第1回:豊田社長の発言とは裏腹? デンソーが描く自動車の電動化戦略

2021.06.08 カーテク未来招来
世界第3位の部品メーカーとして知られるデンソー。トヨタ自動車工業(当時)の電装部門という出自を持ち、今日でも、売り上げ収益のほぼ半分がトヨタグループとの取引によるものとなっている。
世界第3位の部品メーカーとして知られるデンソー。トヨタ自動車工業(当時)の電装部門という出自を持ち、今日でも、売り上げ収益のほぼ半分がトヨタグループとの取引によるものとなっている。拡大

デンソーが2035年の未来へ向けた戦略を発表。電動パワートレインや運転支援システムの事業に注力し、エンジンなど既存技術の分野は、段階的に縮小していく意向を示した。自動車を取り巻く環境が急速に変化するなか、彼らはどのような未来を想像しているのだろうか。

デンソーは2035年度までに事業ポートフォリオの大幅な入れ替えを計画している。(資料:デンソー)
デンソーは2035年度までに事業ポートフォリオの大幅な入れ替えを計画している。(資料:デンソー)拡大

世界第3位の部品メーカーが考える自動車の未来

今回から新しい連載を担当することになった技術ジャーナリストの鶴原と申します。『webCG』ではこれまでにも記事を書いているので「初めまして」ではないのだが、新しい連載を始めるにあたり、最初にその狙いを少しだけ紹介しておきたい。

読者の皆さんもよくご承知のように、いま自動車は「100年に一度」と言われる変革期にある。この連載では、その100年に一度の変革によって、クルマが、自動車産業が、そしてわれわれのカーライフがどうなっていくのか、読者の皆さんと一緒に考えていきたい。この連載につけたタイトル「カーテク未来招来」の「招来」という言葉には、「招き寄せる」という意味があるそうだ。まだ見えていない未来を少しでも招き寄せて、読者の皆さまに見えるようにしたい、というのが筆者の願いである。

前置きはこのくらいにして、今回取り上げるのは「デンソーの戦略」である。デンソーといえばご存じの通り、日本最大にして世界第3位(米Automotive News紙の2020年サプライヤーランキングによる)の巨大部品メーカーである。そして、世界最大の自動車グループであるトヨタ自動車グループ(2020年のグループ世界販売台数で)を支える縁の下の力持ちでもある。そのデンソーが報道関係者や証券アナリストを招き、今後の戦略を語る「ダイアログデー」というオンラインイベントを開催した。ここで明らかになった内容から、クルマのミライを模索してみたい。

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

あなたにおすすめの記事
新着記事