地球滅亡の日まで生き残る 新型「トヨタ・ランドクルーザー」のメカニズムを読み解く

2021.06.16 デイリーコラム

ランクルの3本柱

今年2021年は「トヨタ・ランドクルーザー」の生誕70周年だそうである。先日「ランドクルーザー プラド」に70周年記念特別仕様車「70thアニバーサリーリミテッド」が設定されたことで、初めてそうと知った人も(筆者を含めて)多いことと思う。

いわゆる“ランクル”のはじまりとされる1951年とは、トヨタ初の小型四輪駆動車が「トヨタ・ジープ」として発売された年だ。しかし、その後にジープが本家の商標であることが発覚して、1954年にランドクルーザーへと改名した。初代ランクル=BJ型はもともと警察予備隊(後の自衛隊)向けに開発されたが、コンペの結果、制式採用となったのは本家のライセンス生産車である「三菱ジープ」だった。

そんなランクルは現在、それぞれ専用設計された3本柱のラインナップ構成となっている。元祖BJから「20」「40」へとつながれてきた“世界で最もタフなお仕事グルマ”という伝統の柱を受け継ぐのは「70」系だ。1984年に発売された70系は2014~15年の限定再販を経て国内販売は終了しているが、海外向けにはいまだ生産中の超ロングセラー商品である。

2本目の柱は1967年に40のロングホイールベース仕様が独立した「55」の系譜である。以降、ランクルのフラッグシップとして「60」「80」「100」「200」と受け継がれてきた。日本では現在、この系統が純粋にランドクルーザーという商品名で販売されている。

そして、3本目となるプラドは、もともと70に用意された乗用ワゴンモデルに端を発する。1990年に「プラド」というワゴン専用サブネームが与えられて、続く1996年にワゴンのみがフルモデルチェンジして「90」となったことで正式に独立した。ちなみに現行型は2009年にデビューした「150」系で、プラドとしては4代目にあたる。

1951年にデビューしたBJ型「トヨタ・ジープ」。1954年に「ランドクルーザー」に改名した。
1951年にデビューしたBJ型「トヨタ・ジープ」。1954年に「ランドクルーザー」に改名した。拡大
1984年発売の70系「ランドクルーザー」は、基本構造をそのままに現在でも生産が続いている。
1984年発売の70系「ランドクルーザー」は、基本構造をそのままに現在でも生産が続いている。拡大
アラブ首長国連邦で使い込まれた40系。
アラブ首長国連邦で使い込まれた40系。拡大
トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る