これからどーなる!? 2021年の自動車業界を見通す

2021.01.06 デイリーコラム

対岸で火事が起きている

2021年の自動車業界に待ち受ける最大のイベントは、欧州燃費規制なのでしょう。

1月から、自動車メーカーごとに販売される新車のCO2排出量が、販売台数を加味した加重平均で、95g/km以下という規制が始まるのです! それを達成できない自動車メーカーは、巨額の罰金が科せられるのですね! おーこわ。

しかしそれはあくまで「欧州で販売される新車」に対するもので、日本に住む我々には、直接的には何の関係もありません! 日本で買う欧州車には罰金も科されないし。ひょっとしたら欧州の罰金分を、日本での車両価格に微妙に上乗せするメーカーが出るかもしれないけど、可能性は低いでしょう。

よく、「これは決して対岸の火事ではない!」という言説を目にしますが、短期的スパンで見れば、我々日本の一般ユーザーにとっては、完全に対岸の火事です(断言)。

欧州のエキセントリックな電気自動車(EV)優遇策は、我が国の事情には合致しない! 日本も「2030年代半ばまでに純エンジン車の新車販売禁止」っつーニュースも流れたけれど、実はまだ何も決まってないし。

日本の乗用車の燃費基準は、2030年度で25.4km/リッターと決められていますが、これは欧州と違い、いわゆるウェルトゥホイール(井戸から車輪まで)の考えを取り入れておりますので、EVをゼロエミッションであるとして、不等に優遇したりいたしません。そんなことをしたら、火力発電に頼る日本では、逆にCO2排出量が増えてしまうこともあり得ますし。

ちなみに「日産リーフ」の燃費をウェルトゥホイールで換算すると、40km/リッターくらいになるようです。リーフなら「トヨタ・ヤリス」のハイブリッドより上だけど、「ジャガーIペース」だと下になるでしょう。

2021年の欧州燃費基準によるCO2排出量は一台当たり95g/km。これを達成できない自動車メーカーには巨額の罰金が科せられる。
2021年の欧州燃費基準によるCO2排出量は一台当たり95g/km。これを達成できない自動車メーカーには巨額の罰金が科せられる。拡大
日本の新たな燃費基準である2030年度燃費基準は25.4km/リッター。ウェルトゥホイールの考え方が実務レベルで採用されているのが特徴だ。
日本の新たな燃費基準である2030年度燃費基準は25.4km/リッター。ウェルトゥホイールの考え方が実務レベルで採用されているのが特徴だ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事