「マツダ3」の商品改良モデル登場 「eスカイアクティブX」がよりパワフルかつレスポンシブに

2020.11.19 自動車ニュース
マツダ3ファストバック
マツダ3ファストバック拡大

マツダは2020年11月19日、「マツダ3」の商品改良モデルを発表した。

マツダ3セダン
マツダ3セダン拡大
「eスカイアクティブX」搭載車のフロントフェンダーに貼られるバッジ。
「eスカイアクティブX」搭載車のフロントフェンダーに貼られるバッジ。拡大
「eスカイアクティブX」搭載車のリアに貼られるバッジ。
「eスカイアクティブX」搭載車のリアに貼られるバッジ。拡大
マツダ3ファストバック100周年記念特別車2020ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー受賞記念モデル
マツダ3ファストバック100周年記念特別車2020ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー受賞記念モデル拡大
「100周年記念特別車2020ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー受賞記念モデル」購入者には専用オーナメントが進呈される。
「100周年記念特別車2020ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー受賞記念モデル」購入者には専用オーナメントが進呈される。拡大

今回は走行性能と安全性の向上による「走る歓び」の進化を図っている。

火花点火制御圧縮着火を世界初採用した2リッター直4エンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせた「eスカイアクティブX」搭載車については、エンジンとトランスミッションを制御するソフトウエアをアップデート。ほぼすべてのエンジン回転域で出力とトルクの向上を実現し、最高出力は従来モデルを10PS上回る190PSに、最大トルクは同じく16N・m上回る240N・mにまで強化。さらに高応答エアサプライの過給制御を最適化することでアクセル操作に対する応答性を高めている。また、フロントフェンダーとリアには専用バッジが備わっている。マツダはソフトウエアアップデートを「スカイアクティブX」の既納客にも無償で提供する方向で検討を進めているという。

1.8リッター直4ディーゼルターボエンジン「スカイアクティブD 1.8」は最高出力を116PSから130PSに強化。より広いエンジン回転域で大トルクを生み出す制御とすることでアクセルを踏み始めた時の応答性を早めたほか、高速道路での合流や追い越しなど、アクセルを踏み増して一気に加速するシーン(3000rpm~)でもパワフルな加速を持続的に発揮できるようにしている。

「マツダ3ファストバック」の「スカイアクティブG 2.0」モデルのFF車には、6段MTモデルを追加設定している。

さらに、全モデルでコイルスプリングとダンパーの特性を改良。サスペンション全体をより滑らかに動かすことで路面からの振動を抑制し、ダイナミクス性能と乗り心地の向上を図った。

先進運転支援システムについては、追従走行機能とステアリングアシスト機能を組み合わせた「クルージング&トラフィックサポート」の作動上限車速を従来の55km/hから高速域にまで拡大。さらに「マツダレーダークルーズコントロール」の加減速制御をより滑らかに変更している。

価格はマツダ3ファストバックが222万1389円~368万8463円で、「マツダ3セダン」が222万1389円~361万6963円。「スカイアクティブG 1.5」およびスカイアクティブG 2.0搭載モデルは2020年11月19日に発売。eスカイアクティブXおよびスカイアクティブD 1.8搭載モデルは2021年1月に、ファストバック スカイアクティブG 2.0の6段MTモデルは2021年2月に発売予定となっている。

2021年3月末までの期間限定で販売している特別仕様車「100周年記念特別車」には、マツダ3が「2020ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー(WCDOTY)」を受賞したことを記念するモデルを設定。ボディーカラーには「ソウルレッドクリスタルメタリック」を採用し、購入記念品として専用オーナメントを進呈する(装備類は100周年記念特別車と共通)。

100周年記念車 WCDOTY記念モデルのラインナップと価格は以下の通り。

【マツダ3ファストバック】

  • 15S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6MT):292万6869円
  • 15S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6AT):292万6869円
  • 15S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(4WD/6AT):316万3369円
  • 20S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6MT):305万4436円
  • 20S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6AT):305万4436円
  • 20S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(4WD/6AT):329万0936円
  • XD 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6AT):332万9436円
  • XD 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(4WD/6AT):356万5936円
  • X 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6MT):373万6843円
  • X 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6AT):373万6843円
  • X 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(4WD/6MT):397万3343円
  • X 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(4WD/6AT):397万3343円

【マツダ3セダン】

  • 15S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6AT):292万6869円
  • 15S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(4WD/6AT):316万3369円
  • 20S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6AT):305万4436円
  • 20S 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(4WD/6AT):329万0936円
  • XD 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6AT):332万9436円
  • XD 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(4WD/6AT):356万5936円
  • X 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(FF/6AT):373万6843円
  • X 100周年記念車 WCDOTY記念モデル(4WD/6AT):397万3343円

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3セダン, マツダ3ファストバック, マツダ, 自動車ニュース

マツダ マツダ3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダのオフロードバイク「CRF250L」「CRF250ラリー」がフルモデルチェンジ 2020.11.13 自動車ニュース 本田技研工業は2020年11月13日、二輪のオン/オフロードモデル「CRF250L」「CRF250ラリー」をフルモデルチェンジし、同年12月17日に発売すると発表した。新型では常用域における力強さと、車体の軽量化が追求されている。
ホームへ戻る