ロールス・ロイスが初の電気自動車「スペクター」を発表

2021.10.01 自動車ニュース
ロールス・ロイス・スペクター
ロールス・ロイス・スペクター拡大

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2021年9月29日(現地時間)、同ブランド初の電気自動車(EV)「Spectre(スペクター)」を2023年の第4四半期に発売すると発表した。

ロールス・ロイス初の市販電気自動車となる「スペクター」。
ロールス・ロイス初の市販電気自動車となる「スペクター」。拡大
「ロールス・ロイス・スペクター」のリアビュー。クーペ風のエクステリアデザインが確認できる。
「ロールス・ロイス・スペクター」のリアビュー。クーペ風のエクステリアデザインが確認できる。拡大

ロールス・ロイスは2030年までに同社の全モデルを完全電動化する予定で、2011年に「ファントム」をベースとしたEV「102EX」を、2016年に2ドアのコンセプトEV「103EX」を発表している。

今回発表されたスペクターは、独自のスペースフレームアーキテクチャーを採用。車名は幽霊や亡霊などを意味する英語で、真の英国ブランドとして英国式のつづりを用いたとアナウンスされている。

ロールス・ロイスでは400年以上使用し続けることを想定し、スペクターで世界をめぐる250万kmの試験走行を行うという。

(webCG)

関連キーワード:
ファントム, ロールス・ロイス, 自動車ニュース

ロールス・ロイス ファントム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ゴースト 2020.10.5 画像・写真 “史上最も成功したロールス・ロイス”こと「ロールス・ロイス・ゴースト」がフルモデルチェンジ。2020年9月1日に発表された新型が、早くも日本で初公開された。従来モデルからすべてが刷新された新しいゴーストの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • フィアット500ev(RWD/4MT)【試乗記】 2021.10.23 試乗記 日本でも大人気の2代目「フィアット500」をベースに、パワートレインを電動化した「フィアット500ev」。電気で走る“往年の名車”は、私たちにどんな景色を見せてくれるのだろうか? モダンなのにクラシックなその走りと、唯一無二の魅力をリポートする。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • フェラーリ296GTB 2021.10.14 画像・写真 2021年6月に本国で発表されたフェラーリの新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」が日本に上陸。跳ね馬のエンブレムを掲げた初の6気筒ロードモデルとなる296GTBのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型V6プラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」日本上陸 2021.10.14 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2021年10月14日、東京・渋谷において新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」の日本導入を発表し、実車を国内で初披露した。最高速度330km/h以上、0-100km/h加速2.9秒というパフォーマンスを誇る。
ホームへ戻る