何がライバルと違うのか? 「ゴルフ」が“基準のクルマ”とされるワケ

2021.07.12 デイリーコラム

“開拓者”はほかにいる

1974年に誕生した初代から数えて8代目となる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が、本国デビューから約1年半を経てようやく日本上陸を果たした。そのゴルフを紹介する際の常套(じょうとう)句が「FFハッチバックのベンチマーク」。筆者もその通りだと思うが、いかにしてゴルフはベンチマークになり得たのだろうか?

ゴルフはFFハッチバックのベンチマークではあるが、そのカテゴリーにおけるパイオニアではない。ではFFハッチバックの元祖は何かといえば、1961年に誕生した「ルノー4(キャトル)」ではないかと思う。日本でも日野自動車でライセンス生産された「ルノー4CV」の後継モデルだが、RRだった4CVとは一変してルノーの乗用車としては初めてFFを採用。「シトロエン2CV」の影響を受けつつ、さらなる実用性と多用途性を追求した結果が、テールゲートを備えた5ドアボディーとFFの組み合わせだったのである。

元祖FFハッチバックではあるが、エンジン縦置きFFだったルノー4に対し、その登場から3年を経た1964年には、今日の小型・中型実用車の大半が採用しているエンジン横置きFFとテールゲート付きボディーを備えた「アウトビアンキ・プリムラ」がイタリアからデビューする。

今はなきメイクであるアウトビアンキは、当時フィアットの子会社だった。プリムラの開発者はフィアットのダンテ・ジアコーザで、エンジンと変速機を東西方向に直線上に並べ、左右のドライブシャフトは不等長という、その後のFF車の主流となった、いわゆるジアコーザ式FFレイアウトを初めて導入していたのだ。

しかもボディーはテールゲートを備えた2ドア、すなわち3ドアハッチバックだった。初代ゴルフの登場より10年も前に、このレイアウトを実現していたダンテ・ジアコーザは、あらためて偉大なエンジニア/デザイナーだと思う。だが、この新機軸をいきなり本家の主力車種で採用するのは危険と判断したフィアットは、市場調査と実地テストの役目を担ったパイロットモデルとして、傘下のアウトビアンキからプリムラを送り出したのだった。

8代目となる新型「ゴルフ」。ドイツでは2019年10月に発表されたものの、新型コロナ禍もあって日本では2021年6月に発売された。
8代目となる新型「ゴルフ」。ドイツでは2019年10月に発表されたものの、新型コロナ禍もあって日本では2021年6月に発売された。拡大
1961年に登場したFFハッチバックの始祖である「ルノー4」。リアエンジンの「ルノー4CV」のパワートレインを前方に移設し、3段変速機を先端としつつ、エンジンは縦置きされる。写真は1963年に加えられた、ファッション誌『ELLE』とのタイアップによる「R4パリジェンヌ」。
1961年に登場したFFハッチバックの始祖である「ルノー4」。リアエンジンの「ルノー4CV」のパワートレインを前方に移設し、3段変速機を先端としつつ、エンジンは縦置きされる。写真は1963年に加えられた、ファッション誌『ELLE』とのタイアップによる「R4パリジェンヌ」。拡大
1964年「アウトビアンキ・プリムラ」。エンジン横置きFF方式、スタイリングともに1962年に登場した「モーリス1100」に始まるアレック・イシゴニス設計のADO16の影響がうかがえるが、ジアコーザ式FFレイアウトとテールゲートの採用がポイント。当初は3ドアハッチバックのみだったが、後れてテールゲートのない2ドア/4ドアセダンと2ドアクーペ、次いで5ドアハッチバックが追加された。
1964年「アウトビアンキ・プリムラ」。エンジン横置きFF方式、スタイリングともに1962年に登場した「モーリス1100」に始まるアレック・イシゴニス設計のADO16の影響がうかがえるが、ジアコーザ式FFレイアウトとテールゲートの採用がポイント。当初は3ドアハッチバックのみだったが、後れてテールゲートのない2ドア/4ドアセダンと2ドアクーペ、次いで5ドアハッチバックが追加された。拡大
「アウトビアンキ・プリムラ」は「フィアット1100D」用の1.2リッター直4 OHVエンジンを右にオフセットして積み、ジアコーザ式ドライブトレインを介して前輪を駆動。サスペンションは前がダブルウイッシュボーン/横置きリーフ、後ろがリーフリジッドと平凡だが、早くも4輪ディスクブレーキを採用していた。ステアリングもフィアット系としては初のラック&ピニオンだった。
「アウトビアンキ・プリムラ」は「フィアット1100D」用の1.2リッター直4 OHVエンジンを右にオフセットして積み、ジアコーザ式ドライブトレインを介して前輪を駆動。サスペンションは前がダブルウイッシュボーン/横置きリーフ、後ろがリーフリジッドと平凡だが、早くも4輪ディスクブレーキを採用していた。ステアリングもフィアット系としては初のラック&ピニオンだった。拡大
フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • 新型「ゴルフ」は本国から1年半遅れ 輸入車の国内導入に時間がかかるのはなぜなのか? 2021.6.23 デイリーコラム 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が国内発売されたが、その時期は本国から1年半以上も遅れた2021年6月だった。国内の自動車販売台数がかつての規模でないことは確かだが、果たして日本市場は軽視されているのだろうか。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
ホームへ戻る