第225回:アメリカへの自由の旅はマスタングで
『ストックホルム・ケース』

2020.11.05 読んでますカー、観てますカー

テキサス人を気取る銀行強盗

ストックホルム症候群という言葉は、誘拐や監禁などの被害者が犯人に同情と共感を抱いていく心理的作用を意味する。1974年のパトリシア・ハースト事件が有名だ。過激派に連れ去られた新聞王の孫娘が2カ月後には彼らと一緒に銀行強盗を行ったことが報じられ、アメリカ社会に大きな衝撃を与えた。日本でも、よど号ハイジャック事件、三菱銀行人質事件などが知られる。渡辺 謙主演の『ベル・カント とらわれのアリア』は、1996年の在ペルー日本大使公邸占拠事件を元にした映画だった。

『ストックホルム・ケース』は、この言葉が生まれるきっかけとなった強盗事件を描く。舞台はスウェーデン・ストックホルムのノルマルム広場。1973年8月の出来事である。登場人物の名前が変えられているし実際は6日間だったのを3日間に短縮しているが、おおむね事実に忠実な物語になっているようだ。

さえない悪党のラースは、船に乗ってやってくる。黒の革ジャンと革パンでキメ、長髪のカツラにハットでコーディネート。スウェーデン人なのに、いでたちはアメリカンだ。彼はアメリカに憧れ、金を手に入れて海を渡ろうと考えている。犯行方法は雑だ。銀行に入ってマシンガンをぶっ放し、銀行員を人質に取る。電話で要求を伝えると、異様に顔の長い警察署長が交渉に来た。平和な国だから凶悪事件の経験がなく、稚拙な対応しかできない。どちらも経験が乏しいから、時間はゆるゆると進む。牧歌的な展開で、いささか緊迫感に欠ける。

ラースは警察署長にテキサス州旗がプリントされた革ジャンの背中を見せ、「Remember the Alamo!」とタンカを切った。アラモの戦いでヒューストン将軍が発した言葉を叫んだわけで、テキサス人を気取っているのだ。

(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved.
(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved.拡大
 
第225回:アメリカへの自由の旅はマスタングで『ストックホルム・ケース』の画像拡大
 
第225回:アメリカへの自由の旅はマスタングで『ストックホルム・ケース』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事