充実装備でリフレッシュ 「ジープ・ラングラー」改良モデル登場

2020.12.01 自動車ニュース

FCAジャパンは2020年12月1日、「ジープ・ラングラー」の仕様・装備を見直し、販売を開始した。

今回、導入されるモデルには、外板色「スナッズベリーPC」を新たに設定するとともに、下記装備を標準採用している。

【スポーツ/アンリミテッド スポーツ】

  • LEDヘッドランプ/フロントLEDフォグランプ/LEDテールランプ
  • ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
  • パークセンス フロントパークアシスト
  • セレクスピードコントロール(ヒルディセントコントロール+ヒルアセントコントロール)

【アンリミテッド サハラ】

  • オートハイビームヘッドランプ
  • セレクスピードコントロール(ヒルディセントコントロール+ヒルアセントコントロール)

【アンリミテッド ルビコン】

  • 「OffRoad+」ボタン(砂丘での高速走行や低速のロック走行用モード)
  • オートハイビームヘッドランプ
  • セレクスピードコントロール(ヒルディセントコントロール+ヒルアセントコントロール)

ラインナップと価格は下記の通り。

  • スポーツ:513万円
  • アンリミテッド スポーツ:534万円
  • アンリミテッド サハラ(3.6リッター):592万円
  • アンリミテッド サハラ(2リッター):606万円
  • アンリミテッド ルビコン(3.6リッター):628万円

(webCG)

ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ
ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ拡大

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る