レクサスの「LS」「LC」「RX」に松山英樹選手のメジャー初制覇を記念した限定車

2021.06.04 自動車ニュース
“ヒデキマツヤマエディション”とプロゴルファーの松山英樹選手。
“ヒデキマツヤマエディション”とプロゴルファーの松山英樹選手。拡大

トヨタ自動車は2021年6月4日、レクサスの「LS」「LC」「RX」に特別仕様車“HIDEKI MATSUYAMA EDITION(ヒデキマツヤマエディション)”をそれぞれ設定したと発表した。各10台の台数限定で、6月4日~17日まで商談申し込み(抽選)を受け付ける。

レクサスLS500h“ヒデキマツヤマエディション”
レクサスLS500h“ヒデキマツヤマエディション”拡大
「LS500h“ヒデキマツヤマエディション”」の内装。
「LS500h“ヒデキマツヤマエディション”」の内装。拡大
LC500h“ヒデキマツヤマエディション”
LC500h“ヒデキマツヤマエディション”拡大
「LC500h“ヒデキマツヤマエディション”」の内装。
「LC500h“ヒデキマツヤマエディション”」の内装。拡大
松山英樹選手のサインとシリアルナンバー入りのプレートが貼られる。
松山英樹選手のサインとシリアルナンバー入りのプレートが貼られる。拡大
RX450h“ヒデキマツヤマエディション”
RX450h“ヒデキマツヤマエディション”拡大
「RX450h“ヒデキマツヤマエディション”」の内装。
「RX450h“ヒデキマツヤマエディション”」の内装。拡大
松山選手のレプリカキャディーバッグも付帯特典となっている。
松山選手のレプリカキャディーバッグも付帯特典となっている。拡大

今回の“ヒデキマツヤマエディション”はレクサス所属のプロゴルファー、松山英樹選手のメジャー初制覇(2021マスターズ)を記念した特別仕様車だ。ベースモデルはLSが「500h/500“バージョンL”」、LCが「500h/500“Lパッケージ”」、RXが「450h/300“バージョンL”」となっており、ゴルフ場の豊かな緑や自然のなかでプレイする気持ちよさを想起させるという外板色「テレーンカーキマイカメタリック」と内装色「ブラック&オーカー」の専用カラーコーディネートを採用している。さらに松山選手のサインとシリアルナンバー入りプレート等を専用装備としたほか、“松山選手レプリカキャディーバッグ”も付帯特典となっている。

各モデルの特別装備の内容は以下の通り。
【LS“ヒデキマツヤマエディション”】

  • 専用外板色「テレーンカーキマイカメタリック」
  • ムーンルーフ(チルト&アウタースライド式)
  • 245/45R20 99Yランフラットタイヤ&20×8 1/2Jノイズリダクションアルミホイール(専用切削光輝+ブラック塗装)
  • 専用内装色「ブラック&オーカー」
  • 専用シリアルプレート
  • L-ANILINE本革シート
  • オーナメントパネル レーザーカットスペシャル(ブラック)
  • “マークレビンソン”リファレンス3Dサラウンドサウンドシステム
  • アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付き[ラゲッジルーム内・フロントセンターコンソールボックス後部])※LS500hのみ
  • 松山選手レプリカキャディーバッグ

【LC“ヒデキマツヤマエディション”】

  • 専用外板色「テレーンカーキマイカメタリック」
  • フロント245/40RF21+リア275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)
  • 専用内装色「ブラック&オーカー」
  • 専用シリアルプレート
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • “マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム
  • 松山選手レプリカキャディーバッグ

【RX“ヒデキマツヤマエディション”】

  • 外板色「テレーンカーキマイカメタリック」
  • 235/55R20 102Vタイヤ&20×8Jアルミホイール(切削光輝)
  • ルーフレール
  • パノラマルーフ(チルト&アウタースライド式)
  • 専用内装色「ブラック&オーカー」
  • 専用シリアルプレート
  • おくだけ充電
  • “マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム
  • リアシートエンターテインメントシステム
  • アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付き[フロントセンターコンソールボックス後部・ラゲッジルーム内])※RX450hのみ
  • ブレードスキャンアダプティブハイビームシステム[AHS]
  • 松山選手レプリカキャディーバッグ

ラインナップと価格は以下の通り。なお、レクサスは次世代を担う日本のゴルファーを支援したいという松山選手の思いに共鳴し、“ヒデキマツヤマエディション”の売り上げの一部をジュニアゴルファーの育成を支援する活動に寄付する予定だという。
【LS“ヒデキマツヤマエディション”】

  • LS500h:1653万円(FR車)/1694万円(4WD車)
  • LS500:1501万円(FR車)/1542万円(4WD車)

【LC“ヒデキマツヤマエディション”】

  • LC500h:1487万円(FR車)
  • LC500:1437万円(FR車)

【RX“ヒデキマツヤマエディション”】

  • RX450h:850万円(FF車)/877万円(4WD車)
  • RX300:732万円(FF車)/759万円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
LS, LC, RX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
ホームへ戻る