「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場

2021.03.08 自動車ニュース
フィアット500ミモザ2
フィアット500ミモザ2拡大

FCAジャパンは2021年3月5日、「フィアット500/500C」に特別仕様車「ミモザ2」を設定し、同年3月20日に250台の台数限定で発売すると発表した。

 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大
 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大
フィアット500Cミモザ2
フィアット500Cミモザ2拡大
 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大
 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大
 
「フィアット500/500C」の限定車「ミモザ2」登場の画像拡大

今回のフィアット500/500Cミモザ2は、最高出力69PSの1.2リッター直4エンジンを搭載した「1.2ポップ」をベースとした、明るいイエローの専用ボディーカラー「ハッピーイエロー」が特徴の限定車である。3月8日は女性の社会での活躍を祝う国際女性デーとされており、イタリアではミモザの花が咲きそろうこの時期に男性が大切な女性にミモザの花を贈る習わしがあるという。なお、同様のコンセプトを持つ限定車「ミモザ」が2020年3月に発売されている。

ボディーカラーに合わせてエクステリアミラーハウジングは「ブラック」の専用品でコーディネート。オープントップモデルの500Cミモザ2では明るいベージュのキャンバストップが組み合わされる。

インテリアにはイエローのインストゥルメントパネルを採用し、車内を明るく彩っている。

価格は500ミモザ2(限定200台)が208万円で、500Cミモザ2(同50台)が274万円。

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, アバルト, フィアット, 自動車ニュース