第682回:アルピーヌに思わぬ落とし穴!? イタリアの最新自動車プロモーション事情

2020.11.19 マッキナ あらモーダ!

笛吹けどユーザーは……?

今回はイタリアのテレビやインターネットで見かける最新の自動車プロモーション事情をお話ししよう。

イタリアでは新型コロナ感染症のいわゆる第2波対策として、2020年11月から州ごとに3段階(イエロー、オレンジ、レッド)に分けた警戒レベルが導入された。

筆者が住む中部トスカーナ州は当初オレンジだったが、15日からは最もレベルが高いレッドになってしまった。通勤通学、それに食料品など生活必需品の購入を目的とした外出以外は罰則付きの禁止である。

そうしたなか、筆者も自宅でテレビを視聴する機会が増えてきた。自動車系スポットCMを観察していて、目下のところメーカーのイチ押し装備といえば、車線逸脱防止装置である。ボルボやシュコダといったブランドがアピールしている。

いっぽう、キミ・ライコネンを起用したアルファ・ロメオのシリーズCMの最新版では「アクティブブラインドスポットアシスト(後側方車両接近警報)」を強調している。

実際にイタリア人ユーザーと会話をしているかぎり、それらを「絶対欲しい」という声はいままで聞いたことはないが、メーカー側としては積極的である。かつての電動格納式ドアミラーのごとく、最初は多くの人が要らないと言っていても、そのうちデフォルト装備になるのだろうか。結果が出るにはもう少し時間が必要だ。

同様に各社がスポットCMで強調しているのがプラグインハイブリッド(PHEV)モデルである。ルノーの新型「キャプチャー」もそのひとつだ。

車内のカップルがEVモードのボタンを押すと、流れていたBGMまで突如止まり、静寂に包まれながら走行する、というストーリーである。そこにたたみかけるように「電気で走りたいときは、君が選べ」というナレーションが流れる。

イタリアでは2020年夏から自動車販売回復を目的とした環境対策車補助金制度が導入されたが、ガソリン車/ディーゼル車については、制度がすでに終了している。いっぽう、ハイブリッド車とPHEVに関しては、2020年11月現在も継続されている。

そのためメーカーとしては補助金によるフィーバーがひと段落した市場――2020年10月のイタリア国内自動車登録台数は15万9678台で前年同月比0.2%減――へのテコ入れを図るべく、今度はPHEVに期待している。

ただし、販売の第一線に立つセールスパーソンは、現時点ではPHEVを懐疑的な視線で見ているようだ。筆者は2つのショールームで調査したが、どちらでも「高額すぎていまだ極めて少数の新しいモノ好きの商品だ」という声を聞いた。参考までに、イタリアで「プジョー3008」のPHEVの新車価格は、一定以上の仕様だと5万ユーロ(約618万円)になる。人々が従来のプジョーに持つ価格帯イメージからは乖離(かいり)している。最大3500ユーロ(約43万円)の補助金対象だが、ガソリン仕様なら「BMW 3シリーズ」が買える値段になってしまうのだ。

ユーザーにとってPHEVがいまだ積極的な検討の対象になっていないことを実感したのは、知人のドメニコ君との会話である。

彼は従来型ルノー・キャプチャーを手放し、念願かなってその新型に乗り換えた。

もしやPHEVか? と思って聞けば、やはり選んだのは1.5リッターディーゼル仕様だった。

念のため、なぜPHEVを買わなかったのだ? と尋ねれば、「家との往復だけで毎日55km走行するし、両親はクルマで3時間のところに住んでいるから」と理由を教えてくれた。補足すればイタリアでは彼のように、たとえ別居していても毎週末に親元を訪ねて一緒に過ごす人が少なくない。

「キャプチャーPHEVの満充電からのEV走行可能距離(65km)は、充電する手間も考えると、あまりメリットがない」というのが結論だったらしい。

ただし、「次に買い換えるとき、もし市場が熟していたらPHEVにしたい」と語ってくれたのも事実だ。

フォルクスワーゲン グループのセアトが放つ新ブランド、クプラのCMにはFCバルセロナの選手たちが登場する。
フォルクスワーゲン グループのセアトが放つ新ブランド、クプラのCMにはFCバルセロナの選手たちが登場する。拡大
欧州におけるアルファ・ロメオのCMでは、ファクトリーチームのF1パイロット、キミ・ライコネンが活躍中。これはバロッコテストコースでのオフィシャル写真。
欧州におけるアルファ・ロメオのCMでは、ファクトリーチームのF1パイロット、キミ・ライコネンが活躍中。これはバロッコテストコースでのオフィシャル写真。拡大
アルファ・ロメオの欧州版CMのワンシーンから。
アルファ・ロメオの欧州版CMのワンシーンから。拡大
知人のドメニコ君がこのほど入手した「ルノー・キャプチャーdCi95」。
知人のドメニコ君がこのほど入手した「ルノー・キャプチャーdCi95」。拡大
見た目はこわもてのドメニコ君だが、新型「キャプチャー」を手にしたうれしさのあまり夜まで車内にこもっている。PHEVは次回買うときに検討するとのこと。
見た目はこわもてのドメニコ君だが、新型「キャプチャー」を手にしたうれしさのあまり夜まで車内にこもっている。PHEVは次回買うときに検討するとのこと。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事