軽バン「ホンダN-VAN」仕様変更 「Honda SENSING」が全車標準に

2021.02.04 自動車ニュース
「ホンダN-VAN+STYLE FUN」。新たなボディーカラー「フレームレッド」(写真)が追加された。
「ホンダN-VAN+STYLE FUN」。新たなボディーカラー「フレームレッド」(写真)が追加された。拡大

本田技研工業は2021年2月4日、軽商用バン「N-VAN(エヌバン)」の一部仕様を変更し、同年2月5日に発売すると発表した。

これも「N-VAN+STYLE FUN」グレードの新色「サーフブルー」。
これも「N-VAN+STYLE FUN」グレードの新色「サーフブルー」。拡大
「G」グレードのインストゥルメントパネル。
「G」グレードのインストゥルメントパネル。拡大
助手席側の大開口は、「N-VAN」のセリングポイントのひとつ。写真のグレードは「L」。
助手席側の大開口は、「N-VAN」のセリングポイントのひとつ。写真のグレードは「L」。拡大

今回、全グレードで先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が標準化された。さらに、廉価な「Gグレード」「Lグレード」にもオートライト/オートハイビームを追加することで、安全性が高められた。

またスタイリッシュな「+STYLE FUN」グレードでは、ボディーカラーのラインナップに「フレームレッド」と「サーフブルー」が加えられた。

グレード別の価格とカラーラインナップは以下の通り。

【G】 127万6000円(FF車)/138万7100円(4WD車)

  • タフタホワイトIII
  • ルナシルバー・メタリック

【L】 140万5800円(FF車)/151万6900円(4WD車)

  • タフタホワイトIII
  • ルナシルバー・メタリック

【+STYLE FUN】 162万9100円(FF車)/176万2200円(4WD車)

  • プレミアムイエロー・パールII
  • ガーデングリーン・メタリック
  • フレームレッド
  • サーフブルー
  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック
  • プラチナホワイト・パール
  • シャイニンググレー・メタリック
  • クリスタルブラック・パール

【+STYLE FUNターボ】 173万9100円(FF車)/187万2200円(4WD車)

  • プレミアムイエロー・パールII
  • ガーデングリーン・メタリック
  • フレームレッド
  • サーフブルー
  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック
  • プラチナホワイト・パール
  • シャイニンググレー・メタリック
  • クリスタルブラック・パール

(webCG)

 

関連キーワード:
N-VAN, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-VAN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーランTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.25 試乗記 デビューから6年を経て、またしても改良を受けた「フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーラン」。その魅力はいまだ健在か? ライバルに対するアドバンテージは保たれているのか? 新エンジンが搭載された「TSIハイライン」に試乗し、その実力を確かめた。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.18 試乗記 「プジョー3008」のマイナーチェンジに合わせて登場したPHEV「GTハイブリッド4」に試乗。プジョー初のPHEVにして現行ラインナップで唯一の四駆となるその走りを、日常使いを想定したドライブルートで確かめた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション/ノート オーラG FOURレザーエディション【試乗記】 2021.6.15 試乗記 「日産ノート」ベースのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」が登場。パワーアップした「e-POWER」や3ナンバー化された専用ワイドボディー、上級路線を目指したというこだわりの内装や装備など、注目すべきポイントの仕上がりを、テストコースで確かめた。
ホームへ戻る