「フェラーリ488GTモディフィカータ」登場 最高出力700PSの限定生産モデル

2020.11.26 自動車ニュース
フェラーリ488GTモディフィカータ
フェラーリ488GTモディフィカータ拡大

伊フェラーリは2020年11月25日(現地時間)、新型車「488GT Modificata(モディフィカータ)」を発表した。

 
「フェラーリ488GTモディフィカータ」登場 最高出力700PSの限定生産モデルの画像拡大
 
「フェラーリ488GTモディフィカータ」登場 最高出力700PSの限定生産モデルの画像拡大
 
「フェラーリ488GTモディフィカータ」登場 最高出力700PSの限定生産モデルの画像拡大
 
「フェラーリ488GTモディフィカータ」登場 最高出力700PSの限定生産モデルの画像拡大
 
「フェラーリ488GTモディフィカータ」登場 最高出力700PSの限定生産モデルの画像拡大

フェラーリ488GTモディフィカータは世界耐久選手権に参戦する「488GTE」とGTレース参戦用マシン「488GT3」の「完全なる融合体」をうたう、サーキット走行専用の限定生産モデルである。フェラーリが好んで用いる「Modificata」は性能を進化するべく設計されたことを意味している。

488GT3および488GTEが持つ革新的なソリューションを組み合わせたことと、FIAのバランス・オブ・パフォーマンスから解き放たれたことで、卓越した性能を手にした488GTモディフィカータ。V8ツインターボエンジンはレース用パーツを共有しつつ、一部のコンポーネントを専用設計。さらに専用マッピングの採用によって最高出力が700PSに到達している。これに合わせてギアボックスのレシオが最適化されたほか、クラッチプレートはカーボンファイバー製に変更されている。

488GTE譲りのボディーはアルミ製のルーフとアップライトを除いて、全体がカーボンで仕立てられる。ニュルブルクリンクの北コースで開発を進めたというエアロダイナミクス性能は、230km/hの時点で1000kgを超えるダウンフォースを発生。圧力の中心を車両前方にシフトすることで全体の空気抵抗を増やさず効率的にダウンフォース量を増大させ、リアウイングの角度変化に対する車両の反応がより敏感になっているという。

シャシーには488GTEのサスペンションを流用。ブレンボとのパートナーシップのもとで開発したブレーキには、世界耐久選手権参戦車両が搭載する低残留トルクのキャリパーと、「488GT3“Evo2020”」のABSシステムを専用セッティングとしたうえで搭載する。

(webCG)

関連キーワード:
488GTB, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 488GTB の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
ホームへ戻る