今季型「RB16」が乗りやすいマシンではないことを認めつつ、今季表彰台の常連となった僚友フェルスタッペンに100点近くも差をつけられているアルボンを残すべきか悩んでいる様子だ。前戦ポルトガルGPではポイント圏外の12位完走と最悪の結果に終わったが、今回も予選6位、レースではセーフティーカー明けのラップでスピン、5位から最後尾に脱落という失態を演じてしまった。なおチームは、浪人中のニコ・ヒュルケンベルグ、来季のシートが未定のセルジオ・ペレスといった、ベテランの“非レッドブル系”ドライバーを受け入れることも視野に入れているという。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)拡大
前戦ポルトガルGPで「来季のウィリアムズのシートが危うい」とのうわさが流れたジョージ・ラッセル(写真)だったが、エミリア・ロマーニャGPでは暫定チーム代表を務めるサイモン・ロバーツが正式にそれを否定、当初の予定通りラッセルが来年もドライブすると明言した。今季8回目のQ2進出、しかもフェラーリのベッテルを2戦連続で上回る13位からスタート。初入賞も見えていた10位走行中、セーフティーカーの後ろでタイヤを温めている最中にスピン、クラッシュしてしまいリタイア。マシンを降りてしばしコース脇に座り込み、悔しさをあらわにしていた。(Photo=Williams)
前戦ポルトガルGPで「来季のウィリアムズのシートが危うい」とのうわさが流れたジョージ・ラッセル(写真)だったが、エミリア・ロマーニャGPでは暫定チーム代表を務めるサイモン・ロバーツが正式にそれを否定、当初の予定通りラッセルが来年もドライブすると明言した。今季8回目のQ2進出、しかもフェラーリのベッテルを2戦連続で上回る13位からスタート。初入賞も見えていた10位走行中、セーフティーカーの後ろでタイヤを温めている最中にスピン、クラッシュしてしまいリタイア。マシンを降りてしばしコース脇に座り込み、悔しさをあらわにしていた。(Photo=Williams)拡大

メルセデス、7年連続タイトル獲得という偉業

29周目、エステバン・オコンのルノーがコース脇にマシンをストップさせたことで、30周目にバーチャルセーフティーカーが出るも、ほんの一瞬でグリーンに戻ってしまった。この短いチャンスを生かしてハミルトンがタイヤ交換を済ませ、1位のまま復帰。3.5秒後ろに2位ボッタス、さらに1.6秒後方に3位フェルスタッペンという順位となった。

トップから2位に落ちたボッタスにはハミルトンを追う速さはなく、後ろの3位フェルスタッペンに接近を許してしまう。ボッタスのマシンは、破損したフェラーリのパーツが当たってフロアにダメージを負っており、空力的なバランスを崩していたのだ。手負いのメルセデスをなんとかコントロールしていたボッタスだったが、コースオフをきっかけに、43周目にフェルスタッペンに2位の座を奪われてしまった。

再び2位に返り咲いたフェルスタッペンだったが、その喜びも長続きせず。51周目、突如右リアタイヤが破損しクラッシュ、グラベルにつかまったレッドブルはリタイアせざるを得なかった。これでセーフティーカーが出たことで、ボッタス、ハミルトンらが続々とピットイン。この徐行中に10位を走っていたウィリアムズのジョージ・ラッセルが痛恨のミスでクラッシュしたこともあり、レース再開は58周目まで待たなければならなかった。

残り6周のスプリントレースは、1位ハミルトン、2位ボッタス、3位リカルド、4位ルクレール、5位アルボンという順位でスタート。早々にクビアトが4位に上がった一方、アルボンはスピンし最後尾に脱落。ソフトタイヤを履くクビアトは、セーフティーカーでピットに入らずハードのままだったリカルドを追い回すも、やはりオーバーテイクが難しいイモラ、ルノーが0.8秒差で最後まで表彰台の最後の一角を手放すことはなかった。

ハミルトンは13戦して9勝目、通算93勝目を飾り、不運に見舞われたボッタスも2位でチェッカードフラッグを受け、メルセデスは7年連続となるコンストラクターズタイトルを手中におさめた。1999年から2004年までフェラーリが達成した6年連続タイトルを抜く新記録達成に、その原動力となったハミルトンは「われわれは勝利に慣れていると思うかもしれないけど、新記録樹立なんて、信じられないことなんだ」と喜びを表し、チーム代表のトト・ウォルフも「われわれはベンチマークを新しい次元まで押し上げ、それを成し遂げたんだ」と胸を張った。

ポルトガルGPでのハミルトン最多勝記録更新に次いで、2週連続でワールドレコード誕生となったF1。次に待ち構える記録は、ミハエル・シューマッハーに並ぶ、ハミルトンの7度目の戴冠。どうやらそれも決まりそうな気配である。

14年ぶりのイモラでのレースの後は、9年ぶりとなる第14戦トルコGP。決勝は11月15日に行われる。

(文=bg)

関連キーワード:
F1 2020, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事