スバル・レヴォーグSTI Sport EX(前編)

2021.03.07 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が新型「スバル・レヴォーグ」に試乗。新開発の1.8リッターフラット4ターボエンジンやブランド初となる減衰力可変式サスペンションなどを備えた国産スポーツワゴンの雄を、山野はどうジャッジするのだろうか。

全力投球のニューモデル

「これは、欧州車の操舵フィールに近づきましたね」

六連星のステーションワゴンをまずはこう評した山野哲也。明るい表情から好印象であることがうかがえるが、その真意は那辺にあるや?

JAF全日本ジムカーナ選手権では「スバルBRZ」を駆り、SUPER GTでは「インプレッサ」「レガシィB4」、そしてBRZのステアリングホイールを握った山野哲也選手。スバル車との関係は深い。

そんな山野が試乗したのは、2020年の秋に発売され、見事に「日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021」に輝いたスバル・レヴォーグ。すっかり縮小してしまった国産ワゴン市場で、ひとり気を吐く快速ツーリングである。

キープコンセプトながら、これまで以上に空力を意識したシャープなエクステリアをまとい、スバルらしからぬ!? 先進的なイメージのインテリアを手に入れた、同社渾身(こんしん)のニューモデル。エンジンは、従来の2リッター&1.6リッターのターボという組み合わせから、新開発の1.8リッター水平対向4気筒ターボ(最高出力177PS/最大トルク300N・m)に一本化された。

“ぶつからない技術”としてクルマ界での先陣を切った「アイサイト」は、画素数をアップした広角カメラを採用。リアソナーに加えて前後2基ずつのレーダーを増設し、“半自動運転”というべきレベルにまで引き上げられた。人工衛星の力を借りて、これまでにない精度の高い運転支援を提供する上級版「アイサイトX」も話題になっている。

 
スバル・レヴォーグSTI Sport EX(前編)の画像拡大
 
スバル・レヴォーグSTI Sport EX(前編)の画像拡大
 
スバル・レヴォーグSTI Sport EX(前編)の画像拡大
 
スバル・レヴォーグSTI Sport EX(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
ホームへ戻る