第683回:「ランチア・デルタ」は林家三平だ! イタリアの中古車不人気ランキングを読み解く

2020.11.26 マッキナ あらモーダ!

2年半も売れない「あのクルマ」

日本では一部の寺社や行政が、新型コロナ感染症対策として2021年初詣の「分散参拝」を呼びかけている。

イタリアでも2020年のクリスマス時期は密集を避けるため、スキー場の営業が禁止になる見通しだ。

筆者はといえば、年末年始の大騒ぎや買い物ラッシュが苦手ゆえ、以前から“分散”を実践してきた。同じキリスト教でもロシア正教のクリスマスは1月7日じゃないかという大義名分とともに、年を越せばバーゲンが始まるので財布にやさしいのだ。

ただし、12月24日のプレゼントは目録のみという、まるでムードなしの「時差イブ」を定着させたため、女房から愛想を尽かされているのも、これまた事実である。

元旦も中国の春節に移行させようという筆者の構想は頓挫している。今回は、視点を変えるだけで幸せになれるかもしれない、というお話である。

イタリアで中古車販売店を観察するのは面白い。上手な仕入れをしている店は、わずか数日で展示車が消え、違うクルマになっている。いっぽう、ひと目で「これは売りにくいだろう」という車種ばかり並んでいる店は、案の定よどんだ川のごとく何カ月経過しても同じクルマが並んでいる。

それは、インターネットの世界でも同様らしい。ヨーロッパの中古車専門キュレーションサイト『アウトアンクル』は2020年11月、「インターネットで売りにくいクルマ2020」のランキングを発表した。

掲載から成約までの平均日数が長かったモデルを紹介したものだ。

それによると、第3位は「ランチア・ムーザ」(581日)、第2位は「フィアット・ブラーヴォ」(793日)である。そして堂々の第1位は3代目「ランチア・デルタ」(927日)だ。デルタは平均2年半を要していることになる。

同じサイトが1年前の2019年11月に発表したデータもある。こちらを確認すると、3位が「フォルクスワーゲン(VW)・ゴルフトゥーラン」(220日)で2位が「フィアット・プント」(225日)、そして1位が「アルファ・ロメオ・ミト」(259日)だった。

これらのデータに、いくつかの現地メディアが解説を加えている。ひとつはミニバン型モデルの人気衰退だ。前述のランチア・ムーザとVWゴルフトゥーランがそれに該当する。

もうひとつの指摘は、これもボディー形状に関することで「SUVの隆盛」だ。従来フィアット・ブラーヴォやアルファ・ロメオ・ミトを好んでいた顧客層が、まさにSUVに関心を抱く層と合致し、そちらに流れてしまったというものである。

筆者が補足すれば、イタリア経済の低迷が続く中で、従来ミニバンを求めていた層は、より安い「フィアット・パンダ」などで十分と考えるようになった。それを証明するように、別の中古車系サイト『Automobile.it』が2020年1月に発表した「最も検索された車種」のトップは、2年連続でパンダ(2代目)である。

いっぽう、いままでスタイル志向からCセグメントのハッチバックを求めていた層は、若干価格が高くなってもトレンディーなクロスオーバー/SUVに流れた、ということだ。

「アルファ・ロメオ・ミト」。撮影(2016年)したのはミラノにあるトリノ通りということで「MiTo」だ。
「アルファ・ロメオ・ミト」。撮影(2016年)したのはミラノにあるトリノ通りということで「MiTo」だ。拡大
ある中古車展示場の店頭。手前の「ジャガーSタイプR」は、ここに姿を現してから長い。2020年にイタリア・シエナで。
ある中古車展示場の店頭。手前の「ジャガーSタイプR」は、ここに姿を現してから長い。2020年にイタリア・シエナで。拡大
2代目「フィアット・ブラーヴォ」。2007年にシエナ旧市街にて。
2代目「フィアット・ブラーヴォ」。2007年にシエナ旧市街にて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事