「プジョー508」のステーションワゴン版「508SW」発売 5人乗車時の荷室容量は先代を大きく上回る530リッターに

2019.07.04 自動車ニュース
プジョー508SW
プジョー508SW拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月27日、新型「プジョー508SW」を発売した。

「508」よりも全長が40mm長い「508SW」。全長×全幅×全高=4790×1860×1420mm、ホイールベース=2800mm。ルーフレールは508にはない専用装備となる。
「508」よりも全長が40mm長い「508SW」。全長×全幅×全高=4790×1860×1420mm、ホイールベース=2800mm。ルーフレールは508にはない専用装備となる。拡大
「508SW」のインテリアは基本的にベースとなった「508」と同様のデザインだが、後席の居住性は向上。
「508SW」のインテリアは基本的にベースとなった「508」と同様のデザインだが、後席の居住性は向上。拡大
後席収納時の荷室容量は1780リッター。先代モデル比で243リッター大きい。ラゲッジフックレール、セパレーションネット(=ドッグネット、「GTライン」「GT」に装備)、ステンレスシルプロテクター、トノカバーなどが「508SW」専用装備となる。
後席収納時の荷室容量は1780リッター。先代モデル比で243リッター大きい。ラゲッジフックレール、セパレーションネット(=ドッグネット、「GTライン」「GT」に装備)、ステンレスシルプロテクター、トノカバーなどが「508SW」専用装備となる。拡大
電動テールゲートは、「GTライン」と「GT」グレードに標準装備。レバーを引くだけで簡単に後席背もたれを倒せる、ワンタッチフラット機能も備えている。
電動テールゲートは、「GTライン」と「GT」グレードに標準装備。レバーを引くだけで簡単に後席背もたれを倒せる、ワンタッチフラット機能も備えている。拡大
「508SW」のみに採用される新色アマゾナイトグレー(写真)のほか、アルティメットレッド、パールホワイトなど全7色のボディーカラーをラインナップしている。
「508SW」のみに採用される新色アマゾナイトグレー(写真)のほか、アルティメットレッド、パールホワイトなど全7色のボディーカラーをラインナップしている。拡大
「508」と同様に、最高出力180psの1.6リッター直4ガソリンターボと、最高出力177psの2リッター直4ディーゼルターボという2種類のエンジンをラインナップする「508SW」。ともに8段ATが組み合わされる。
「508」と同様に、最高出力180psの1.6リッター直4ガソリンターボと、最高出力177psの2リッター直4ディーゼルターボという2種類のエンジンをラインナップする「508SW」。ともに8段ATが組み合わされる。拡大

同車はプジョー自身が“4ドアファストバック”と呼ぶ、クーペスタイルが特徴となる最上級サルーン、「508」のステーションワゴン版で、2018年9月にパリモーターショーでワールドプレミアされた。508SWとしては第2世代にあたる。

エクステリアではベースとなった508と同様に、新世代プジョーで用いられる特徴的な意匠を採用。ボディー前半のデザインは508を踏襲し、フレームレスドアの4ドアクーペフォルムをもとに、ルーフの延長やサイドウィンドウの拡大によってステーションワゴン化を行っている。

日本導入モデルのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4790×1860×1420mm、ホイールベース=2800mmで、508に比べ全長のみ40mm長い数値となる。これはリアのオーバーハングの違いによるものだと説明されている。車重は同一エンジン同グレードの「GT BlueHDi」で比較した場合、40kg重い1670kgとなる。

インテリアにおいても、i-Cockpitと呼ばれる運転席まわりやキャビンは基本的に508と同デザインである。ただし、ステーションワゴン化によって後席の居住性は向上。508よりも約40mm多く頭上方向のゆとりが確保されているという。

ラゲッジスペースは、ベースとなった508に比べ48リッター分拡張された530リッターの容量となる。これは先代508SW比で182リッターの拡大とアナウンスされている。後席収納時の荷室容量は1780リッター。こちらは先代比で243リッター大きいものとなる。リアシートのワンタッチフラット機能と電動テールゲートは、ファストバックと共通の仕様で、「GTライン」と「GT」グレードに標準装備される。

パワーユニットには、508と同様に最高出力180psの1.6リッター直4ガソリンターボと、最高出力177psの2リッター直4ディーゼルターボという2種類のエンジンをラインナップ。ともに8段ATが組み合わされる。駆動方式はFFのみ。WLTCモードの燃費値はガソリンが14.1km/リッター、ディーゼルが16.9km/リッターと発表されている。

先進運転支援機能の充実も508譲りとなる。ストップ&ゴー機能を備えたアクティブクルーズコントロール、プジョー初搭載のレーンポジショニングアシスト、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターシステム、インテリジェントハイビーム、トラフィックサインインフォメーション、二輪車も検知可能な第2世代アクティブセーフティーブレーキなどを標準装備。前方200mの距離を赤外線カメラが監視し、歩行者や野生動物の映像をメーターパネルに投影するナイトビジョンや、フルパークアシストもオプション設定されている。

ボディーカラーは508SWのみに採用される新色アマゾナイトグレーのほか、アルティメットレッド、パールホワイト、ダークブルー、ハリケーングレー、ペルラネラブラック、セレベスブルーの全7色をラインナップしている。

価格は以下の通り。

  • 508SWアリュール:442万円
  • 508SW GTライン:484万円
  • 508SW GT BlueHDi:517万円

(webCG)

関連キーワード:
508, 508SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る