第234回:エキゾチック・トーキョーを駆け抜けろ!
『唐人街探偵 東京MISSION』

2021.07.09 読んでますカー、観てますカー

スクリーンに映えるニッポン

東京を舞台にした外国製作のアクション映画。それだけで期待してしまう。いったいどんなトーキョーを見せてくれるのか、ワクワクするのだ。『唐人街探偵 東京MISSION』は、中国製作の大ヒットシリーズ第3弾。本国では春節の2月に公開され、4日間で興行収入30億元(約490億円)という新記録を樹立した。ただ、前2作は日本未公開である。東京が舞台になり日本人俳優も多数出演するので、日本でも客を呼べると判断したのだろう。

外国人監督にとって、日本はスクリーン映えするロケ地なのだ。古くは1989年の『ブラック・レイン』があり、2013年には『47RONIN』『ウルヴァリン:SAMURAI』という珍作が相次いで公開されている。今年の正月映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』では、肉襦袢(じゅばん)をまとったドニー・イェンが歌舞伎町で大暴れ。監督の谷垣健治は日本人だが、香港で多くの作品に関わっている。大規模なセットで作られたのは、香港風味の強い新宿だった。『ジョン・ウィック』の次回作も、日本で撮影されることが決まったようである。

この映画にも、外国に自慢したいエキゾチックなニッポンがふんだんに現れる。中国から2人の探偵タン・レン(ワン・バオチャン)とチン・フォン(リウ・ハオラン)が飛行機で到着すると、待っていたのは花柄シャツに花柄ロングコート、花柄の靴というド派手な和テイストファッションに身を包んだ日本の探偵・野田 昊。妻夫木聡がノリノリで演じている。

あいさつを交わす間もなく、ただの旅行者や職員に見えた人たちが襲いかかってきた。キャビンアテンダントたちも、2組に分かれて大乱闘。
「ニッポンは無法地帯、トーキョーは危険にあふれている!」
世界が期待しているのはわびさびなどではなく、ファンキーでポップなニッポンなのだ。

(C)WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”
(C)WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”拡大
 
第234回:エキゾチック・トーキョーを駆け抜けろ!『唐人街探偵 東京MISSION』の画像拡大
 
第234回:エキゾチック・トーキョーを駆け抜けろ!『唐人街探偵 東京MISSION』の画像拡大
 
第234回:エキゾチック・トーキョーを駆け抜けろ!『唐人街探偵 東京MISSION』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事