「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場

2021.03.08 自動車ニュース
フィアット500ミモザ2
フィアット500ミモザ2拡大

FCAジャパンは2021年3月5日、「フィアット500/500C」に特別仕様車「ミモザ2」を設定し、同年3月20日に250台の台数限定で発売すると発表した。

 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大
 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大
フィアット500Cミモザ2
フィアット500Cミモザ2拡大
 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大
 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大
 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大

今回のフィアット500/500Cミモザ2は、最高出力69PSの1.2リッター直4エンジンを搭載した「1.2ポップ」をベースとした、明るいイエローの専用ボディーカラー「ハッピーイエロー」が特徴の限定車である。3月8日は女性の社会での活躍を祝う国際女性デーとされており、イタリアではミモザの花が咲きそろうこの時期に男性が大切な女性にミモザの花を贈る習わしがあるという。なお、同様のコンセプトを持つ限定車「ミモザ」が2020年3月に発売されている。

ボディーカラーに合わせてエクステリアミラーハウジングは「ブラック」の専用品でコーディネート。オープントップモデルの500Cミモザ2では明るいベージュのキャンバストップが組み合わされる。

インテリアにはイエローのインストゥルメントパネルを採用し、車内を明るく彩っている。

価格は500ミモザ2(限定200台)が208万円で、500Cミモザ2(同50台)が274万円。

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, アバルト, フィアット, 自動車ニュース

アバルト 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載 2021.6.14 自動車ニュース スバルは2021年6月14日、「フォレスター」の大幅改良モデル(日本仕様)を初公開し、先行予約注文受け付けを開始した。正式発表は同年8月の予定。フロントマスクなどに新デザインを採用したほか、全モデルで足まわりのセッティングを変更している。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が日本上陸 2021.6.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年6月15日、新型「ゴルフ」の国内導入を発表し、同日より販売を開始した。8代目となる新型では装備のデジタル化とパワートレインの電動化を進めたほか、ドライバーアシスタンスシステムの強化を図っている。
ホームへ戻る