クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

電気仕掛けの開花期!? 1980年代日本車のトンデモ装備

2020.11.18 デイリーコラム

サイドミラーにおける試行錯誤

以前に寄稿したコラム「『日産ローレル』を通して学ぶ 国産ハードトップ車通史」でも触れたが、今では世界標準となっている電動格納式ドアミラーを初めて採用したのは、1984年にデビューした5代目ローレルだった。

この電動格納式ミラーをはじめ、1980年代の日本車には、電気仕掛けのアメニティー装備が続々と登場した。それは世界に冠たる電子立国の技術とおもてなしの精神の融合から生まれた日本独特のものだった。それらの中には、多分にエンターテインメント性を含んだ装備もあったことから、ギミックと揶揄(やゆ)されることも少なくなかった。

今日で言うところのガラパゴス的なものとされるケースが多かったわけだが、前述した電動格納式ミラーをはじめ、カーナビやスマートエントリーシステムのように、実用性と利便性が評価されて世界に広まっていったものも少なくない。そのいっぽうで、ギミック以上の何物でもなく消え去ったものや、技術の進歩や環境の変化によって不要となってしまったものもある。双方をひっくるめて紹介していこう。

繰り返しになってしまうが、今では「ないと困る」装備となった偉大なアイデアである電動格納式ミラーに敬意を表して、まずはミラー関連から。日本でドアミラーが認可されたのは1983年だが、それ以前のフェンダーミラーだった時代の1981年に登場した初代「日産レパード」に用意されていたのが世界初のワイパー付きフェンダーミラー。目的はもちろん雨天時の後方視界確保で、日産は初代「シーマ」(1988年)でドアミラー版に発展させている。

同じく1981年に兄弟車となってデビューした「マツダ・ルーチェ/コスモ」(ルーチェは4代目、コスモは3代目)には、熱線ヒーター付きフェンダーミラーが用意された。鏡面の裏に配した熱線で、すみやかに曇りや水滴を取り除く仕組みである。

日産のワイパー付きミラーに対抗してか、1988年に登場したX80系の「トヨタ・マークII/チェイサー/クレスタ」の3兄弟には世界初のサイドウィンドウワイパーがオプション設定された。ミラーではなく窓を拭くというわけだが、採用はこの一例で終わった。翌89年に登場した初代「トヨタ・セルシオ」には、超音波雨滴除去装置付きドアミラーが採用された。

それからおよそ30年を経た2018年にデビューした現行「レクサスES」に、量産車としては世界で初めて装備された「デジタルアウターミラー」。2020年10月に発売された「ホンダe」にも「サイドカメラミラーシステム」の名で採用されたが、まだまだ普及には程遠い。いずれは世界標準になりそうに思えるが、果たしてそれはいつになるのだろうか?

1984年「日産ローレル」に採用された電動格納式ドアミラー。道幅も駐車スペースも狭い日本では重宝することから、たちまち普及した。
1984年「日産ローレル」に採用された電動格納式ドアミラー。道幅も駐車スペースも狭い日本では重宝することから、たちまち普及した。拡大
1981年「日産レパード」に用意された世界初のワイパー付きフェンダーミラー。晴天時にはワイパーブレードがかえって邪魔かも?
1981年「日産レパード」に用意された世界初のワイパー付きフェンダーミラー。晴天時にはワイパーブレードがかえって邪魔かも?拡大
1981年「マツダ・ルーチェ/コスモ」に採用された熱線ヒーター付きフェンダーミラー。鏡面の裏に配した熱線で、すみやかに曇りや水滴を取り除く。ワイパーと違って、こちらの機構は現在まで使われている。
1981年「マツダ・ルーチェ/コスモ」に採用された熱線ヒーター付きフェンダーミラー。鏡面の裏に配した熱線で、すみやかに曇りや水滴を取り除く。ワイパーと違って、こちらの機構は現在まで使われている。拡大
1988年「トヨタ・マークII/チェイサー/クレスタ」に導入された世界初にして最後となったサイドウィンドウワイパー。なんとウオッシャーまで備えていた。
1988年「トヨタ・マークII/チェイサー/クレスタ」に導入された世界初にして最後となったサイドウィンドウワイパー。なんとウオッシャーまで備えていた。拡大
1989年「トヨタ・セルシオ」に採用された超音波雨滴除去装置付きドアミラー。ミラー裏面に内蔵されたヒーターと、超音波による、ぬれた犬が体を震わせるような振動で水滴を吹き飛ばす。
1989年「トヨタ・セルシオ」に採用された超音波雨滴除去装置付きドアミラー。ミラー裏面に内蔵されたヒーターと、超音波による、ぬれた犬が体を震わせるような振動で水滴を吹き飛ばす。拡大

カーナビの始まり

近年は車載システムではなく、スマートフォンやタブレットのアプリケーションを使う人も少なくないが、カーナビゲーションはすっかり定着したアイテムといえるだろう。これが登場したのも1980年代だった。

前史というほどではないが、カーナビ出現前の一時期にちょこっと存在していたのが、マイコン(マイクロコンピューター)を使ったドライブコンピューター。走行距離や平均速度、燃費などを表示するものだが、1980年に登場した4代目日産ローレルが搭載していたものは、電卓然とした見た目のとおり四則演算も可能だった。

1981年デビューの2代目「トヨタ・セリカXX」に用意されていたその名も「ナビコン」は、マイコンに距離と方角(東西南北16方位)をセットしておくと、目的地の方位と到達度を示すという初歩的なナビゲーションシステムだった。

同じく1981年に世代交代した2代目「ホンダ・アコード」と、新たに登場した兄弟車の「ビガー」に用意された「エレクトロ・ジャイロケータ」は、車両に搭載したジャイロセンサーで進行方向を、車速センサーで走行距離を検出する自立航法による世界初のカーナビだった。ブラウン管のディスプレイに、透明フィルムに印刷された地図をセットし、現在位置を確認しながら予定したルートをトレースしていくもので、ルート案内はしてくれない。また長距離の場合は地図の差し替えが必要だった。

1987年に登場した8代目「トヨタ・クラウン」に装備された「CDインフォメーション付きエレクトロマルチビジョン」も、同じく自立航法による現在位置の特定が可能なナビ機能を搭載したドライブコンピューター。やはりルート案内はしてくれないが、地図データをCD-ROMに収めたため差し替えの必要がなくなった。

「カー・コミュニケーション・システム」と名乗る世界初のGPSを用いた衛星航法によるカーナビを純正装着したのは、1990年に登場した「ユーノス・コスモ」。自立航法に比べ現在地の特定精度は飛躍的に高まったが、まだルート案内はしてくれなかった。それが画面上で可能になったのは翌1991年にクラウンに搭載された「GPSエレクトロマルチビジョン」からで、さらにボイスナビゲーション機能が加わるのはトヨタ・セルシオ(1992年)の純正ナビからだった。

1980年「日産ローレル」のセンターコンソールにデンと据えられた電卓、ではなくドライブコンピューター。
1980年「日産ローレル」のセンターコンソールにデンと据えられた電卓、ではなくドライブコンピューター。拡大
1981年「セリカXX」の「ナビコン」。方位磁石に毛が生えたようなもの、と言っては失礼だろうか。
1981年「セリカXX」の「ナビコン」。方位磁石に毛が生えたようなもの、と言っては失礼だろうか。拡大
1981年「ホンダ・アコード/ビガー」にオプション設定された「エレクトロ・ジャイロケータ」。機能的にはジェット機などに設定されている慣性航法装置と同じとのこと。
1981年「ホンダ・アコード/ビガー」にオプション設定された「エレクトロ・ジャイロケータ」。機能的にはジェット機などに設定されている慣性航法装置と同じとのこと。拡大
1987年「トヨタ・クラウン」の「CDインフォメーション付きエレクトロマルチビジョン」。ディスプレイは正方形に近かった。
1987年「トヨタ・クラウン」の「CDインフォメーション付きエレクトロマルチビジョン」。ディスプレイは正方形に近かった。拡大
1990年「ユーノス・コスモ」に用意された世界初のGPSカーナビである「カー・コミュニケーション・システム」は、三菱電機と共同開発された。同年にはパイオニアから後付けのGPSカーナビも登場、「道は星に聞く」時代が幕を開けた。
1990年「ユーノス・コスモ」に用意された世界初のGPSカーナビである「カー・コミュニケーション・システム」は、三菱電機と共同開発された。同年にはパイオニアから後付けのGPSカーナビも登場、「道は星に聞く」時代が幕を開けた。拡大

オーディオはカセットからCDへ

今日では車載インフォテインメントシステムに組み込まれていることが多いカーオーディオ。しかもソース(音源)はスマートフォンなど外部から、ということが増えている。1980年代を振り返れば、最初のデジタルオーディオメディアであるCDが登場し、1983年には富士通テン(現デンソーテン)とトヨタが共同開発した世界初の車載CDプレーヤーがトヨタ・クラウンに設定されている。だがメディアの主流といえば、まだまだアナログ音源であるカセットテープだった。

当時マニアに人気があったシステムといえば、社外品のいわゆるカーコンポだが、純正品も頑張っていた。筆者の印象に残っているのは、1981年に登場したマツダ・コスモ/ルーチェ(1ページで紹介した熱線ヒーター付きフェンダーミラーが用意されたモデル)のインパネにビルトインされたシステム。カーオーディオ用カセットデッキといえば水平方向のローディングが常識だったが、これはホームオーディオのような正立型だったのだ。

カセット関連で忘れがたいのは、1985年に登場した“7th”こと7代目「日産スカイライン」や翌86年デビューの2代目「日産レパード」に用意されていた「オートカセットセレクター」。センターコンソールに内蔵されたカートリッジに収めた5本のカセットテープの連続再生、任意のテープの再生、再生中のテープの前後9曲までの頭出しなど、後のCDチャンジャーに近い機能を持つシステムで、駆動音を発しながら作動する様子は、まるでロボットのようにメカメカしいものだった。

シートに内蔵したドライバーユニットを専用アンプで駆動し、サウンドを耳だけでなく、振動として体で感じる「ボディーソニックシステム」もあった。映画館や遊園地のアトラクションなどから始まり、ホームオーディオとして商品化された後に、車載用にアレンジして1982年に世界で初めてオプション設定したのが初代「ホンダ・シティ」。2年後の1984年に登場した通称“かっとび”こと3代目「トヨタ・スターレット」にも用意された。設定された車種からも明らかなように、あくまで若年層向けのオプションだったのである。

オーディオを音楽を聴くためではなく、ノイズ抑制のために使う「アクティブノイズコントロール」は今も現役の装備だが、決して新しいアイデアではない。1980年代ではなく90年代にハミ出してしまうのだが、今からおよそ30年をさかのぼる1991年に登場した9代目「日産ブルーバード」に採用されていたのだった。

1981年「マツダ・コスモ/ルーチェ」に純正装着された三菱電機製のオーディオシステム。正立型のカセットデッキは、エアダンパーを用いたソフトイジェクトやドルビーNRを搭載し、ワウフラッター0.06%というホームオーディオ並みのスペックを誇る。
1981年「マツダ・コスモ/ルーチェ」に純正装着された三菱電機製のオーディオシステム。正立型のカセットデッキは、エアダンパーを用いたソフトイジェクトやドルビーNRを搭載し、ワウフラッター0.06%というホームオーディオ並みのスペックを誇る。拡大
1985年「日産スカイライン」に用意された「オートカセットセレクター」。センターコンソールのアームレスト部分にカートリッジが収まり、その前方に操作パネルが位置する。内部でテープが……といったトラブルは想像したくない。
1985年「日産スカイライン」に用意された「オートカセットセレクター」。センターコンソールのアームレスト部分にカートリッジが収まり、その前方に操作パネルが位置する。内部でテープが……といったトラブルは想像したくない。拡大
1984年「トヨタ・スターレット」にオプション設定された「ボディーソニックシステム」。シート座面とバックレストにドライバーユニットが内蔵されている。
1984年「トヨタ・スターレット」にオプション設定された「ボディーソニックシステム」。シート座面とバックレストにドライバーユニットが内蔵されている。拡大
1991年「日産ブルーバード」に用意された「アクティブノイズコントロール」。室内の騒音をマイクで検知し、それを打ち消す逆位相の音をシート下の専用スピーカーから出力する、音で音を消すシステムだった。
1991年「日産ブルーバード」に用意された「アクティブノイズコントロール」。室内の騒音をマイクで検知し、それを打ち消す逆位相の音をシート下の専用スピーカーから出力する、音で音を消すシステムだった。拡大

キーレス元年は1985年

携帯電話が普及する前、一部のセレブは愛車に自動車電話を備えていた。日本の自動車電話は1979年に始まったそうだが、ハンズフリーシステムなどが市販車の純正オプションに導入されたのは1980年代半ばから。紹介するのは1987年に出た型式名Y31の「日産セドリック/グロリア」のものだが、エアバッグが義務付けられた現代では不可能なデザインである。

現代はスマートキーの普及が進んでいるが、日本車のキーレスエントリー元年は1985年。フルモデルチェンジした3代目ホンダ・アコードと兄弟車のビガー(2ページで紹介した元祖カーナビ搭載車)が、キーから発信される赤外線で施錠/解錠を行うリモコンキーを採用した。次いで登場した7代目日産スカイラインはカードエントリーシステムを導入。クレジットカード大のエントリーカードを携帯していれば、スイッチに触れるだけで運転席ドアの解錠/施錠とトランクのオープンができるという、スマートエントリーの元祖的なシステムだった。

複数あるスマートキーにそれぞれドライバーのプロファイルを記憶させ、乗車するとシートポジションからエアコン、オーディオなどを自動調整する機構を搭載したモデルが、近年存在する。これのルーツが、1990年に登場した初代「三菱ディアマンテ」に設定された「三菱インテリジェンスコックピットシステム」。2種類のリモコンキーでドライバーを識別し、シートポジション、ルームミラー/ドアミラーの角度、ステアリングホイールの角度を自動調整するという世界初の機構だった。

さらにこのシステムには、シートの前後スライドを設定すると、それを基準にシートバックの角度、座面高、ルームミラー/ドアミラーの角度、ステアリングホイールの角度を、人間工学データに基づく標準位置に自動調整するという、なんともおせっかいな機能も備わっていたのである。

シートといえば、マッサージ(バイブレーター)機能内蔵のリアシート。1982年に初代「トヨタ・センチュリー」に「リフレッシングシート」の名で導入された際には、いい意味でも悪い意味でもこれぞ日本の高級車ならではのホスピタリティーと言われ、「こんなことばかりやってるから日本車は……」と冷笑する向きもあった。それが今ではメルセデス、BMW、アウディのドイツ御三家やキャデラックなどの高級車がこぞって採用しているのだから、先のことはわからない。

というわけで、主に1980年代に登場した日本車のアメニティー装備を紹介してきた。ほかにもまだまだおもしろいアイテムはあるので、またの機会をお楽しみに!

(文=沼田 亨/写真=日産自動車、トヨタ自動車、マツダ、本田技研工業、三菱自動車工業/編集=藤沢 勝)

1987年「日産セドリック/グロリア」のステアリングホイールのセンターパッド。短縮ボタンなど自動車電話用の操作ボタンを並べ、その下にAVシステムのコントロール類を配している。
1987年「日産セドリック/グロリア」のステアリングホイールのセンターパッド。短縮ボタンなど自動車電話用の操作ボタンを並べ、その下にAVシステムのコントロール類を配している。拡大
1985年「日産スカイライン」のカードエントリーシステム。エントリーカードを携帯していれば、スイッチに触れるだけで運転席ドアの施錠/解錠とトランクのオープンが可能。ただし今日のスマートキーと違ってエンジン始動はできない。
1985年「日産スカイライン」のカードエントリーシステム。エントリーカードを携帯していれば、スイッチに触れるだけで運転席ドアの施錠/解錠とトランクのオープンが可能。ただし今日のスマートキーと違ってエンジン始動はできない。拡大
1990年「三菱ディアマンテ」に用意された「三菱インテリジェンスコックピットシステム」。シートスライドやシートバックの角度、座面高、ルームミラー/ドアミラーの角度、ステアリングホイールの角度を自動調整する。
1990年「三菱ディアマンテ」に用意された「三菱インテリジェンスコックピットシステム」。シートスライドやシートバックの角度、座面高、ルームミラー/ドアミラーの角度、ステアリングホイールの角度を自動調整する。拡大
1982年「トヨタ・センチュリー」の「リフレッシングシート」。これはリアシートだが、今日ではフロントシートにマッサージ機能を備えたモデルもある。
1982年「トヨタ・センチュリー」の「リフレッシングシート」。これはリアシートだが、今日ではフロントシートにマッサージ機能を備えたモデルもある。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。