マツダがクロスオーバーSUV「CX-5」を一部改良 新たにコネクテッドサービスを採用

2020.12.03 自動車ニュース
マツダCX-5
マツダCX-5拡大

マツダは2020年12月3日、ミドルクラスのクロスオーバーモデル「CX-5」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。

 
マツダがクロスオーバーSUV「CX-5」を一部改良 新たにコネクテッドサービスを採用の画像拡大
 
マツダがクロスオーバーSUV「CX-5」を一部改良 新たにコネクテッドサービスを採用の画像拡大
 
マツダがクロスオーバーSUV「CX-5」を一部改良 新たにコネクテッドサービスを採用の画像拡大
 
マツダがクロスオーバーSUV「CX-5」を一部改良 新たにコネクテッドサービスを採用の画像拡大
 
マツダがクロスオーバーSUV「CX-5」を一部改良 新たにコネクテッドサービスを採用の画像拡大

今回の改良では、走行性能の向上、および装備の拡充に伴う利便性の向上が図られている。

特に走行性能に関しては、2.2リッターディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 2.2」の最高出力を190PS(140kW)/4500rpmから200PS(147kW)/4000rpmに向上させたほか、同エンジンの搭載車ではアクセルペダルの操作力も最適化。ディーゼル車ならではの強力なトルクを、より緻密に、意のままにコントロールできるよう改善を図っている。

また2.5リッターガソリンターボ車を除き、6段ATの応答性を向上。素早くアクセルが踏み込まれると、「ドライバーは早く加速をしたい」とクルマが判断し、これまでよりも素早く変速することで、ドライバーが欲しい加速力を瞬時に発揮するようになったという。 

一方装備については、これまで8インチだったセンターディスプレイのサイズを、仕様に応じて8インチないし10.25インチに拡大。さらに、すべての車両に車載通信機を搭載し、「マツダ3」に続いて新たにコネクテッドサービスを導入した。マツダでは車両とスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携による利便性の向上や、緊急通報サービスの提供などを通し、ドライバーをサポートするとしている。

ラインナップの拡充も図っており、100周年特別記念車に2.5リッターガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.5」を追加設定した。

価格は「20S」(FF)の267万8500円から、「XD 100周年特別記念車」(4WD)の414万1500円まで。

(webCG)

関連キーワード:
CX-5, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ2/マツダ6/CX-5/CX-8ブラックトーンエディション 2020.12.3 画像・写真 マツダが「マツダ2」と「マツダ6セダン/ワゴン」「CX-5」「CX-8」に、ブラックとレッドのアクセントが目を引く「ブラックトーンエディション」を設定した。最近のマツダ車には見られなかった、スポーティーないでたちの特別仕様車を写真で紹介する。
  • 「マツダ2」が高効率な新ガソリンエンジン搭載 特別仕様車「サンリット シトラス」も登場 2021.6.24 自動車ニュース マツダは2021年6月24日、圧縮比を高めた新ガソリンエンジンを搭載するなど一部仕様変更したコンパクトカー「マツダ2」と、その特別仕様車「サンリット シトラス」を発表。同日、販売を開始した。
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
ホームへ戻る