TOM'SレクサスLC500コンバーチブル(前編)

2021.09.16 谷口信輝の新車試乗 国内トップレーシングチームのひとつであるTOM'S(トムス)がラグジュアリークーペをカスタマイズしたら……? 最新のコンプリートカー「TOM'SレクサスLC500コンバーチブル」に乗った印象を谷口信輝が語る。

この見た目は「わかってる」

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは、TOM'SレクサスLC500コンバーチブル。これはその名からわかるとおり、日本の名門レーシングチームであるTOM'Sが、これまで培ってきたレーシングテクノロジーを投じてつくり上げたコンプリートカーで、ベースとなったのは言うまでもなく「レクサスLC500コンバーチブル」。本連載ではこれまでにも「TOM'Sセンチュリー」や「TOM'Sスープラ」を紹介しているが、それらを踏まえて、カスタムカーのプロでもある谷口の意見を聞いてみることにした。
「このクルマのポイントは、やっぱりTOM'Sが開発したエアロパーツを装着したときの見た目だと思うんです。レクサスLC500コンバーチブルって、そもそもで言えば、メルセデス・ベンツの『SL』みたいに、風切って格好よく走るオープン2シーターですよね。このTOM'SがつくったLCにしても、コンセプトはその延長線上にあって、素直にかっこいいと思います。なにしろ今日、この駐車場に入ってきたとき、最初に目に留まったのがこのクルマでした。まあ、人によって好き嫌いはあると思いますが、僕はやっぱりこういうクルマが気になります」

TOM'SレクサスLC500コンバーチブルのどこが魅力的なのか、谷口にもう少し詳しく解説してもらった。
「やっぱり、このオーバーフェンダーによって形づくられたワイドボディーですよね、目につくのは。それと、車高が下がっていることもひと目見ただけでわかる。ホイールも純正とは違って、ブラックにペイントされていますよね。はっきり言って、僕の大好物のカスタムカーゾーンに入っています」

ところで、今回の取材に先立ち、TOM'S側から編集部側に次のような申し入れがあったという。
「車高はホイールアーチとの間に指が1本しか入らないくらいまで落としてあります。ちなみに、これ以上下げると全国のレクサスディーラーでサービスが受けられなくなるので、この車高に設定しました」

 
TOM'SレクサスLC500コンバーチブル(前編)の画像拡大
 
TOM'SレクサスLC500コンバーチブル(前編)の画像拡大
 
TOM'SレクサスLC500コンバーチブル(前編)の画像拡大
 
TOM'SレクサスLC500コンバーチブル(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • TOM’SレクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2021.10.1 試乗記 トムスから新たなコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」が登場。レクサスのラグジュアリーオープンを“レーシングテクノロジーで研ぎ澄ませた”とうたう、その実力やいかに!?
  • TOM'SレクサスLC500コンバーチブル(後編) 2021.9.23 谷口信輝の新車試乗 TOM'S(トムス)のコンプリートカー「TOM'SレクサスLC500コンバーチブル」で注目すべきは、その個性的なボディーワーク。走りのみならず見た目にもこだわる谷口信輝は、どんなところが気になった?
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.12.2 試乗記 レクサスの最上級スペシャリティーモデル「LC」に、待望の「コンバーチブル」が登場。満を持してリリースされた、現行レクサスで唯一のオープントップモデルは、ライバルとは趣を異にする“ユニークな魅力”の持ち主だった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る