「DS 7クロスバック」にルーヴル美術館をモチーフにした特別仕様車が登場

2021.01.21 自動車ニュース
DS 7クロスバック ルーヴルBlue HDi
DS 7クロスバック ルーヴルBlue HDi拡大

グループPSAジャパンは2021年1月21日、DSブランドの上級SUV「DS 7クロスバック」に特別仕様車「LOUVRE(ルーヴル)Blue HDi」を設定し、同日、販売を開始した。

 
「DS 7クロスバック」にルーヴル美術館をモチーフにした特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」にルーヴル美術館をモチーフにした特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」にルーヴル美術館をモチーフにした特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」にルーヴル美術館をモチーフにした特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」にルーヴル美術館をモチーフにした特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」にルーヴル美術館をモチーフにした特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」にルーヴル美術館をモチーフにした特別仕様車が登場の画像拡大

DS 7クロスバック ルーヴルBlue HDiは、DSオートモビルが長年にわたりパートナーシップを結んでいる、パリのルーヴル美術館をモチーフにした特別仕様車である。

ベースとなるのは最高出力177PSの2リッターディーゼルエンジン搭載モデルで、「LOUVRE」のロゴを配した専用のバッジを、ボンネットやフロントドア、テールゲート、ダッシュボードなどに採用。ドアミラーにはルーヴル美術館のガラスのピラミッドをモチーフとしたという幾何学模様をレーザー加工で施し、またセンターコンソールのレザー表皮にも、同様のモチーフをエンボス加工でデザインしている。

この他にも、外装ではガラスモールやルーフレールのカラーリングをクロームからシャイニーブラックに変更したほか、オリジナルデザインの20インチアルミホイール「ALEXANDRIA」を採用。インテリアには、通常はオプション扱いとなる最上級トリム「OPERA」を用いている。

これらを含む、主な装備は以下の通り。

  • ルーヴルバッジ(ボンネット/フロントドア/テールゲート/ダッシュボード)
  • ピラミッドモチーフレーザーエッチング入りドアミラー
  • ピラミッドモチーフエンボス加工入りセンターコンソールフラップ
  • ピラミッドオーナメント入りフロントエアアウトレット
  • ウオッチストラップデザインナッパレザーシート
  • フロントシートベンチレーション
  • シャイニーブラックDSウイング/ウィンドウモール/ルーフレール/リアランプガーニッシュ
  • パノラミックサンルーフ
  • 20インチアロイホイール“ALEXANDRIA”
  • グリップコントロール
  • DSアクティブスキャンサスペンション
  • DSコネクテッドパイロット
  • DSアクティブLEDビジョン
  • フロアマット
  • Focal HiFiオーディオシステム

ボディーカラーは「ブルー アンクル」「ノアールペルラネラ」の2色。価格は660万円。

(webCG)

関連キーワード:
DS 7クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS DS 7クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバックE-TENSE 4×4グランシック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.7 試乗記 マクロン大統領も公用車として愛用する「DS 7クロスバック」に、新たにプラグインハイブリッドモデルが登場。このフランス発のラグジュアリーSUVは、電気の力を得たことで絢爛(けんらん)豪華なだけではない新たな魅力を手にしていた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ジャガーFタイプR クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.6 試乗記 ジャガーのフラッグシップスポーツ「FタイプR クーペ」に試乗。まずはハンサムなフロントマスクに目を奪われるが、575PSにパワーアップした5リッターV8エンジンや熟成されたシャシーの完成度は、そのルックス以上に注目すべきものだった。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4ヴェローチェ 2021.8.31 進化する情熱 アルファ・ロメオ・ステルヴィオ<AD> パワフルなディーゼルエンジンを搭載した「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」の新グレード「ヴェローチェ」。その伝統のモデル名が示すパフォーマンスと進化を、ロングドライブで確かめた。
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る