「アウディA6/A6アバント」仕様変更 2リッターディーゼルモデルを大幅値下げ

2021.05.18 自動車ニュース

アウディ ジャパンは2021年5月18日、「A6」および「A6アバント」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

今回は2リッターディーゼルターボエンジン(最高出力204PS/最大トルク400N・m)搭載の「40 TDIクワトロ スポーツ」および2リッターガソリンターボエンジン(同245PS/同370N・m)搭載の「45 TFSIクワトロ スポーツ」の価格を見直すとともに、新たなエントリーグレードとして設定(既存のエントリーグレード「40 TDIクワトロ」「45 TFSIクワトロ」は廃止)。いずれも12Vのマイルドハイブリッド機構を備えており、6kW(約8.2PS)と60N・mを生み出すベルト駆動のオルタネーター・スターターがエンジンをアシストするなどして、高効率と優れたダイナミクス性能を追求している。

さらにオプションの「Sラインパッケージ」の価格を9万円値下げし、43万円に改定。Sラインエクステリアや5アームダイナミックデザインの19インチアルミホイールなど従来の装備内容に加えて、新たにサラウンドビューカメラとパークアシストプラス(45 TFSIではカーブストーンアシスト)、電動チルト/テレスコピックステアリング、電動トランクリッド(セダンのみ)を追加し、競合優位性の強化を図っている。

仕様変更の対象となるモデルは以下の通り(カッコ内は旧価格)。

  • A6 40 TDIクワトロ スポーツ:759万円(792万円)
  • A6 45 TFSIクワトロ スポーツ:789万円(799万円)
  • A6アバント40 TDIクワトロ スポーツ:795万円(828万円)
  • A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ:825万円(835万円)

(webCG)

アウディの「A6」(写真左)と「A6アバント」(同右)。
アウディの「A6」(写真左)と「A6アバント」(同右)。拡大

関連キーワード:
A6, A6アバント, アウディ, 自動車ニュース