「LF-Zエレクトリファイド」が旗印 レクサスは今後どんなブランドを目指すのか?

2021.04.21 デイリーコラム

LF-30エレクトリファイドの進化版

先日開幕した上海モーターショーで今後の電気自動車(EV)戦略を公開したトヨタだが、まるでそれを先導するかのように、レクサスもさる3月31日、EVコンセプト「LF-Zエレクトリファイド」と「ブランド変革に向けた取り組み」を公表している。これらは2019年秋の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「LF-30エレクトリファイド」と次世代電動化ビジョン「レクサス・エレクトリファイド」の進化・発展版といっていい。

まずコンセプトカーだが、今回のLF-Zエレクトリファイド(以下LF-Z)は、ガルウイングドアが印象的だった2019年のLF-30エレクトリファイド(同じくLF-30)より、デザインも車体サイズもずいぶんと現実的になった。

2019年のLF-30のスリーサイズは全長×全幅×全高=5.1m弱×2m弱×1.6mで、いうなれば「ランボルギーニ・ウルス」の全幅と全高をちょっとだけ小さくした感じの巨大SUVクーペだった。しかし、今回のLF-Zでは全長が一気に約20cm短くなった。いうなれば「レクサスRX」のキャビンを10cmほどチョップトップしたようなディメンションになり、明らかに現実味を増している。

そして、FRクーペSUVのようなロングノーズプロポーションは、いかにも近い将来に世界的に流行しそうな現実感がある。ちなみにLF-Zは豊満なヒップラインに呼応するかのように「リアへの高出力モーターの搭載」もうたうが、完全なEV専用設計ゆえに、実際のレイアウトはもちろん“FR”ではないだろう。

LF-Zについては「2025年までに実現を見据えた走り、デザインや技術を搭載」したとも説明されている。上海でうたわれたトヨタ全体のEV戦略と考え合わせれば、これは今後4年以内に発売されるレクサスEVの事実上のプロトタイプかもしれない。そう考えると、がぜん興味がわく。

レクサスの新たなEVコンセプト「LF-Zエレクトリファイド」。スピンドルのモチーフがグリルからボディー全体へと進化している。
レクサスの新たなEVコンセプト「LF-Zエレクトリファイド」。スピンドルのモチーフがグリルからボディー全体へと進化している。拡大
インテリアデザインは「Tazuna(たづな)」と呼ばれるコンセプトに基づいており、運転に必要なデバイスがモジュール化され、ステアリング周辺にまとめてレイアウトされている。
インテリアデザインは「Tazuna(たづな)」と呼ばれるコンセプトに基づいており、運転に必要なデバイスがモジュール化され、ステアリング周辺にまとめてレイアウトされている。拡大
2019年の東京モーターショーでお披露目された「LF-30エレクトリファイド」。この当時は各種スペックがいかにもコンセプトカーという数値だった。
2019年の東京モーターショーでお披露目された「LF-30エレクトリファイド」。この当時は各種スペックがいかにもコンセプトカーという数値だった。拡大
レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事