クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ブガッティと共に新たなスーパーカーメーカーを設立 クロアチアが生んだリマックの夢

2021.07.16 デイリーコラム
「リマック・ネヴェーラ」(左手前)と「ブガッティ・シロン」(右奥)。
「リマック・ネヴェーラ」(左手前)と「ブガッティ・シロン」(右奥)。拡大
ハイパーEVの「ネヴェーラ」。コンセプトカー「C_Two」の市販バージョンであり、最高出力は1914PS、最高速は412km/hとアナウンスされている。
ハイパーEVの「ネヴェーラ」。コンセプトカー「C_Two」の市販バージョンであり、最高出力は1914PS、最高速は412km/hとアナウンスされている。拡大
リマックアウトモビリはクロアチアのザグレブ郡スベタネデリャに本社を構える自動車メーカーである。EV関連のテクノロジーカンパニーとしても知られているが、そちらはリマックテクノロジーとして分社化される。
リマックアウトモビリはクロアチアのザグレブ郡スベタネデリャに本社を構える自動車メーカーである。EV関連のテクノロジーカンパニーとしても知られているが、そちらはリマックテクノロジーとして分社化される。拡大

合弁の裏にあったフォルクスワーゲンの苦境

“テスラ”を生んだ国から、新たなEV(電気自動車)の歴史が始まろうとしている。といっても、われわれのよく知るあのテスラではない。イーロン・マスクよりもっとすごい世界の偉人、ニコラ・テスラを生んだクロアチアから、スーパーカーの新たな歴史が始まろうとしているのだ。

去る2021年7月6日、スーパーカー界に衝撃のニュースがもたらされた。ポルシェ、リマック、ブガッティが合弁会社の設立に合意。新たなスーパーカーメーカー、ブガッティ・リマックが誕生したのである。

実は、ポルシェが絡んだこのプロジェクトは早くからうわさされていた。“ディーゼルゲート”事件の発覚以降、欧州メーカーのなかでも特に苦境にたたされ、その後、急進的ともいえる電動化戦略を立てたフォルクスワーゲン(以下、VW)グループにとって、ランボルギーニやブガッティといったスーパーカーブランドの存在が重荷になりつつあったからだ。その売却のうわさは絶えなかった。

そんななか、2018年にポルシェAGがリマックグループの株式の18%を取得(その後24%まで買い進めた)したため、この時点で「VWグループに属するスポーツカー&スーパーカーブランドに劇的な再編が起きる可能性が高い」とされていたのだ。2020年におけるVWグループ監査役会の主要なテーマのひとつが、この案件であったともいわれている。

ブガッティ の中古車
合弁会社ブガッティ・リマックの設立後も、「ブガッティ・シロン」の生産は仏モルスハイムにて行われる。
合弁会社ブガッティ・リマックの設立後も、「ブガッティ・シロン」の生産は仏モルスハイムにて行われる。拡大
リマックの創始者であるマテ・リマック。
リマックの創始者であるマテ・リマック。拡大
マテ・リマックが製作した「BMW EM3」。E30型「BMW 3シリーズ」をEV化したもので、その高い性能からリマックの名を広く知らしめた。
マテ・リマックが製作した「BMW EM3」。E30型「BMW 3シリーズ」をEV化したもので、その高い性能からリマックの名を広く知らしめた。拡大
2011年のフランクフルトショーで発表された「コンセプト・ワン」。
2011年のフランクフルトショーで発表された「コンセプト・ワン」。拡大
「コンセプト・ワン」の発表後、リマックは各国のモーターショーやコンクールデレガンスなどのイベントに参加。知名度を高めていった。
「コンセプト・ワン」の発表後、リマックは各国のモーターショーやコンクールデレガンスなどのイベントに参加。知名度を高めていった。拡大

クロアチアの若者が興したスーパーカーメーカー

今回の発表の骨子は、

  • ブガッティ・オートモビルSASの所有者であるVWとリマックが合弁会社を設立し、その後、VWは持ち株をポルシェに譲渡する。
  • 新会社の持ち株比率はリマックが55%、ポルシェが45%で、新会社のCEOにはリマックの創業者であるマテ・リマックが就任する。
  • リマックはEV関連のテクノロジー開発部門をリマックテクノロジーとして分社化し、引き続きリマックグループ(マテが37%の株式を所有)の100%支配下に置く。
  • ブガッティ・リマックの本社はリマックの本拠地であるクロアチア・ザグレブに置かれるが、「ブガッティ・シロン」その他の生産は、引き続きフランスのモルスハイムの“アトリエ”で行われ、リマックの新型ハイパーEV「ネヴェーラ」もザグレブの既存のファクトリーで生産される。
  • リマックは自社製品の販売にブガッティのグローバル販売網を活用できる。ポルシェは最先端の高性能EVテクノロジーをリマックと共有する。
  • 長期的にはブガッティの新型車の開発も予定。

……といったあたりだろう。

ちなみにポルシェAGの会長であるオリバー・ブルーメと財務およびIT担当副会長のルッツ・メシュケが、ブガッティ・リマックの監査役会メンバーとなることも発表されている。

クロアチアを本拠とするリマックとはいったいどんな会社なのか。創業は2009年。クルマを運転することが好きで好きでたまらない19歳の若者がひとりで立ち上げた。オフィスは彼のガレージ、若者の名がマテ・リマックである。彼の名を一躍有名にし、その後のビジネスを決定づけたのが、マテがこよなく愛するBMWをEVに改造して打ち立てた、数々の世界記録だった。その名声と経験をもとに資金を調達するや、エレクトリックハイパーカーをプランニング。2011年には早くも「コンセプト・ワン」を発表している。

以来、彼らは毎年3月に開催される“スーパーカーサロン”、すなわちジュネーブショーの常連となっていく。彼らが持つ特に重要なテクノロジーは、スーパーカーのインハウス生産のみならず、モーター&バッテリーの動力システムと制御ユニットにこそあった。

高い動力性能で注目を集めた「コンセプト・ワン」だが、生産台数はわずか8台にとどまった。
高い動力性能で注目を集めた「コンセプト・ワン」だが、生産台数はわずか8台にとどまった。拡大
2019年のジュネーブショーで発表されたコンセプトカー「C_Two」。リマックは完成車メーカーとしての成功を志すが、結果的にはテクノロジーカンパニーとしての評価が先行することになった。
2019年のジュネーブショーで発表されたコンセプトカー「C_Two」。リマックは完成車メーカーとしての成功を志すが、結果的にはテクノロジーカンパニーとしての評価が先行することになった。拡大
リマックの持つEV関連の技術は高い評価を得ており、韓国のヒュンダイも彼らに出資している。
リマックの持つEV関連の技術は高い評価を得ており、韓国のヒュンダイも彼らに出資している。拡大
今や1000人の従業員を抱えるまでになったリマック。そのうちの300人が、ブガッティ・リマックに配属されるようだ。
今や1000人の従業員を抱えるまでになったリマック。そのうちの300人が、ブガッティ・リマックに配属されるようだ。拡大

EVのテクノロジーカンパニーへと転身

マテの当初の計画では、リマックはスーパーカーブランドとして徐々にその生産台数を増やしていくことになっていた。一台数億円のハイパーカーに始まり、徐々に生産台数を増やし、価格を下げ、最後にはランボルギーニやフェラーリと並び立つ。本来であれば今ごろ、EV専門のスーパーカーブランドに成長しているはずだった。

けれども、コンセプトカーから顧客へ引き渡す生産車両へのワンステップが最も困難に満ちていることは、過去にも多くのブランドがあえなく資金切れとなり、コンセプトカーだけが夢の跡となってきたことからも分かる。

リマックも当初はそれに近い状況にあったのだろう。事実、2011年の段階で1088PSを標榜(ひょうぼう)して注目を集め、およそ1.5億円のプライスタグを付けて販売されたコンセプト・ワンも、結局は8台のみの生産で終わっている。それでもマテは世界中から投資を受けつつ、いばらの道ともいうべき生産車両の開発と、さらなる技術開発に信念を持って突き進んだ。

結果、折からのEVブームにも乗って、車両よりも先に彼らの技術力が高く評価され、世界中のメーカーやサプライヤーから技術供与の依頼が殺到したのだ。彼らはスーパーカーメーカーとなる代わりに、一躍EV界における最先端テクノロジーカンパニーへと成長した、というわけである。そのことは、例えばポルシェのほかに韓国のヒュンダイも、リマックグループの株式を12%所有している事実からもうかがえる。

今やリマックグループは1000人の従業員を抱えており、そのうち300人程度がブガッティ・リマックの所属となるようだ。ちなみにブガッティのモルスハイムでは、現在130人が働いている。

世界的な環境対応の波はブガッティも避けて通れないものとなっている。ブランドを持続させるうえで、パワートレインの電動化は必須なのだ。
世界的な環境対応の波はブガッティも避けて通れないものとなっている。ブランドを持続させるうえで、パワートレインの電動化は必須なのだ。拡大
2021年6月に正式発表された「ネヴェーラ」。販売台数は150台限定で、その価格は200万ユーロとされている。
2021年6月に正式発表された「ネヴェーラ」。販売台数は150台限定で、その価格は200万ユーロとされている。拡大
リマックはEV関連の技術をポルシェに提供。さらにマテ・リマックは量産モデルにも普及させていきたいとしている。
リマックはEV関連の技術をポルシェに提供。さらにマテ・リマックは量産モデルにも普及させていきたいとしている。拡大

リマックに課せられた2つの使命

マテの使命は大きく分けて2つある。ひとつ目は、ブガッティの未来に対する責任を負い、スーパーカー界における事業を拡張することだ。事実、ブガッティにとってはシロンから後のモデル……うわさの4シーターグランツーリズモ以降のモデルではパワートレインの電動化が必須であったが、リマックとの提携により、技術開発資金を新たに捻出する必要がなくなった。折しもEU委員会がエキセントリックな内燃機関包囲網を策定しようとしているが、これでブガッティの未来はひとまず安泰となった。

もちろんリマックの側にも恩恵はある。彼らはつい最近、4つのモーターで全輪トルクベクタリングを可能とした2作目のモデル、ネヴェーラを発表したばかりだが、この世界限定150台のハイパーカーの価格は200万ユーロ(約2億6000万円)である。そのセールスにおいて、台当たりの販売単価が3億円以上となるブガッティのグローバルネットワークが有効であることは言うまでもない。

そしてVWグループは、ピエヒの遺産を精算できると同時に、その“もったいない技術力”をポルシェが継承することも可能となった。高性能車両における電動化技術の最先端リソースを得たことは、ポルシェの未来……例えば単独での株式上場など……にも好影響を与えるに違いない。

もうひとつのマテの計画は、さらにVWグループにも好影響を与えるだろう。なぜならマテは、リマックが培った、そして今後モノにするだろう最先端のEV技術を量産モデルにも応用していくことを明言しているのだ。これについてはリマックテクノロジーを介して、VWのみならず世界中のブランドにその恩恵がもたらされると思われる。

歴史ある社名が消えるのは惜しいけれど

2011年からジュネーブショーで観察し続けてきたリマックが、いよいよ世界の最先端へと躍り出た。数年前、スウェーデンの雄ケーニグセグにおいて、当時はまだ計画中であったPHV「レゲーラ」の概要をクリスチャン・ケーニグセグから聞いたとき、彼はひとつだけ大いに悔しがっていた。タイヤ以外、すべてのコンポーネンツを自分のアイデアで開発し、ひとつのクルマに統合してきた彼でさえ、手も足も出ない領域がモーターとバッテリーの制御であり、その部分はクロアチアのリマックから技術供与を受けるのだと。

3年前にはペブルビーチでコンセプト・ワンにも試乗した。それはまさにコンセプトカーの領域を出ない仕上がりであったが、それでもすさまじい加減速フィールに大感動した記憶がある。彼らならブガッティの、いや、フェラーリやマクラーレンなどもひしめくスーパーカーの世界を、豊かに盛り上げてくれるに違いない。

今回の歴史的事件には大いに賛同するものではあるけれど、ひとつだけ、昔ながらの自動車好きとして“文句”をつけさせてもらえるとしたら、こう言いたい。「ブガッティ・オートモビル」という社名は残してほしかったと。もっとも、マテにはこう言い返されることだろう。「110年のブガッティの歴史を、わずか10年そこそこのわれわれが担う覚悟を社名に込めたのだ」と。

(文=西川 淳/写真=リマックアウトモビリ、ブガッティ・オートモビル/編集=堀田剛資)

リマックがケーニグセグに供与した走行用バッテリー。ケーニグセグのPHV「レゲーラ」は、リマックからの技術供与によって実現した。
リマックがケーニグセグに供与した走行用バッテリー。ケーニグセグのPHV「レゲーラ」は、リマックからの技術供与によって実現した。拡大
「ケーニグセグ・レゲーラ」とマテ・リマック(左)、クリスチャン・ケーニグセグ(右)。
「ケーニグセグ・レゲーラ」とマテ・リマック(左)、クリスチャン・ケーニグセグ(右)。拡大
ブガッティ・リマックの誕生に伴い、ブガッティ・オートモビルという“社名”は消滅することになる。
ブガッティ・リマックの誕生に伴い、ブガッティ・オートモビルという“社名”は消滅することになる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ブガッティ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。