第26回:マツダ3

2019.03.13 カーデザイナー明照寺彰の直言
マツダ3ハッチバック
マツダ3ハッチバック拡大

エンジンやシャシーに用いられる新技術はもちろん、斬新なデザインでも注目を集めている新型「マツダ3」。「深化した魂動デザイン」の嚆矢(こうし)となる一台に、現役の自動車デザイナー明照寺彰は何を感じたのか?

新型「マツダ3」は2018年のロサンゼルスモーターショーで世界初公開。日本では2019年の東京オートサロンでお披露目された。
新型「マツダ3」は2018年のロサンゼルスモーターショーで世界初公開。日本では2019年の東京オートサロンでお披露目された。拡大
ハッチバック車はリアまわりの意匠が大きな特徴。Cピラーが“ピラー(柱)”と呼ぶのがはばかられるほど太く、リアフェンダーのフレアにかけて、大きな面を形成している。
ハッチバック車はリアまわりの意匠が大きな特徴。Cピラーが“ピラー(柱)”と呼ぶのがはばかられるほど太く、リアフェンダーのフレアにかけて、大きな面を形成している。拡大
永福:「これは?」
ほった:「北米仕様のセダンのインストゥルメントパネルまわりです」
永福:「インテリアもすっきりシンプル路線なんだねえ」
永福:「これは?」
	ほった:「北米仕様のセダンのインストゥルメントパネルまわりです」
	永福:「インテリアもすっきりシンプル路線なんだねえ」拡大
新型「マツダ3ハッチバック」のデザインスケッチ。
新型「マツダ3ハッチバック」のデザインスケッチ。拡大

普通だったらハネられる

明照寺彰(以下、明照寺):このクルマに関しては、オートサロンで現物を見ただけなんです。クルマのデザインで一番大事なのは、遠距離から見たプロポーションなんですけど、そこは確認できてないんですよね。近くから見た印象でしか語れないのですが、よろしいですか?

ほった:全然OKです。より突っ込んだハナシは、ショールームや公道で実物を確認できるようになってから、またやりましょう。

明照寺:そうですか。現状で一番特徴的だと思うのは、なんといってもリアまわりです。Cピラーからフェンダーのフレアにかけた、このスムーズな面ですね。

永福ランプ(以下、永福):風船をふくらませたように丸いですよね。

明照寺:Cセグメント車のデザインでこんなスケッチを描いたら、普通だったら「こんな造形できるわけない!」って一蹴されるぐらいのものですよ。

永福:そんなに難しいことを実現してるんですか?

明照寺:これは、まず“造形しろ”がないとできないし、立体構成自体もむずかしいです。室内空間の縛りがあるので。造形に時間かけないと、こんなにシンプルにはまとまらないですよ。多分、いろんなパターンを試したんだと思います。デザイナーよりモデラーのほうがいろいろ考えたんじゃないかと思ったりしもました。

永福:いきなり難解な話ですね~。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

マツダ マツダ3ファストバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • 「YOKOHAMA ADVAN dB V552」の“極”静粛性を体感する 2021.3.29 2021 Spring webCGタイヤセレクション<AD> ヨコハマタイヤのフラッグシップブランド「ADVAN(アドバン)」において、最高のコンフォート性能を誇るプレミアムタイヤ「dB V552」。その静粛性と走りの安定性には、誰もが大いに感銘を受けることだろう。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • またも欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞! 「トヨタ・ヤリス」がヨーロッパで絶好調な理由 2021.3.15 デイリーコラム 並み居る強豪を押しのけて、「トヨタ・ヤリス」が欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞! 販売ランキングでもトップに立つなど、大人気となっている。EVブームが報じられるかの地で、ヤリスが好評を博しているその理由は? イタリア在住の大矢アキオが語った。
  • ホンダN-ONEオリジナル(FF/CVT)【試乗記】 2021.3.6 試乗記 往年の名車「N360」に込められたスピリットを受け継ぐ、ホンダの軽「N-ONE」。その新型に試乗した筆者は、これまで軽乗用車に抱いてきたイメージを覆すほどの、モノとしての完成度の高さに驚かされたのだった。
ホームへ戻る