第226回:老イケメンはW111メルセデスで美魔女を誘う
『また、あなたとブッククラブで』

2020.12.17 読んでますカー、観てますカー

超高齢ラブコメ映画が大ヒット

かつて民放の連続ドラマはラブコメが定番だった。『のだめカンタービレ』『やまとなでしこ』『花より男子』など、高視聴率番組がいくらでも思い浮かぶ。しかし、最近では医療ものや刑事ものに押され、いささか存在感が薄くなっているようだ。大きな話題になったのは『逃げるは恥だが役に立つ』ぐらいだろうか。ひねったところで『おっさんずラブ』もあった。

ハリウッド映画のラブコメもたくさんヒットした。『メリーに首ったけ』『ブリジット・ジョーンズの日記』『ノッティングヒルの恋人』などである。今でも多くのラブコメ映画が作られているが、日本ではあまり人気にならないようだ。2018年にアメリカでは2億ドル超えで興行収入ランキング1位となった『クレイジー・リッチ』も、日本では1億円ほどしか稼ぎ出していない。

『また、あなたとブッククラブで』は、正統派のラブコメである。ただし、若い男女の恋バナではない。ヒロインを演じる女優は67歳から82歳まで。4人の年齢を合計すると、297歳である。高齢化社会にふさわしい設定なのだ。相手役の男性も老人だが、みんなパワフルでエネルギッシュである。枯れた恋ではなく、情熱的に愛を求める人たちばかりだ。

高齢者しか登場しない恋愛映画がヒットするのか心配になるかもしれないが、アメリカでは大いに需要があるようだ。2018年に公開された時は、『デッドプール2』、『 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に次ぐ3位というロケットスタート。興行収入は70億円に達したという。

(C)2018 BOOKCLUB FOR CATS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
(C)2018 BOOKCLUB FOR CATS, LLC ALL RIGHTS RESERVED拡大
 
第226回:老イケメンはW111メルセデスで美魔女を誘う『また、あなたとブッククラブで』の画像拡大
 
第226回:老イケメンはW111メルセデスで美魔女を誘う『また、あなたとブッククラブで』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事