新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広く

2021.07.28 自動車ニュース
新型フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSI Rライン
新型フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSI Rライン拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年7月28日、新型「ゴルフヴァリアント」の国内導入を発表し、販売を開始した。

 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広くの画像拡大
 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広くの画像拡大
 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広くの画像拡大
 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広くの画像拡大
 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広くの画像拡大
 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広くの画像拡大
 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広くの画像拡大
 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広くの画像拡大

ホイールベースが35mm拡大

フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントはハッチバックの「ゴルフ」と基本設計を共有するステーションワゴンである。国内では約8年ぶりのフルモデルチェンジであり、ワゴンとしては第6世代となる。ゴルフと同様に新型では「デジタル化」「電動化」「ドライバーアシスタンスシステム」の3項目が重点的にアップデートされている。

新型ゴルフヴァリアントは先代モデルよりも35mm長い2670mmのホイールベースを確保。ボディーの全長は先代モデルよりも65mm長い4640mmとなっており、キャビンの快適性や居住性、積載性が大幅に強化されている。

ダッシュボードには通信モジュール付きのインフォテインメントシステムとデジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」を全車に標準装備。灯火類やルーフコンソールなどのコントローラーの多くが機能に応じてタッチスイッチ、またはタッチスライダーに置き換えられているのも特徴だ。ホイールベースの拡大によってリアシートのレッグルームが903mmから941mmに拡大。ラゲッジスペースの容量は611~1642リッターと公表されている(先代モデルは605~1620リッター)。荷物で両手がふさがっていても足のジェスチャーによって開けられるイージーオープン機能付きのパワーテールゲートを初採用したのもトピックだ。

エンジンのラインナップはゴルフと同様で、最高出力110PSの1リッター直3ターボ「1.0 eTSI」と最高出力150PSの1.5リッター直4ターボ「1.5 eTSI」を設定。いずれのユニットも48Vのマイルドハイブリッド化によって効率化とドライバビリティーの向上を図っている。全車ともトランスミッションは7段のデュアルクラッチ式ATで駆動方式はFWD。

重点強化項目とされているだけあって、ドライバーアシスタンスシステムはフォルクスワーゲンの上位車種にも負けない内容となっている。0~210km/hの範囲で前走車との車間および走行レーンの中央維持を支援する「トラベルアシスト」に加えて、車両の暴走による事故を予防・被害軽減する緊急時停車支援システム「エマージェンシーアシスト」と、ドアオープン時に後方から接近する車両や自転車を検知して警告する「エグジットウオーニング」を全車に標準装備。フロントカメラで対向車や先行者を検知し、片側22個のLEDを個別に制御して配光を最適化する「IQ.ライト」もオプション設定している。

ボディーカラーには「ドルフィングレーメタリック」「ライムイエローメタリック」「キングズレッドメタリック」の3色を新規設定。「アトランティックブルーメタリック」「ピュアホワイト」「ディープブラックパールエフェクト」「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」と合わせて全7色展開となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。
【1リッターモデル】

  • eTSIアクティブ ベーシック:305万6000円
  • eTSIアクティブ:326万5000円

【1.5リッターモデル】

  • eTSIスタイル:384万6000円
  • eTSI Rライン:389万5000円

(webCG)

新型フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントのより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ゴルフヴァリアント, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント 2021.7.28 画像・写真 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」が日本上陸。装備のデジタル化とパワートレインの電動化が進められただけでなく、全長とホイールベースを拡大してステーションワゴンとしての使い勝手も強化されている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広く 2021.7.28 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンがステーションワゴン「ゴルフヴァリアント」の新型を発売。装備のデジタル化やパワートレインのデジタル化を進めたほか、ホイールベースとボディー全長の拡大によって室内の快適性や積載性も強化している。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.14 試乗記 「ゴルフ」に続いて新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」が日本上陸。ハッチバックと同様に装備のデジタル化とパワートレインの電動化が進められただけでなく、ボディーがより長く広くなっているのが特徴だ。果たしてその仕上がりは?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.6 試乗記 いよいよ日本の公道を走りだした8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。長年にわたりCセグメントハッチバックのベンチマークとされてきたゴルフだが、そのアドバンテージは新型でも健在か? 1.5リッターエンジンを搭載した上級モデルで実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
ホームへ戻る