ロータスが「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の生産終了を発表

2021.01.25 自動車ニュース

英ロータスカーズは2021年1月25日、同年で「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の生産を終了するとともに、「タイプ131」と呼ばれる新型車のプロトタイプ生産を開始すると発表した。

製品とともに生産体制も大幅に刷新

今回の発表は、ロータスが自社の創立80周年にあたる2028年へ向けて掲げる経営戦略「ビジョン80」にのっとったもので、製品の刷新に加え、生産・開発などに関する組織や設備の見直しも含まれている。

具体的には、効率性を考慮して現在2つあるサブアッセンブリ施設を統合。ノリッジ市の中央オペレーションに移転し、生産台数の増加をサポートするという。また本社のあるヘセルでは、新たな生産施設のために1億ポンド(約140億円)以上の投資を実施。約250人の新しい従業員を雇用するとしている。

この新しい人材は、ロータスカーズと同社のエンジニアリングコンサルタント部門であるロータスエンジニアリングの両方における開発と設計、製造に従事。またロータスエンジニアリングは、2021年後半に英国ウォーリック地方にアドバンスドテクノロジーセンターを開設する予定となっている。 

ロータスカーズのCEOであるフィル・ポップハム氏によると、既存のモデルに代わって登場する新しい車両は、これらの新しい施設よりデリバリーされ、そこではよりレベルの高い品質と効率で車両の生産が行われるという。

また2021年で生産終了となる従来製品について、ポップハム氏は「自動車業界に革命をもたらしたエリーゼをはじめとする現行モデルのレガシーも常に振り返る」とコメント。エンジニアリング担当エグゼクティブディレクターであるマット・ウィンドル氏も「エンジニアやデザイナー、技術者のチームは常にエリーゼ、エキシージ、エヴォーラの能力や特徴、技術の素晴らしさを考えている。チームのメンバーは今まで培ったノウハウと今後の革新を融合することに全力を注いでいる」と述べ、今後登場する新型車も、ロータスの伝統から乖離(かいり)したモデルにはならないことを言明した。

今日におけるロータスのベーシックモデルであるエリーゼは、軽量なアルミモノコックシャシーとともに1995年に誕生。エキシージは、同車と基本骨格を共有する高性能モデルとして2000年にデビューした。一方、一回り大きな専用シャシーを持つエヴォーラは2008年に登場。これら3モデルは累計5万5000台が生産され、今日に至るまでロータスを支えてきた。

今後は、新型スポ―ツカー「タイプ131」と、電動ハイパーカー「エヴァイヤ」がその役を担うこととなる。

(webCG)

電動ハイパーカー「エヴァイヤ」と、ベールに隠されたロータスの新型スポーツカー。
電動ハイパーカー「エヴァイヤ」と、ベールに隠されたロータスの新型スポーツカー。拡大

関連キーワード:
エリーゼ, エキシージ, エヴォーラ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション(MR/6MT)【試乗記】 2020.5.28 試乗記 日本限定モデルとして開発された、特別な「ロータス・エリーゼ」に試乗。こだわりのカラーリングも魅力だが、その走りは、ほかのスポーツカーでは得がたいドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • 「ロータス・エリーゼ」の最終モデル「エリーゼ スポーツ240ファイナルエディション」登場 2021.2.8 自動車ニュース 「ロータス・エリーゼ」の最終生産モデルとなる「エリーゼ スポーツ240ファイナルエディション」が登場。ベースモデルより23PSパワフルなハイチューンエンジンや、軽量鍛造アルミホイール、デジタルメーターなどが採用されている。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
ホームへ戻る