東京モーターショー開催中止! その“これまで”と“これから”を考える

2021.04.30 デイリーコラム

これからというときに……!

2021年の東京モーターショー(TMS)の開催中止が発表された。個人的にはこのタイミングでの中止発表は英断だったと思う。

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は始まったが、秋までに収束するとは考えられない。となると、入場制限を含めた感染症対策は必須で、もし会期中に新たな感染拡大が起これば“無観客”の可能性もある。オリンピックの聖火リレーを見ても、無観客開催による有形無形の損失は明らかだ。出展企業の立場からすれば、本格的な準備を始める前に主催者が中止を宣言してくれてホッとしているのではないだろうか。

一方で、コロナ禍とは無関係に、モーターショー自体が転換点を迎えていたこともまた事実だと思う。

TMSは1954年開催の第1回全日本自動車ショウに始まり、その後は日本の経済成長と呼応して規模を拡大していった。第29回(1991年)には入場者数が200万人を突破したが、その後はバブル崩壊で経済が失速。それでも2000年代は規模を維持できていたが、リーマンショック後に開催した第41回(2009年)は欧州勢が出展を見合わせ、規模が一気に縮小。入場者数は61万人にまで減った。

第46回(2019年)は豊田章男自動車工業会会長が旗振り役となって入場者数130万人超と、かつての規模感を回復。その成功を受けて「想像をはるかに上回るようなモノを2年後のモーターショーで、また提案したい」と語っていた豊田会長が、2021年の開催中止を発表したのだ。重い決断だったことだろう。

東京モーターショーのオフィシャルサイト。2021年4月22日に東京モーターショーの開催中止が決定して以来、その告知文が追記されはしたものの、サイトの体裁は前回(2019年)のまま。開店休業状態である。
東京モーターショーのオフィシャルサイト。2021年4月22日に東京モーターショーの開催中止が決定して以来、その告知文が追記されはしたものの、サイトの体裁は前回(2019年)のまま。開店休業状態である。拡大
筆者が日本自動車工業会の資料をもとに作成した、東京モーターショーの入場者数の推移。オイルショックやバブル崩壊、リーマンショックといった経済危機に直面するたび、数字が大きく落ち込む傾向が見られる。経済状況と展示の内容次第では、その復調は期待できる?
 
筆者が日本自動車工業会の資料をもとに作成した、東京モーターショーの入場者数の推移。オイルショックやバブル崩壊、リーマンショックといった経済危機に直面するたび、数字が大きく落ち込む傾向が見られる。経済状況と展示の内容次第では、その復調は期待できる?
	 拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事