ルノーが新たな電動化戦略発表 EVを増強し電池コストも削減

2021.07.01 自動車ニュース
オンライン発表会でEV戦略について説明する、ルノーのルカ・デメオCEO。後方の展示車両は開発が進むEVのプロトタイプ。
オンライン発表会でEV戦略について説明する、ルノーのルカ・デメオCEO。後方の展示車両は開発が進むEVのプロトタイプ。拡大

仏ルノーは2021年6月30日(現地時間)に「Renault Eways ELECTROPOP(ルノー・イーウェイズ・エレクトロポップ)」と銘打ったオンライン発表会を開催。同社の将来戦略として「グループの電気自動車戦略を、かつてないレベルで加速させる」と宣言した。

今後のEV開発を象徴する2台のプロトタイプ。左が「5(サンク)」で、右が「メガーヌE-Techエレクトリック」。
今後のEV開発を象徴する2台のプロトタイプ。左が「5(サンク)」で、右が「メガーヌE-Techエレクトリック」。拡大
「日産アリア」にも採用されている「CMF-EV」プラットフォーム。C~DセグメントのEV用で、航続距離は最大580km(WLTPモード)が想定されている。
「日産アリア」にも採用されている「CMF-EV」プラットフォーム。C~DセグメントのEV用で、航続距離は最大580km(WLTPモード)が想定されている。拡大
今回、コンパクトなEV用の新プラットフォーム「CMF-BEV」も紹介された。なお小型EVについては、2030年に車両のコストを現行モデル比で33%減らすことを目指すという。
今回、コンパクトなEV用の新プラットフォーム「CMF-BEV」も紹介された。なお小型EVについては、2030年に車両のコストを現行モデル比で33%減らすことを目指すという。拡大
発表会ではEVの新型バン「4ever(フォーエバー)」の一部イメージも示された。そのグリルは往年の「4(キャトル)」を思わせる。
発表会ではEVの新型バン「4ever(フォーエバー)」の一部イメージも示された。そのグリルは往年の「4(キャトル)」を思わせる。拡大
こちらは今後投入が計画されるアルピーヌ車のシルエット。ハッチバック車のラインナップも計画されている。
こちらは今後投入が計画されるアルピーヌ車のシルエット。ハッチバック車のラインナップも計画されている。拡大

巨額投資で電池のコストは6割減

ルノーといえば、去る5月6日に開催された「ルノー・トーク♯1」において「2030年までに全ラインナップの9割を電動化する」と、プラグインハイブリッド車も含めた電動化戦略を公表したばかりだが、今回は「欧州市場では2025年までに全ラインナップの65%を電動化したうえで、ルノーブランド車は2030年までに90%をバッテリー式電気自動車(EV)にする」と、さらに野心的な戦略に踏み込んだ。そのためにルノーはまず、2025年までに10機種の“市場競争力がありサステイナブルで大衆的な新型EV”を市場投入していくという。

その第1弾となるのが2022年発売予定の「メガーヌE-Techエレクトリック」だ。すでに知られているとおり、これは「日産アリア」とプラットフォームを共用する4WDのCセグメントEVである。このメガーヌE-Techやアリアが使う「CMF-EV」プラットフォームはC~Dセグメントサイズで最大580km(WLTPモード)の航続距離を想定する。

今回はそれに加えて、よりコンパクトなBセグメントサイズ(航続距離はWLTPモードで最大400km)を想定する「CMF-BEV」プラットフォームも発表された。年初にプロトタイプが公開された「5(サンク)」も同プラットフォームを使うそうだが、今回はさらに同じCMF-BEVを土台とする「4ever(フォーエバー)」の存在も明らかにされた。その車名から想像されるとおり、これも往年の名車「4(キャトル)」のデザインをモチーフとした“タイムレス”なモデルになるという。

今回の発表会に合わせて、ルノーはそれら新型EVのシルエットを一部公開した。それを見るかぎり4everはフランスで「フルゴネット」と呼ばれる小型バンのようだ。また、2024年に発売予定というアルピーヌのEVスポーツカーのほか、大型リアスポイラーをもつホットハッチの姿も明らかとなった。

こうした野心的なEV戦略のために、ルノーは今後の5年間で、100億ユーロ(約1兆3100億円)という巨額の投資をする予定だ。そこにはフランス国内3工場を統合して設立されるEV子会社「ルノーエレクトリシティー」や、中国「AESCエンビション」との共同で建設される巨大バッテリー工場、そして将来的な全固体電池開発のための投資も含まれる。これらの取り組みに日産や三菱とのアライアンス効果も合わせることで、2030年には容量あたりのバッテリーコストを現在の60%ダウン、小型EVの車両コストは現行「ゾエ」から33%のダウンを目指すという。

(文=佐野弘宗)

関連キーワード:
メガーヌ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.13 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ゴルフヴァリアント」に試乗。ホイールベースの延長により拡大されたキャビンや荷室の仕上がりと、同じ48Vマイルドハイブリッド機構付き1リッター直3エンジンを搭載する、ハッチバック車との走りの違いを確かめた。
  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
  • フィアット500ev(RWD/4MT)【試乗記】 2021.10.23 試乗記 日本でも大人気の2代目「フィアット500」をベースに、パワートレインを電動化した「フィアット500ev」。電気で走る“往年の名車”は、私たちにどんな景色を見せてくれるのだろうか? モダンなのにクラシックなその走りと、唯一無二の魅力をリポートする。
  • ロングドライブで知るルノー・メガーヌ スポーツツアラーの実力 2021.10.8 新しくなったルノー・メガーヌを味わう<AD> 新しい「ルノー・メガーヌ スポーツツアラー」はラインナップが「インテンス」に一本化されている。バカンスの国であるフランスの人々が生活に旅にと使い倒す標準グレードである。いわば“フランスの地物”ともいえる最新モデルをロングドライブに連れ出してみた。
ホームへ戻る