ポルシェ・タイカン4S(後編)

2021.08.01 思考するドライバー 山野哲也の“目” 「ポルシェ・タイカン4S」をドライブしたレーシングドライバー山野哲也は、全長5mに迫る大きさとはうらはらに「ボディーをコンパクトに感じた」という。山野のコメントを総合すると、タイカンは電気自動車(EV)である前に、やっぱりポルシェのスポーツカーなのである。

妥協のないクルマづくり

webCG:前編ではタイカン4Sのコーナリングが「安定していて速い」というハナシをされました。ハンドリングがいいので、運転しているうちに「どんどんコンパクトに感じられてくる」とも。タイカンは動力源もボディー構造も従来のポルシェ車とは異なりますが、それでも“ポルシェらしい”と感じる理由の第一は、やはり「ボディー剛性の高さ」でしょうか。

山野:そうですね。タイカンの剛性感は猛烈に高い。そのうえ走っていて、車体各部から何の音も聞こえてこない。すべてのパーツに十分な剛性を持たせ、「動くところは動く」「動かさないところは動かさない」を徹底している。走っていて車内が静かなんです。山道を攻めれば攻めるほど、静かに感じられます。

webCG:以前、「テスラ・モデル3」に乗っていただいたときに、「ときどき足まわりから『コト』と音がするのが気になった」とおっしゃっていました。新興メーカーと老舗との違いを感じます。

山野:歴史や経験が違いますから。なによりポルシェはサーキットを中心にクルマを煮詰めてきました。実際、「911 GT3」のような、そのままレースコースで走らせることができる市販車を、年に2000台以上つくっているんです。

webCG:極限状態で、妥協のないクルマづくりをしてきた、と。

山野:そうです。タイカンはEVの4ドアモデルだけれど、そうしたポルシェの蓄積、ノウハウが惜しみなく注ぎこまれている。例えばシートを見ると、背もたれが薄くて高い。ポルシェでずっと使われているカタチです。

 
ポルシェ・タイカン4S(後編)の画像拡大
 
ポルシェ・タイカン4S(後編)の画像拡大
 
ポルシェ・タイカン4S(後編)の画像拡大
 
ポルシェ・タイカン4S(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ・タイカン4クロスツーリスモ(4WD)【試乗記】 2021.8.27 試乗記 ピュアEV「タイカン」をベースとするポルシェのニューモデル「タイカン クロスツーリスモ」に試乗。これを、隙間商法のバリエーションモデルと思うなかれ、見て触れて乗るほどに、その商品力の高さに驚かされることだろう。
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • ポルシェ・タイカン 2019.11.20 画像・写真 いよいよ日本に上陸した、ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」。ポルシェ車としての伝統的なディテールを受け継ぎながら、全く新しい4ドアのスポーツサルーンとしてデビューしたニューモデルの姿を、詳しく写真で紹介する。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.23 試乗記 2021年5月にマイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア」の最新モデルに試乗。従来型からの進化のポイントをチェックするとともに、オールドミニのスタイルを受け継ぎ、3世代20年にわたり歴史を重ねてきた“ニューMINI”の足跡に思いをはせた。
ホームへ戻る