キャデラックXT4スポーツ(後編)

2021.06.03 谷口信輝の新車試乗 スタイリッシュな新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」に、谷口信輝が試乗。エンジンの制御をはじめ、気に入ったところがある一方で、気になる点もみられるという。それは一体、何なのか?

これはちょっともったいない

キャデラックXT4のことを「ちょっと懐かしい、昔ながらの庶民の味わい」と表現した谷口信輝。これについて詳しく説明してもらう前に、一度、内外装の仕上がりなどをチェックしてもらうことにしよう。
「なんでしょうね、この感じ。運転席からの眺めは、ヨーロッパ車とも日本車ともやっぱり違っている。あえていえば日産っぽい感じがしなくはないんですが、なぜそう思うのかは、まだわかりません」

そんなふうに語る谷口の関心をまず引いたのはデジタル式のルームミラーだった。
「なんか、いろいろなスイッチが付いていますね。へー、明るくしたり暗くしたりできるんですね。あ、視界を広くしたり狭くしたりもできる。僕はなるべく広い範囲を見たくなるから、ここは広めに設定しておこうっと」

続いて谷口の視線はシートに向けられた。
「白いレザー張りのシートでしゃれていますね。ただ、よーく見るとシートのエッジのところがデコボコしています。遠くから見たらわからない程度だけれど。でも、もしも自動車用のシートを製造するメーカーが勢ぞろいして、自分たちの自慢のシートを並べて展示したら、XT4のシートをつくっているメーカーは負けちゃいそうですね。うーん、残念!」

ここまで運転席に腰掛けていた谷口に、続いて後席に移ってもらった。
「あれ、ヒザは前席のシートバックに軽く当たっちゃうかな。でも、頭は天井に当たっていません。むしろ余裕があるくらい。つまり、前後方向よりも天地方向に広々としたパッケージングといえますね」

念のため、ゴルフ好きの谷口にラゲッジスペースの広さをチェックしてもらった。

「あー、これはゴルフバッグを積むのはちょっと難しそうですね」と谷口。
「リアタイヤのホイールハウスまわりと思われる出っ張りがかなり大きくて荷室を侵食しているんですが、これはちょっともったいないですね」

 
キャデラックXT4スポーツ(後編)の画像拡大
 
キャデラックXT4スポーツ(後編)の画像拡大
 
キャデラックXT4スポーツ(後編)の画像拡大
 
キャデラックXT4スポーツ(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード スポーツ 2021.1.17 画像・写真 新型「キャデラック・エスカレード」が日本初公開された。5代目にあたる今回のモデルは、リアサスペンションを独立懸架とするなど設計を刷新。湾曲型OLEDディスプレイなどの先進装備も多数採用されている。キャデラック自慢のフルサイズSUVを写真で紹介する。
  • キャデラックXT4スポーツ 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがコンパクトSUV「キャデラックXT4」を日本に導入。ダイナミックなボディーラインと高効率な車内空間が特徴で、各種先進装備に加え、後席や荷室の広さもセリングポイントとして挙げられている。ブランド初のコンパクトSUVを写真で紹介する。
  • GMが新型「キャデラック・エスカレード」を日本導入 東京オートサロン2021で日本初公開 2020.11.12 自動車ニュース GMジャパンが新型「キャデラック・エスカレード」を日本に導入。全長5.4mに迫るフルサイズSUVで、大型の湾曲型OLEDディスプレイを含む先進装備を多数搭載。グレードは「プラチナム」と「スポーツ」の2本立てで、2021年夏ごろの納車開始を予定している。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
  • メルセデス・ベンツGLS580 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.17 試乗記 「メルセデス・ベンツGLS」は単なる高級車にあらず! いや、第一級のラグジュアリーSUVであるのは当然として、凝りに凝ったアイテムによる高い悪路走破性も隠し持っているのだ。ラグジュアリーなオフローダーの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る