「プジョー508/508SW」のプラグインハイブリッド車発売

2021.06.02 自動車ニュース
プジョー508 GTハイブリッド
プジョー508 GTハイブリッド拡大

グループPSAジャパンは2021年6月2日、プジョーブランドのフラッグシップサルーン「508」およびステーションワゴン版である「508SW」にプラグインハイブリッド車(PHEV)を追加設定し、販売を開始した。

 
「508 GTハイブリッド」のエクステリア。Cピラー下部に「HYBRID」のエンブレムが備わる。
「508 GTハイブリッド」のエクステリア。Cピラー下部に「HYBRID」のエンブレムが備わる。拡大
「508/508SW」に搭載されるプラグインハイブリッドシステム。最高出力180PSの1.6リッター直4ガソリンターボエンジンに同110PSの電動モーターを組み合わせ、システム全体で最高出力225PSを発生する。
「508/508SW」に搭載されるプラグインハイブリッドシステム。最高出力180PSの1.6リッター直4ガソリンターボエンジンに同110PSの電動モーターを組み合わせ、システム全体で最高出力225PSを発生する。拡大
充電は普通充電のみに対応。200V 3kWでは約5時間、200V 6kWでは約2時間半でバッテリーを満充電できる。
充電は普通充電のみに対応。200V 3kWでは約5時間、200V 6kWでは約2時間半でバッテリーを満充電できる。拡大
「508/508SW」のインテリア。従来オプションアイテムだった電動ナッパレザーシートが全モデルに標準装備された。
「508/508SW」のインテリア。従来オプションアイテムだった電動ナッパレザーシートが全モデルに標準装備された。拡大
夜間走行中に赤外線カメラが歩行者や動物を検知しドライバーに注意を促すナイトビジョンは、パークアシストや360°カメラ、パノラミックサンルーフとともに「パッケージオプション」に含まれるアイテム。
夜間走行中に赤外線カメラが歩行者や動物を検知しドライバーに注意を促すナイトビジョンは、パークアシストや360°カメラ、パノラミックサンルーフとともに「パッケージオプション」に含まれるアイテム。拡大
プジョー508SW GT
プジョー508SW GT拡大

システム最高出力225PSを発生

今回導入されたPHEV「508 GTハイブリッド/508SW GTハイブリッド」は、最高出力180PSの1.6リッター直4ガソリンターボ「ピュアテック」エンジンに同110PSの電動モーターを組み合わせ、システム全体で最高出力225PS、最大トルク360N・mを発生(仏公称値)。トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いたPHEV専用8段AT「e-EAT8」を搭載している。駆動力として電動モーターとガソリンエンジン、あるいはその両方の作動をシームレスに切り替え、燃費効率とドライビングプレジャーを両立させているという。

容量11.8kWhのリチウムイオンバッテリーは、後席下に配置。後席居住スペースやラゲッジルームフロア上スペースについては、バッテリーの搭載に伴う従来モデルからの変更はない。充電は普通充電のみに対応しており、200V 3kWでは約5時間、200V 6kWでは約2時間半でバッテリーを満充電できる。

ドライブモードは全4種類。WLTCモードで64kmを電気のみで走行できる「エレクトリック」モードと、エンジンとモーターを組み合わせ効率よく駆動力を発生させるデフォルトモードの「ハイブリッド」、ダイナミックな走行のためにエンジン主体で駆動する「スポーツ」モード、そしてハイブリッドモードのままアクティブサスペンションのセッティングをコンフォートにしてソフトで快適な乗り心地を保つ「コンフォート」モードが用意されている。

iOSおよびAndroid OSに対応するスマートフォンのアプリを利用し、充電状況の確認や充電予約、遠隔でエアコンを作動させることができる「eリモートコントロール」機能も搭載している。

グレードを「GT」に統一

PHEVの導入に合わせ、508および508SWのラインナップに変更を実施。ガソリンエンジン車、ディーゼルエンジン車ともにグレードを「GT」に統一し、全モデルにおいて従来オプションアイテムだったナッパレザーシートが標準装備された。

ピュアテックと呼ばれるEP6型1.6リッター直4ガソリンターボエンジンは燃費改善を行い、WLTCモードで15.6km/リッター(旧14.9km/リッター)、JC08モードで16.9km/リッター(旧16.7km/リッター)と、およそ5%の向上を果たしている。これにより、平成30年排出ガス基準50%低減(4つ星)となり、「パッケージオプション」を装着したモデルの場合、環境性能割1%、重量税-25%のエコカー減税対象車となっている。

前述のパッケージオプションは、夜間走行中に赤外線カメラが歩行者や動物を検知しドライバーに注意を促すナイトビジョンやパークアシスト、360°カメラ、パノラミックサンルーフがセットとなるもので、全モデルで選択できる。

純粋にパワートレインの種類とボディー形状に加え、パッケージオプションの有無で車両が選べる“パワー・オブ・チョイス”コンセプトも、新しい508/508SWの特徴であるとアナウンスされている。

ボディーカラーは508が専用色を含む全6色、508SW も同じく全6色の展開となる。「パールホワイト」「ダークブルー」「ペルラネラブラック」「セレベスブルー」「エリクサーレッド」が両モデルの共通色となり、508 には「アルタンスグレー」、508SWには「プラチナグレー」が専用設定される。車両本体価格にはこれらのペイント代も含まれている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 508 GT:513万1000円
  • 508 GT BlueHDi:547万1000円
  • 508 GTハイブリッド:607万8000円
  • 508SW GT:538万9000円
  • 508SW GT BlueHDi:572万9000円
  • 508SW GTハイブリッド:633万6000円

(webCG)

関連キーワード:
508, 508SW, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)/508 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本に導入 3リッター直6ターボの高性能モデル 2021.7.16 自動車ニュース BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本で発売。同日発表された「4シリーズ グランクーペ」の高性能バージョンであり、最大トルク500N・m(51.0kgf・m)/1900-5000rpmを発生する3リッター直6ガソリンターボを搭載している。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508 GTライン(前編) 2019.5.30 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝がステアリングを握ったのは、プジョーのフラッグシップセダン「508」。新たに4ドアクーペスタイルをまとって登場した2代目の走りを、レーシングドライバーはどのように評価する?
ホームへ戻る