スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由

2021.02.24 デイリーコラム

2019年から4割減

欧州や中国では、電気自動車(EV)の販売台数が爆発的に伸びている。ところがわが国では逆に、EVの販売台数が急減している。「ホンダe」が出たり、「マツダMX-30 EVモデル」が出たり、つい先日は「テスラ・モデル3」が衝撃的な値下げを発表したり、世を挙げてEVブームみたいな気配だが、実は日本ではメタメタなのである。

原因は、日本におけるEV販売台数の大部分を占める「日産リーフ」が、急激に売れなくなったことにある。

2020年のリーフの年間販売台数は、約1万1000台。2019年には1万9000台売れていたので、一気に4割も減った。

これは日本だけの現象ではない。2020年上半期のリーフのグローバル販売台数は、前年同期比マイナス47%という大敗北となっている。

ただ、リーフの退潮は、日本と海外とでは、少し分けて見るべき要素があるだろう。

海外におけるリーフの販売急減は、強力なライバルの出現によるところが大きい。その筆頭はテスラ・モデル3であり、続いて「ルノーZOE」や「フォルクスワーゲンID.3」であり、はたまた中国の「宏光MINI EV」だ。それらライバルに比べてリーフは、相対的に魅力的でなくなっている。

現行リーフは、初代リーフのビッグマイナーチェンジ版だ。バッテリー容量を大幅に増やした「e+」がラインナップに加わったとはいえ、特にヨーロッパでは、次々と登場する地元ブランドの新型EVと比べると、どうにも古くさく見える。

一方、日本ではEV≒リーフだ。三菱の「i-MiEV」は即身成仏状態(2021年3月末に生産終了)だし、ホンダeは年間1000台、MX-30 EVモデルも年間500台ぽっちの販売目標と、国内では売る気がない。

輸入車は、輸入車である時点でマイナーだ。テスラですら、2020年の年間販売台数は1900台ほどのようだ(テスラの国内販売台数は非公開だが、JAIAの統計の「その他」がほぼテスラであるとの推測による)。前年比約60%増とはいえ、リーフの2割にも届いていない。つまり、リーフから他のEVへ客が逃げたわけではない。

世の中のEVブームとは裏腹に販売台数が激減している「日産リーフ」。
世の中のEVブームとは裏腹に販売台数が激減している「日産リーフ」。拡大
「ホンダe」は国内での年間販売目標が1000台のみ。人気ではあるがこれの登場が「リーフ」急落の直接的な原因ではないだろう。
「ホンダe」は国内での年間販売目標が1000台のみ。人気ではあるがこれの登場が「リーフ」急落の直接的な原因ではないだろう。拡大
中国の上汽通用五菱汽車がリリースした「宏光MINI EV」。全長2900mmほどのコンパクトEVであり、満充電からの航続距離は120km(NEDC)をうたう。中国での価格は2万8800元(約47万円)から。
中国の上汽通用五菱汽車がリリースした「宏光MINI EV」。全長2900mmほどのコンパクトEVであり、満充電からの航続距離は120km(NEDC)をうたう。中国での価格は2万8800元(約47万円)から。拡大
日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • 「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムに 2021.4.19 自動車ニュース 日産自動車は2021年4月19日、電気自動車「日産リーフ」の一部仕様を変更するとともに新グレード「アーバンクロム」を追加設定し、同年夏に発売すると発表した。
  • 「日産リーフ」マイナーチェンジ 運転支援システムや通信サービスの機能向上 2019.12.16 自動車ニュース 日産自動車は2019年12月16日、電気自動車「リーフ」にマイナーチェンジを施し、2020年2月に発売すると発表した。今回は主に、運転支援システムや通信サービスについて見直しが図られている。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
ホームへ戻る