スズキの底力、日産の不運…… コロナ禍からの回復で自動車各社の明暗が分かれた理由

2020.11.09 デイリーコラム

国内4社が黒字回復を果たす

この2020年10月末、トヨタとホンダ、スズキ、スバルの9月における世界生産台数が、同月としては過去最高となった……と報じられた。具体的にいうと、トヨタの2020年9月の世界生産は約84万2000台で、前年同月比で11.7%プラス。以下、ホンダが約47万3000台(+9.9%)、スズキが約29万3000台(+19.1%)、そしてスバルが約9万6000台(+13.0%)だった(カッコ内はすべて前年同月比)。繰り返しになるが、これらはすべて各社にとって9月としては過去最高記録だそうである。

そして、11月に入ってからは自動車各社の2020年度の上半期(4~9月)の決算報告が相次いでいる。4~6月の第1四半期は新型コロナウイルスの影響で、どの自動車メーカーも例外なく歴史的大打撃を受けたことはいうまでもない。同四半期はトヨタとスズキだけがギリギリで赤字を回避(この2社の経営はやっぱりタダモノではない)した以外は、すべて赤字に転落してしまった。

ただ、4月からまずは中国市場が、そして7月ごろからはアメリカ市場も、多くの経済アナリストの予想を上回る急回復を見せた。ご承知のように、3~5月は世界中の自動車工場が生産を止めていたので、販売店の在庫も底を尽きかけており、今は中国とアメリカ市場向けのクルマをフル生産してバックオーダーをさばいている状態だそうだ。日本メーカーのみならず、ゼネラルモーターズ、フォード、フィアットクライスラーという“デトロイトスリー”も、アメリカ市場の回復を背景に、現在はフル稼働状態なんだとか。

冒頭の4社は上半期決算で黒字回復となったほか、本年度の通期見通しも大幅に上方修正している。なかでもトヨタとホンダ、スバルは、この中国とアメリカの急回復の恩恵をもろに受けたカタチである。ちなみに、同じくアメリカ市場に強く依存するマツダも、過去最高とまではいかなくとも、9月の世界生産は約12万7000台で、ついに前年比プラス(+1.0%)に転じるといううれしい兆候を見せている。

トヨタ自動車の2021年3月期 第2四半期決算説明会において、業績を説明する豊田章男代表取締役社長。
トヨタ自動車の2021年3月期 第2四半期決算説明会において、業績を説明する豊田章男代表取締役社長。拡大
レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事