空振りに終わった世紀の対決! 清水草一の2020年私的10大ニュース!

2020.12.09 デイリーコラム

オリンピックは絶対やる!

まさか東京オリンピックが延期になるなんて……。ちょうど1年前に「2020年はオリンピックの年! すべてはオリンピックに向けて猛ダッシュ!」みたいなこと書いたのにぃ!

でもね、来年はやるから。絶対やるからさ! 国民の8割が「できない」って思ってるらしいけど信じられん。ナゼ!? もう野球だってサッカーだって観客入れてやってるじゃん! ワクチンだって供給が始まる。あと数カ月もすりゃ状況はまったく変わってる。中止になるわけないじゃないか! 取りあえず悲観的に考えておこうという日本人気質でしょうか。

とまあ、クルマとは直接関係ないことを吠(ほ)えましたが、そういえば政府は、オリンピックで水素社会の実現を世界にアピールするはずだったんだよね。聖火トーチの燃料は水素になるけど、乗用車の分野では水素社会、まだ全然見えてないなぁ。オリンピックと自動運転は実現するけど、乗用FCVの普及はたぶんムリ! と思ってます。

あ、そろそろランキングに行かないと。

第10位:日産リーフの凋落
今年、メタメタに凋落(ちょうらく)しました。全世界で売れなくなり、日本でも今年4~9月の販売台数は前年比6割減! つい数年前までダントツで世界の電気自動車(EV)界のリーダーだったのに、もはや世界のベスト10にも入らない。オリンピックはやるけれど日本は大丈夫か。

第9位:新型フェアレディZ、突然のプロト公開
ビックリしたなぁもう! しかも初代のリバイバルデザインなんだもん! V6ターボエンジンの搭載も考え得るベスト! 私はもう「Z」のことはあきらめていましたが、日産が各方面でとことん追い詰められ、それが逆にプラスに出たのでしょうか。しかし「リーフ」がこんな状況で、日産のCO2排出量、大丈夫か。「アリア」、売れるのか。あれじゃ高すぎる気がするけど。なにごとも上方移行は難しい。

第8位:クラウンSUV化報道
まさか……。

第7位:センチュリー公用車たたき
いろんな意味でまさか……。

第6位:首都高横浜北西線開通
これで首都高のネットワーク建設はほぼ終了いたしました。首都高研究家を名乗っていた私も引退ですが、今後はC1日本橋付近や3号線(池尻-三軒茶屋間)の造り直しなどの大規模更新の進め方に焦点が絞られます。その工事が始まると、今のパラダイス状況もいったん終了……でしょう。特に3号線は、造り直し工事中の数年間、片側1車線の対面通行になる可能性があり、そっち方面の方は地獄を覚悟してください。

2020年にデビュー10周年を迎えた「日産リーフ」だが、販売面では苦境を迎えた。
2020年にデビュー10周年を迎えた「日産リーフ」だが、販売面では苦境を迎えた。拡大
2020年9月に突然発表された次期型「フェアレディZ」のプロトタイプ。
2020年9月に突然発表された次期型「フェアレディZ」のプロトタイプ。拡大
「トヨタ・クラウン」のSUV化が一部で報じられた。車名は「クラウン クロス」になるのだろうか。
「トヨタ・クラウン」のSUV化が一部で報じられた。車名は「クラウン クロス」になるのだろうか。拡大
自治体が高額な公用車を保有していることがバッシングされた2020年。クルマに罪はない。
自治体が高額な公用車を保有していることがバッシングされた2020年。クルマに罪はない。拡大
首都高横浜北西線が開通により、首都高のネットワーク建設はほぼ終了に。今後のテーマは大規模更新だ。
首都高横浜北西線が開通により、首都高のネットワーク建設はほぼ終了に。今後のテーマは大規模更新だ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事