「レクサスES」がマイナーチェンジ ブランドの基幹セダンが全方位的に進化

2021.08.26 自動車ニュース webCG 編集部
レクサスES300h“バージョンL”
レクサスES300h“バージョンL”拡大

トヨタ自動車は2021年8月26日、レクサスブランドのミドルクラスセダン「ES」にマイナーチェンジを実施し、同日、販売を開始した。

 
「レクサスES」がマイナーチェンジ ブランドの基幹セダンが全方位的に進化の画像拡大
 
「レクサスES」がマイナーチェンジ ブランドの基幹セダンが全方位的に進化の画像拡大
 
「レクサスES」がマイナーチェンジ ブランドの基幹セダンが全方位的に進化の画像拡大
ES300h“Fスポーツ”
ES300h“Fスポーツ”拡大
 
「レクサスES」がマイナーチェンジ ブランドの基幹セダンが全方位的に進化の画像拡大
 
「レクサスES」がマイナーチェンジ ブランドの基幹セダンが全方位的に進化の画像拡大

レクサスESは、1989年のレクサスブランド立ち上げと同時にデビューした、FFのミドルクラスセダンである。レクサスにとって伝統のあるモデルで、これまでに80以上の国と地域に導入され、累計で約278万台が販売されている。現行型は2018年にデビューした7代目にあたり、今回のマイナーチェンジモデルは2021年春の上海モーターショーにおいて発表された。

主な変更点は、世界初公開の際に発表された通りで、サスペンションやシャシーの改良によって、静粛性や乗り心地、運動性能を改善。操作性については、「ドライバーの意図に忠実でリニアな応答」を追求したという。

予防安全・運転支援システムも強化しており、単眼カメラ+ミリ波レーダーというセンサーの構成はそのままに、機能の拡充と性能の向上を図った「Lexus Safety System+」を採用。このほかの安全装備としては、「RX」「LS」に続いて配光を細かく制御する「ブレードスキャンアダプティブハイビームシステム」を採用したほか、デジタルアウターミラーとデジタルインナーミラーについても、カメラ性能を向上させている。

デザインに関しても手を加えており、フロントグリルやフロントバンパー、アルミホイールなどの意匠を変更。インテリアカラーには新たに「ヘーゼル」「モーブ」を設定した。また、スポーティー仕様の“Fスポーツ”では、外装に黒色の19インチアルミホイールや日本専用の「LEXUS」ロゴ入りオレンジブレーキキャリパーなどを採用。内装では同仕様専用のインテリアカラーとして「ホワイト」を新規設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ES300h:599万円
  • ES300h“Fスポーツ”:651万円
  • ES300h“バージョンL”:715万円

(webCG)

関連キーワード:
ES, レクサス, 自動車ニュース