「メルセデス・ベンツSクラス」に4リッターV8ツインターボモデル追加設定

2021.09.03 自動車ニュース
メルセデス・ベンツS580 4MATIC
メルセデス・ベンツS580 4MATIC拡大

メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、「メルセデス・ベンツSクラス」のモデルラインナップに「S580 4MATIC」および「S580 4MATICロング」を追加設定し、先行予約注文受け付けを開始した。納車は同年9月以降となる見込み。

S580 4MATICロング
S580 4MATICロング拡大

今回追加された2モデルは、いずれも最高出力503PS、最大トルク700N・mの4リッターV8ツインターボエンジン「M176」を搭載している。48Vマイルドハイブリッドシステムを採用しており、同20PS、同208N・mの電気モーター「ISG」が減速時に回生エネルギーによって発電し、容量約1kWのリチウムイオンバッテリーに充電。加速時などにエンジンをアシストするほか、エンジン始動時の振動を抑える。モーターはATの変速時にも出力を発生し、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるアシストを行い、スムーズなギアチェンジを実現する。

フルアクティブサスペンションの「Eアクティブボディーコントロール」がオプション設定されているのもトピックだ。エアサスペンションをベースに、四輪それぞれに48V対応のアクチュエーターを搭載し、スプリングレートとダンパーの減衰力を個別に制御できるようになっている。「ロードサーフェススキャン」機能はステレオカメラで前方路面のアンジュレーションをモニターし、あらかじめダンパーの減衰力を適切に設定。「ダイナミックカーブ」機能は、コーナリング時のロールによるばね上の傾きを修正し、車体が水平になるよう制御する。

Eアクティブボディーコントロールは衝突安全性向上にも寄与。車両が側面衝突の危険を察知するとキャビンのエアクッションが膨張して乗員を守るだけでなく、瞬時に車高を高め、頑強なサイドシル部分で衝撃を受け止めるようになっている。

価格はS580 4MATICが1611万円で、S580 4MATICロングが1953万円。

(webCG)

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • BMW R nineTスクランブラー(6MT)【レビュー】 2021.10.19 試乗記 エンジンの改良により、厳しい環境規制をクリアした「BMW R nineT」シリーズのなかから、程よいオフロードテイストが魅力の「R nineTスクランブラー」に試乗。その走りからは、これからも空油冷フラットツインの魅力を伝えていきたいというBMWの意思が感じられた。
ホームへ戻る