ホンダが電動SUVのプロトタイプを発表 量産モデルは2022年春に発売予定【上海ショー2021】

2021.04.19 自動車ニュース
ホンダSUV e:prototype(プロトタイプ)
ホンダSUV e:prototype(プロトタイプ)拡大

本田技研工業の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は2021年4月19日、中国で開催中の上海モーターショー2021(会期:4月19日~28日)において、「ホンダSUV e:prototype(プロトタイプ)」を世界初公開した。

 
ホンダが電動SUVのプロトタイプを発表 量産モデルは2022年春に発売予定【上海ショー2021】の画像拡大
 
ホンダが電動SUVのプロトタイプを発表 量産モデルは2022年春に発売予定【上海ショー2021】の画像拡大
ブリーズPHEV
ブリーズPHEV拡大

SUV e:プロトタイプは、2022年春に発売される電気自動車(EV)の、プロトタイプモデルである。ホンダは中国において5年以内に10車種のEVをホンダブランドから投入するとしている。同車の量販バージョンはその第1弾にあたり、中国では初となるホンダブランドのEVとなる。

車両としては、ホンダのダイナミクス技術をベースに、力強くスムーズな加速性能を追求して「操る喜び」にあふれる走行性能を実現。また高度な音声識別インターフェイスをベースに、「日常とのつながり」「スマートフォン連携」「OTAアップデート」などの先進機能を備えた第3世代「Honda CONNECT」を採用することで、「新鮮でFUNにあふれるモビリティー価値を提供する」としている。

このほかの展示車両としては、ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した「ブリーズPHEV」を出展。同車は広汽ホンダ初のプラグインハイブリッド車(PHEV)として、2021年の後半に中国で発売される予定となっている。

ホンダは今回の上海モーターショーにおいて、これら2台をはじめとしたハイブリッド車やPHEV、EVからなる電動車ラインナップの展示に加え、次世代の安全運転支援システムや、既述の第3世代Honda CONNECTなどの技術を訴求するブースも出展している。

(webCG)

関連キーワード:
ホンダ, 上海モーターショー2021, モーターショー, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事