新型「ゴルフ」は本国から1年半遅れ 輸入車の国内導入に時間がかかるのはなぜなのか?

2021.06.23 デイリーコラム

1年以上の遅れは当たり前!?

2021年6月15日、8代目となる新型「フォルクスワーゲン(VW)ゴルフ(ゴルフ8)」が日本でも正式発売(=納車開始)となった。ゴルフ8は2019年10月に世界に向けてアンベールされて、ドイツ本国を含む一部市場で2019年末に発売されていたから、日本発売はドイツ本国のそれから約1年半遅れたことになる。正直いって“待たされた感”を強く抱いている日本のファンも少なくないと思う。

ただ、ゴルフ8の兄弟車ともいえる新型「アウディA3」も2021年5月に日本発売となっているが、欧州発売は2020年3月。その1年2カ月というタイムラグは、ゴルフ8よりは小さいが数カ月の差でしかない。また、日本では昨2020年に発売となった5代目「ルノー・ルーテシア」や2代目「プジョー208」は、欧州でゴルフと激しいベストセラー争いを繰り広げる量販ハッチバックである。そんなルーテシアは2019年5月の欧州発売(あちらでの名前は「クリオ」)で、2020年11月の日本発売はそこから1年半のタイムラグがあった。いっぽう、208の欧州発売は2019年秋で日本発売は2020年7月だから、こっちのタイムラグは1年弱だった。

こうして兄弟車のアウディA3やフランスの欧州ベストセラー組と比較すると、(今回は頑張った感のあるプジョー208を除けば)ゴルフ8の日本上陸は早くはないが、特別に遅いわけでもないように思える。ただ、歴代モデルが日本の輸入車ベストセラーの座をほしいままにしてきたゴルフとしては、比較対象とすべきは、やはりメルセデス・ベンツやBMWといった日本での売れ筋ドイツ系ブランドだろう。

実際、メルセデス・ベンツは欧州と日本で発売のタイムラグが1年以上になることがほとんどないし、BMWの日本発売は平均してさらに早い。たとえば、2019年3月国内発売の「3シリーズ」は欧州と約3カ月のタイムラグしかなかったし、現行「1シリーズ」は2019年8月の世界同時発売市場のひとつに日本も含まれた(さすがに日本での納車開始はそこから3カ月ほど経過した11月以降となったが)。ちなみに、先代にあたる「ゴルフ7」の日本発売は、2012年11月のドイツ発売から7~8カ月遅れの2013年6月だった。こうして見ていくと、今回のゴルフ8の日本発売は、やはりちょっと遅いという印象を抱いてしまうのも事実だ。

2021年6月15日に国内発売された新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。2月9日の受注開始から2500台のオーダーを集めたという。
2021年6月15日に国内発売された新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。2月9日の受注開始から2500台のオーダーを集めたという。拡大
先代となったばかりの7代目「ゴルフ」。こちらも欧州から1年半以上遅れての国内発売だった。
先代となったばかりの7代目「ゴルフ」。こちらも欧州から1年半以上遅れての国内発売だった。拡大
フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • 「プジョー3008」の特別仕様車「レッドナッパ」発売 2021.7.20 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年7月20日、プジョーのミドルサイズSUV「3008」に特別仕様車「Red Nappa(レッドナッパ)」を設定し、販売を開始した。赤いナッパレザーシートとオープンポア仕上げのモダンなウッドパネルで内装をコーディネートしている。
ホームへ戻る