第635回:好スタートの後に直面する“次なる課題” VWグループの新ブランド、クプラの現在地

2019.12.20 マッキナ あらモーダ!

スポーツ仕様がブランドに昇格

フランクフルト・アム・マイン空港。ここのターミナルではさまざまな自動車メーカーやレンタカー会社による実車展示が行われており、利用客の注目を集めている。

そうした展示車のなかで、筆者はとあるブランドのクルマに注目した。2019年11月末のことである。

ブランド名は「Cupra(クプラ)」。フォルクスワーゲン(VW)グループのスペイン法人、セアトによる新たなパフォーマンスブランドだ。今回は、このクプラについて記そう。

セアトについては、本連載の第581回で紹介しているので、併せてご覧いただきたい。

セアトは従来、クプラの名をラインナップ各車におけるスポーツ仕様に用いてきた。ホンダにおける「タイプS」のような位置づけであった。

ところが2018年に戦略を転換。同年1月31日にひとつのブランドに昇格させることを発表すると、3月のジュネーブモーターショーでは、独自のバッジを与えた最高出力500kWの電動コンペティションカーコンセプト「eレーサー」と、セアトのコンパクトSUV「アテカ」をベースにした「クプラ・アテカ」を公開した。

クプラ・アテカは、最高出力300PSの2リッター直4ターボエンジンに7段のデュアルクラッチ式AT(DSG)を組み合わせたパワートレインを採用するモデルのみの、モノグレード展開である。価格はイタリアの場合、4万4665ユーロ(約545万円)からだ。参考までに最高出力こそ違うが、190PSの2リッター直4ターボエンジンと7段DSGを積んだ「セアト・アテカ」が3万4556ユーロ(約423万円)であることからすると、かなりハイグレードと思える価格設定である(2019年12月現在)。

現行クプラの車種系列はアテカのほか、「セアト・レオン」の姉妹車であるコンパクトカー「クプラ・レオン」と、そのワゴン版「クプラ・レオン スポーツツアラー」の全3車種である。参考までに、3モデルともVWグループのモジュラープラットフォーム「MQB」を採用している。

クプラ・アテカのフロントグリルおよびリアゲートのバッジには、クプラブランド独自のものが与えられている。対して、クプラ・レオンおよび同スポーツツアラーには、従来のセアトバッジをマット系ゴールドにアレンジしたものが用いられている。

「クプラ・アテカ」。2019年11月、フランクフルト・アム・マイン空港で。
「クプラ・アテカ」。2019年11月、フランクフルト・アム・マイン空港で。拡大
クプラはフォルクスワーゲンのスペイン法人、セアトによる新たなパフォーマンスブランドである。
クプラはフォルクスワーゲンのスペイン法人、セアトによる新たなパフォーマンスブランドである。拡大
セアトのコンパクトSUV「アテカ」をベースにパワーアップとハイグレード化が図られている。
セアトのコンパクトSUV「アテカ」をベースにパワーアップとハイグレード化が図られている。拡大
「クプラ・アテカ スペシャルエディション」の内装。欧州仕様は同じフォルクスワーゲン グループの、シュコダのチェコ工場で製造されている。
「クプラ・アテカ スペシャルエディション」の内装。欧州仕様は同じフォルクスワーゲン グループの、シュコダのチェコ工場で製造されている。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事