第684回:ムッソリーニは生きている? ファシズム時代とイタリア車

2020.12.03 マッキナ あらモーダ!

あの独裁者が現代によみがえる

家で過ごす時間が増えた今日このごろ、読者諸氏はどのような映画を楽しんでいるだろうか?

『帰ってきたムッソリーニ(原題:SONO TORNATO)』は2018年のイタリア映画である。参考までに、この作品は2020年12月現在、日本でも「U-NEXT」や「Amazonプライムビデオ」で配信されている。

旧イタリア王国の独裁者で、ドゥーチェ(統領)と呼ばれたベニート・ムッソリーニは1945年、パルチザンに処刑され、ミラノ・ロレート広場につるされた。その彼が現代のローマに生き返るというストーリーだ。

ルカ・ミニエーロ監督が、小説『帰ってきたヒトラー』にインスパイアされて制作したものである。

ストーリーの中でよみがえったムッソリーニは、テレビ局を解雇されたばかりの映像作家、カナレッティの目に偶然留まる。

一発逆転を狙うカナレッティは彼を説得し、ドキュメンタリー映画を撮影すべく旅に出ることにする。

そのために、モッツァレラ店で働くパートナーに頼み込んで「フィアット・ドブロ カーゴ」を借り出す。そして「こんなものがクルマか。防弾装甲が施されていない」とののしるムッソリーニをなんとか助手席に押し込み、2人の旅は始まる。

そっくりさんと思った若者たちから自撮り棒で一緒に撮影を頼まれたり、過去とは全く異なる外国人移民の多さに戸惑ったりしながらも、独裁者は現在のイタリア各地を巡ってゆく。

カナレッティの助けを借りてSNSのドメインを登録しようとするものの「mussolini」「duce」のいずれも登録済みで、これまた困惑してしまう、といったお笑いも各所にちりばめられている。そのいっぽうで、戦争当時を知る高齢者の女性から、ユダヤ系市民迫害政策について激しく非難されるという場面も忘れられていない。

そうこうするうちにムッソリーニはイタリア全国の人気者となり、『ムッソリーニ・ショー』というテレビ番組まで企画される。

やがて迎える結末は、往年のフェデリコ・フェリーニの映画のように、鑑賞者一人ひとりにその見解が委ねられるものといえる。筆者の考えを述べるなら、この作品は現代の人々が陥りやすいポピュリズムに対する、ひとつの警鐘である。

映画『帰ってきたムッソリーニ』で、かつての独裁者が乗る初代「フィアット・ドブロ カーゴ」。これは初期型だが、劇中では後期型が用いられている。
映画『帰ってきたムッソリーニ』で、かつての独裁者が乗る初代「フィアット・ドブロ カーゴ」。これは初期型だが、劇中では後期型が用いられている。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事