モータースポーツ部門直系の「ランボルギーニ・ウラカンSTO」東京で世界初披露

2020.11.20 自動車ニュース
ランボルギーニ・ウラカンSTO
ランボルギーニ・ウラカンSTO拡大

ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のランボルギーニブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を初公開した。同モデルの実車披露は、今回が世界初となる。

今回、他のマーケットに先駆けて実車が初公開された「ウラカンSTO」。発表の舞台となったのは、2020年10月29日にオープンしたばかりのランボルギーニのブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」。
今回、他のマーケットに先駆けて実車が初公開された「ウラカンSTO」。発表の舞台となったのは、2020年10月29日にオープンしたばかりのランボルギーニのブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」。拡大
ワンメイクレーシングマシン「ウラカン スーパートロフェオEVO」 譲りとなる、2段式の大型リアウイングやリアフード上のシャークフィンが目を引くエクステリア。
ワンメイクレーシングマシン「ウラカン スーパートロフェオEVO」 譲りとなる、2段式の大型リアウイングやリアフード上のシャークフィンが目を引くエクステリア。拡大
カーボンとアルカンターラでコーディネートされたインテリア。インストゥルメントパネルのデザインは、2019年3月に日本デビューを果たしたマイナーチェンジモデル「ウラカンEVO」に準じている。
カーボンとアルカンターラでコーディネートされたインテリア。インストゥルメントパネルのデザインは、2019年3月に日本デビューを果たしたマイナーチェンジモデル「ウラカンEVO」に準じている。拡大
リアバルクヘッドにはチタン製のロールケージが組み込まれている。このアイテムは、スポーツマフラーで知られるアクラポヴィッチが製造を担当。
リアバルクヘッドにはチタン製のロールケージが組み込まれている。このアイテムは、スポーツマフラーで知られるアクラポヴィッチが製造を担当。拡大
「ウラカンSTO」専用チューンとなる「ブリヂストン・ポテンザ スポーツ」タイヤを装着。サイズはフロントが245/30R20、リアが305/30R20。
「ウラカンSTO」専用チューンとなる「ブリヂストン・ポテンザ スポーツ」タイヤを装着。サイズはフロントが245/30R20、リアが305/30R20。拡大

ウラカンSTOは、レーシングマシンのテクノロジーを用いて開発。ランボルギーニが世界展開しているワンメイクレース参戦マシン「ウラカン スーパートロフェオEVO」や、デイトナ24時間レースで3度の優勝を飾ったレーシングマシン「ウラカンGT3 EVO」をモチーフにしたというリアミドシップ後輪駆動の市販ロードカーである。

エクステリアはモータースポーツ由来のアグレッシブなフォルムが特徴で、競技車両に迫る空力性能と軽量化を両立。手動調整可能な2段式のリアウイングや、リアエンジンフードに設けられたシャークフィンなどは、ウラカン スーパートロフェオEVO譲りとなる空力デバイスである。280km/hで走行時のダウンフォースは420kg、空力効率はウラカンのハイパフォーマンスモデル「ペルフォルマンテ」比で+37%を達成。車重はペルフォルマンテを43kgも下回っているという。 

フロントフードはバンパーとボンネット、フェンダーを一体化。ランボルギーニではこの特徴的な形状を「Cofango(コファンゴ)」と呼んでいる。コファンゴはランボルギーニの最初の市販車である「350GGTV」や1966年に発表された「ミウラ」にも用いられた伝統的なもので、空力性能の向上と軽量化を両立するとアナウンスされている。

キャビン後方に縦置き搭載されるV10エンジンは、最高出力640PS/8000rpm、最大トルク565N・m/6500rpmを発生。0-100km/h加速タイムは3.0秒、0-200km/h加速タイムは9.0秒、最高速度は310km/hというパフォーマンスを誇る。

ランボルギーニ車でおなじみのドライビングモード「ANIMA」は、STO専用に新開発されている。通常走行時に使用する「STO」、サーキット向きの「Trofeo」、ウエット路面用の「Pioggia」という3つのモードからドライバーが任意に選べる。

展示車両には、ウラカンSTO専用となるフロント245/30R20、リア305/30R20の「ブリヂストン・ポテンザ スポーツ」タイヤが装着されていた。ランボルギーニがピレリ以外のタイヤを市販モデルに純正装着するのは今回が初めてとなる。

キャビンはカーボンとアルカンターラで仕立てられている。カーボンシェルの軽量なバケットシートやアクラポヴィッチが開発に関与したチタン製のロールケージが目を引く。スマートフォンのアプリで管理できる、サーキット走行時のデータを記録するテレメトリーシステムも搭載している。

価格は4125万円。デリバリー開始は2021年春以降を予定している。

(webCG)

ランボルギーニ・ウラカンSTOの詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO 2020.11.20 画像・写真 ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を世界初公開。レーシングマシンをモチーフにしたという市販ロードカーの姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニは新型モデルを夏以降に発表【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.25 自動車ニュース 2021年の干支は「丑(うし)」。昨2020年に6モデルを発表したランボルギーニも、エンブレムに“猛牛”を掲げている。その勢いは今年も続くのか。ニューモデルの発表時期や日本への導入スケジュールを、ランボルギーニ・ジャパンに聞いた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.4 試乗記 ポルシェのラージサイズSUV「カイエン」に、“走りが身上”の上級グレード「GTS」が登場。専用の4リッターV8ターボエンジンとシャシーチューンの組み合わせは、いかな走りを見せるのか? 他のグレードにはないGTSならではの魅力に迫った。
ホームへ戻る