「アウディA6/A6アバント」仕様変更 2リッターディーゼルモデルを大幅値下げ

2021.05.18 自動車ニュース

アウディ ジャパンは2021年5月18日、「A6」および「A6アバント」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

今回は2リッターディーゼルターボエンジン(最高出力204PS/最大トルク400N・m)搭載の「40 TDIクワトロ スポーツ」および2リッターガソリンターボエンジン(同245PS/同370N・m)搭載の「45 TFSIクワトロ スポーツ」の価格を見直すとともに、新たなエントリーグレードとして設定(既存のエントリーグレード「40 TDIクワトロ」「45 TFSIクワトロ」は廃止)。いずれも12Vのマイルドハイブリッド機構を備えており、6kW(約8.2PS)と60N・mを生み出すベルト駆動のオルタネーター・スターターがエンジンをアシストするなどして、高効率と優れたダイナミクス性能を追求している。

さらにオプションの「Sラインパッケージ」の価格を9万円値下げし、43万円に改定。Sラインエクステリアや5アームダイナミックデザインの19インチアルミホイールなど従来の装備内容に加えて、新たにサラウンドビューカメラとパークアシストプラス(45 TFSIではカーブストーンアシスト)、電動チルト/テレスコピックステアリング、電動トランクリッド(セダンのみ)を追加し、競合優位性の強化を図っている。

仕様変更の対象となるモデルは以下の通り(カッコ内は旧価格)。

  • A6 40 TDIクワトロ スポーツ:759万円(792万円)
  • A6 45 TFSIクワトロ スポーツ:789万円(799万円)
  • A6アバント40 TDIクワトロ スポーツ:795万円(828万円)
  • A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ:825万円(835万円)

(webCG)

アウディの「A6」(写真左)と「A6アバント」(同右)。
アウディの「A6」(写真左)と「A6アバント」(同右)。拡大

関連キーワード:
A6, A6アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • アウディS8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.11 試乗記 アウディの「技術による先進」というスローガンを体現するスーパーセダン「S8」に試乗。最高出力571PSのマイルドハイブリッドと「クワトロ」と呼ばれるAWD、そしてサーチした路面情報を基に自動制御する最先端のアクティブサスが織りなす、その走りとは?
ホームへ戻る