第2回:1000人規模の人材異動も! デンソーの戦略に見る大胆な“ソフトウエアシフト”

2021.06.15 カーテク未来招来
「トヨタ・ミライ」や「レクサスLS」に搭載されるデンソーの部品。今回はデンソーの“ソフトウエアシフト”について解説する。(資料:デンソー)
「トヨタ・ミライ」や「レクサスLS」に搭載されるデンソーの部品。今回はデンソーの“ソフトウエアシフト”について解説する。(資料:デンソー)拡大

複雑化・高度化する自動車の制御を一手に担う統合ECUや、クルマづくりで重要度を増すソフトウエアの開発。これらの分野を強化するため、デンソーの内部では大きな改革が進んでいる。未来の自動車開発を見据えた、巨大サプライヤーの取り組みに迫る。

車載ECUはこれまで「ドメインごと」に進化してきたが、今後はドメインの枠を超えた「クロスドメイン化」が進展する。(資料:デンソー)
車載ECUはこれまで「ドメインごと」に進化してきたが、今後はドメインの枠を超えた「クロスドメイン化」が進展する。(資料:デンソー)拡大

自動車はECUで動いている

前回に引き続き、デンソーの「ダイアログデー」で発表された内容から、クルマの未来を読み解いていきたい。前回はデンソーが急速に「電動化シフト」を進めていることを設備投資・研究開発投資計画から明らかにしたが、今回取り上げるのは「ソフトウエア」である。

筆者は自動運転や先進運転支援システム(ADAS)について関心があるので、この分野での発表内容に期待していたのだが、残念ながらめぼしい発表はなかった。ただ興味深かったのは、ADASや自動運転と関係の深い「ソフトウエア」を重点テーマのひとつとして取り上げたことだ。ここでのキーワードは「クロスドメイン化」である。では「クロスドメイン」とはどういうことか?

いま、クルマの世界で話題になっているキーワードのひとつに「統合ECU」がある。ECUとは電子制御ユニットのことで、クルマの各部分を電子制御するためのコンピューターだと考えてもらえばいい。例えば現代のクルマでは、エンジンや変速機といったパワートレインの制御はもとより、ブレーキの機能の制御も、従来のABS(アンチロックブレーキシステム)からESC(横滑り防止装置)へ、さらにはベクタリング制御や自動ブレーキなどへと、急速に高度化が進んでいる。

さらに快適装備でも、エアコンの空調制御、バックミラーの防眩(ぼうげん)制御、オーディオの音場最適化など枚挙にいとまがない。単にガラスを上げ下げしているだけに見えるパワーウィンドウでも、手や指を挟み込んでしまったらそれを検知する制御が組み込まれている。現在のクルマでは、少ないものでも30~40個、多いものでは100個以上のECUが組み込まれている。

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

あなたにおすすめの記事
新着記事