「シボレー・カマロ」に2021年モデル登場 純正ナビゲーションシステムを標準装備

2020.12.10 自動車ニュース
シボレー・カマロ
シボレー・カマロ拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は2020年12月10日、スポーツクーペ「シボレー・カマロ」の2021年モデルを発表した。同年12月11日に注文受け付けを開始する。

 
「シボレー・カマロ」に2021年モデル登場 純正ナビゲーションシステムを標準装備の画像拡大

今回の改良では、「クラウドストリーミングナビ」やワイヤレスチャージング機能を全グレードに標準装備した。

クラウドストリーミングナビは、GMジャパンとゼンリンデータコムが共同開発した、DR(自律航法)マップマッチングに対応した完全通信型の車載ナビゲーションシステムであり、「キャデラックCT6」より日本仕様のGM車に導入が進んでいる。

通常の車載ナビゲーションシステムと同じく、トンネル内などGPSによる測位ができない場所でも自律航法を行うことが可能で、また最新の地図を常にストリーミングするため、データ更新のわずらわしさがなく、ルート案内やオンラインフリーワード検索を快適に使用できる点も特徴となっている。

価格はクーペの「LT RS」が556万円、同「SS」が710万円、「コンバーチブル」が644万円。納車開始は2021年1月の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
カマロ, カマロ コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • ニスモが「GT-R」のレストアを開始! 盛り上がる名車再生サービスの“功”と“罪” 2020.12.28 デイリーコラム ニスモが名車「日産スカイラインGT-R」のレストア事業に着手! メーカーによるレストアや部品供給サービスの拡充は、ファンの愛車維持や中古車市場にどのような影響をもたらすのか? 各メーカーの取り組みとともに解説する。
ホームへ戻る