第605回:根底に流れるのは陸・海・空!
20世紀アートとフィアットの意外な関係

2019.05.24 マッキナ あらモーダ!

未来派の「フィアット500X」

FCAジャパンが2019年5月9日、「フィアット500X」のマイナーチェンジモデルを発表したことは、本サイトのニュースページで報じられているとおりだ。

本国イタリアで、フィアット500Xの販売は依然好調である。2019年1月~4月のクロスオーバー新車登録台数において、1位(1万5430台)の座にある。参考までに、2位は「フォルクスワーゲンTロック」(1万4425台)、3位はルノー系サブブランドの「ダチア・ダスター」(1万4397台)である。

さて、日本で自動車の記者発表会といえば、「製品開発主査の○○でございます」「マーケティング本部長の△△でございます」といった形式的なあいさつのあと、長い商品解説が定例である。

Appleのティム・クックやテスラのイーロン・マスクのプレゼンテーションに倣って、なぜもっと簡略かつ刺激的なステージが演出できないのか不思議である。十年一日のごとく変わらない。登壇する方々も、あえて言わせていただければ、髪型や服装、メガネから、時には表情までみんな一緒に見えて退屈だ。

しかし、今回のイベントは、招待状からして、やや異なる雰囲気を漂わせていた。「500Xの世界観を感じるFuturismo(フトゥリズモ:未来派)なコンテンツをご用意しております」という一文が付されていたのだ。

イタリアで「未来派」といえば、20世紀初頭の芸術運動のことである。不思議に思った筆者は、東京・港区の複合施設「TABLOID」で行われた商品発表会に赴いてみた。

幸い、その晩のFCAジャパンによる新型500Xのプレゼンテーションは、前述の典型的な自動車発表会とは対照的に、テンポ良く、かつ要領を得たものだった。スピーチに立ったメンバーも、同社のマーケティング本部長ティツィアナ・アランプレセ氏以下、個性的なキャラクターの人々ばかりである。パーティーの半ばでは、駐日イタリア共和国大使のジョルジョ・スタラーチェ氏もスピーチを行った。

ところで、肝心の「未来派なコンテンツ」とは?

2019年5月9日夜、東京・港区で行われた「フィアット500X」の発表会。「X」ポーズで決まり!
2019年5月9日夜、東京・港区で行われた「フィアット500X」の発表会。「X」ポーズで決まり!拡大
会場となった港区湾岸エリアの「TABLOID」。元は産経新聞の印刷工場だった建物である。
会場となった港区湾岸エリアの「TABLOID」。元は産経新聞の印刷工場だった建物である。拡大
駐日イタリア共和国大使ジョルジョ・スタラーチェ氏(写真左)もステージに。フィアットがイタリアの歴史の一部であることを強調した。
駐日イタリア共和国大使ジョルジョ・スタラーチェ氏(写真左)もステージに。フィアットがイタリアの歴史の一部であることを強調した。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事