クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

一気に進むEVシフト ルノーのプランはうまくいく?

2021.07.19 デイリーコラム

まずは4WDハッチバックから

既報のとおり、仏ルノーは2021年6月30日(現地時間)にオンライン発表会「Renault Eways ELECTROPOP(ルノー・イーウェイズ・エレクトロポップ)」を開催。同発表会において「2030年までにルノーブランド車の90%をバッテリー式電気自動車(EV)にする。そのために、まずは2025年までに、市場競争力がありサステイナブルで大衆的な新型EVを10車種市場投入する」という野心的な計画を発表した。

今回は同時に、すでに具体的なプロトタイプの姿が明らかになっている「メガーヌE-Techエレクトリック(以下メガーヌE)」と「5(サンク)」の2台に加えて、6台の新型EVの“シルエット”が公開された。つまり、2022年発売予定のメガーヌEと2024年発売が公言されているサンクを含めて、ルノーが今後4年以内に市場投入を期する10機種のEVのうち8機種について、なにかしらのヒントが示されたということになる。

また、これらのシルエット画像は通常の1台ずつのパターンに加えて、2~3台ずつをまとめたパターンも3枚、同時に配信された。これらまとめ画像の意味について公式の詳説はないが、メガーヌEを含む2台の画像は「CMF-EV」プラットフォーム車、サンクの頭上に2台がならぶ画像は「CMF-BEV」プラットフォーム車、そしてブルーに照らされたシルエットが3台連なる画像は「アルピーヌ」を意味することは、容易に想像できる。

かねて報じられているとおり、これらルノー新世代EVの第1弾となるのが、2022年発売予定のメガーヌEだ。それは日本の「日産アリア」とプラットフォームを共用する4WDのCセグメントEVで、メガーヌとは名乗るものの、通常のメガーヌの次期型とは別物という説もある。いずれにしても、このメガーヌEの土台となるのがC~Dセグメントサイズを想定したCMF-EVだが、今回はさらに、同じプラットフォーム上に構築されるもう1台のシルエットが公開されたのだ。その画像を見るかぎり、ホイールベースやルーフラインはメガーヌEとよく似ているが、ルーフレールを備えているのが特徴となる。これらの情報を素直に受け取れば、メガーヌEのレジャー性を強調したSUV的な派生型ということだろうか。

続いて、2024年発売といわれているサンクを含めた3台の画像は、メガーヌEより1クラス下のBセグメントを想定したCMF-BEVを土台とするクルマたちだろう。

2021年6月30日の発表会に展示された、ルノーの「5」(写真左)と「メガーヌE-Techエレクトリック」(同右)。ともに後の量産化が見据えられた新型EVだ。
2021年6月30日の発表会に展示された、ルノーの「5」(写真左)と「メガーヌE-Techエレクトリック」(同右)。ともに後の量産化が見据えられた新型EVだ。拡大
「CMF-EV」プラットフォームを使ってつくられる2タイプのEV。下は先行して概要が明らかにされている「メガーヌE-Techエレクトリック」。もう片方は、そのSUV的な派生モデルだろうか?
「CMF-EV」プラットフォームを使ってつくられる2タイプのEV。下は先行して概要が明らかにされている「メガーヌE-Techエレクトリック」。もう片方は、そのSUV的な派生モデルだろうか?拡大
「CMF-BEV」プラットフォーム採用車は、現在のところ3台開発されるもよう。いずれもBセグメントに属するEVである。
「CMF-BEV」プラットフォーム採用車は、現在のところ3台開発されるもよう。いずれもBセグメントに属するEVである。拡大
今回開発計画が示されたアルピーヌブランドのEVは3モデル。うち2台はスポーツカー然とした形に見える。
今回開発計画が示されたアルピーヌブランドのEVは3モデル。うち2台はスポーツカー然とした形に見える。拡大

さらなる妄想が広がる

今回の発表会では6台のシルエットのほか、サンクと共通のCMF-BEVを土台とする新型EVとして「4ever(フォーエバー)」の存在を明らかにもしている。公開されたグリルのイメージデザインやデザイン責任者の言葉から、それが往年の名車「4(キャトル)」をモチーフとした“レトロモダン”デザインのEVであることが分かっている。

サンクとならんだ2台は、フロントエンドからボンネット、フロントウィンドウにいたるラインが共通していることが、そのシルエットからうかがえる。となると、この2台はともにフォーエバーで、ハッチバックと商用バン(フランスでいうフルゴネット)という2つのバリエーションが用意されるといういうことか。

残るブルーに光る3台のシルエットは、前述のとおりアルピーヌと見て間違いない。アルピーヌの具体的な将来戦略については、この2021年1月14日にプレスリリースが出されており、「100%エレクトリック・ドリームガレージ」と称する3台の新型EV計画が公式発表されている。それによれば「CMF-EVをベースとしたCセグメントスポーツクロスオーバーEV」と「CMF-BEVをベースとしたBセグメントホットハッチEV」、そして「ロータスと共同開発する『A110』の後継EV」が、その3台だそうである。

今回公開されたシルエット画像が、まさにそれだ。いちばん上が“Cセグメントスポーツクロスオーバー”と思われるが、想像以上に低く流麗なクーペルックが目をひく。中央がBセグメントホットハッチで、今回のシルエットからサンクがベースであることが事実上判明した。メガーヌE用の高出力モーターが移植されるとの報道もあるが、その車名は「アルピーヌ・サンク」もしくは、1976年代の初代サンクのスポーツモデルにならった「サンク・アルピーヌ」のどちらかだと期待したい。

で、いちばん下の画像がA110の後継となるEVピュアスポーツカーであり、現行A110と同様の猫背ルーフを踏襲しつつも、よりモダンで空力的に有利なフォワードキャビンパッケージにも見える……となると、もしかして現在の2人乗りではなく2+2シーター?……なんて妄想が広がったりもする。

新型EV「4ever(フォーエバー)」を紹介する、ルノーのルカ・デメオCEO。今はまだ開発段階ながら、そのグリルのデザイン(写真奥)は、往年の名車「ルノー4」を連想させる。
新型EV「4ever(フォーエバー)」を紹介する、ルノーのルカ・デメオCEO。今はまだ開発段階ながら、そのグリルのデザイン(写真奥)は、往年の名車「ルノー4」を連想させる。拡大
「フォーエバー」とおぼしき2台のEV。車体前半(写真右半分)のシルエットがほとんど同じであることから、これらは同一車種のバリエーションモデルと思われる。
「フォーエバー」とおぼしき2台のEV。車体前半(写真右半分)のシルエットがほとんど同じであることから、これらは同一車種のバリエーションモデルと思われる。拡大
「CMF-BEV」プラットフォームを採用したEVのベアシャシー。アルピーヌのBセグメントホットハッチも、このアーキテクチャーでつくられることになる。
「CMF-BEV」プラットフォームを採用したEVのベアシャシー。アルピーヌのBセグメントホットハッチも、このアーキテクチャーでつくられることになる。拡大
流麗なルーフラインを持つ、アルピーヌのEVスポーツカー。現「A110」の後継と目されるモデルだが、このシルエット以外の情報はいまのところない。
流麗なルーフラインを持つ、アルピーヌのEVスポーツカー。現「A110」の後継と目されるモデルだが、このシルエット以外の情報はいまのところない。拡大

ルノーの本気が伝わってくる

今回の発表会では、こうしたEVの短期集中・大量投入計画を支えるバッテリー戦略も明らかにされた。中心となるのは、これまで「エスパス」や「セニック」「タリスマン」などを生産してきたドゥエー工場の敷地に、中国エンビジョンAESC社と共同で建設される自前のバッテリー工場だろう。同工場は2024年にオープン予定で、年間生産量を当初は9GWh、2030年には24GWhまで拡大する。ちなみに24GWhを単純計算すると、現在の「日産リーフe+」の40万台分に相当する。

ところで、エンビジョンAESC社はそもそも、日産とNECがリチウムイオンバッテリー開発製造のために共同出資で設立したオートモーティブエナジーサプライ株式会社(AESC)がはじまりだ。そのAESC社が2018年に中国エンビジョングループに譲渡されて生まれたのがエンビジョンAESC社で、本社は今も神奈川県座間市にある。もともとルノー・日産とは縁の深い同社は、日産とも共同で年間9GWh級のバッテリー工場を英国に建設予定だ。

ルノーはそれと同時にフランスのスタートアップ企業であるベルコール(Verkor)社と共同で、大型EVやアルピーヌに向けた高性能バッテリーを開発する計画も進めている。その高性能バッテリーは前記ドゥエー工場とは別のフランス国内の新工場での生産を目指すという。

ルノーはドゥエーに加えて、現在は「カングー」専用であるモブージュと、もともとはAT工場のリュイッツという、フランス北部オー・ド・フランス地方にある3工場を「ルノーエレクトリシティー」というEV子会社に統合する。このようにフランス国内工場を大胆にリニューアルして雇用を拡大することも、今回の強力なEVシフトのメダマのひとつとしている。

今回の発表はその内容を知るほどに、ルノーの本気度がヒシヒシと伝わってくる。すべてが計画どおりなら、その成否が分かりはじめるのも、ほんの数年後である。

(文=佐野弘宗/写真=ルノー/編集=関 顕也)

ルノーはEVの大量投入と並行して、バッテリーの開発・生産にも注力。本格的なEVシフトに取り組みつつある。
ルノーはEVの大量投入と並行して、バッテリーの開発・生産にも注力。本格的なEVシフトに取り組みつつある。拡大
現行モデルでいうと「ゾエ」のような小型EVについては、その車両コストを2030年までに33%削減するという。写真は、ゾエに採用されているバッテリー。
現行モデルでいうと「ゾエ」のような小型EVについては、その車両コストを2030年までに33%削減するという。写真は、ゾエに採用されているバッテリー。拡大
ピュアEVとして現代に復活する予定の「ルノー5」。アルピーヌブランドのホットバージョンとともに、その走りに期待が高まる。
ピュアEVとして現代に復活する予定の「ルノー5」。アルピーヌブランドのホットバージョンとともに、その走りに期待が高まる。拡大
「メガーヌE-Techエレクトリック」(写真)は、早くも2022年の発売が予定されている。その車台は「CMF-EV」プラットフォームと呼ばれるもので、日産ブランドの新型EV「アリア」と共通。
「メガーヌE-Techエレクトリック」(写真)は、早くも2022年の発売が予定されている。その車台は「CMF-EV」プラットフォームと呼ばれるもので、日産ブランドの新型EV「アリア」と共通。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ルノー の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。