それは単なる大風呂敷か? ホンダの“クルマじゃない”開発計画に思うこと

2021.10.04 デイリーコラム

エンジンをやめるだけじゃない

さる2021年4月23日、本田技研工業の新社長就任会見の際に発信されたさまざまなビジョンは、内外で驚きをもって受け止められました。とりわけ、「2040年には電気自動車と燃料電池車への完全シフトを目指すと」いう三部敏宏社長の発言は、こちらのみならずさまざまなメディアでご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

その衝撃が大きすぎたがゆえ、他の発言が取り上げられる機会がほとんどありませんでしたが、同会見で三部社長は、未来へのビジョンの一環として、空、海、宇宙、そしてロボットなどの研究を進めていると話しています。確かに汎用(はんよう)改めパワープロダクツ部門には船外機がありますし、ご存じホンダジェットは小型ジェット機販売で4年連続の世界一、現在日本でも累計10機以上のオーダーを受けているといいます(正確な数字は非公表とのこと)。が、「ASIMO(アシモ)」が月に? 的な大風呂敷は想像もしていませんでした。

やれやれホンダはいったい何を考えているのやら。次から次へと募る疑問に応えるかたちで、「新領域への取り組みについて」と題した説明会が開かれたのが、同年9月末のことです。こちらで領域ごとのエキスパートとともに現れたのが、本田技術研究所の大津啓司社長でした。質疑の様子をうかがうに、やんわりお茶を濁すような曖昧な場面はなく、ロジカルでマルバツのはっきりした、いかにも技術者集団のトップらしい歯切れの良さが印象的です。

2021年4月、就任会見に臨む本田技研工業の三部敏宏 代表取締役社長。会見で触れられた「2040年以降はグローバルでガソリンエンジン車の販売を行わない」という方針は、大きな衝撃をもって迎えられた。
2021年4月、就任会見に臨む本田技研工業の三部敏宏 代表取締役社長。会見で触れられた「2040年以降はグローバルでガソリンエンジン車の販売を行わない」という方針は、大きな衝撃をもって迎えられた。拡大
三部敏宏 本田技研工業社長の会見から5カ月後の2021年9月末、本田技術研究所の新社長である大津啓司氏(写真)は、ホンダの“具体的な取り組み”について説明した。写真中央はそのひとつである電動垂直離着陸機「ホンダeVTOL」の模型。
三部敏宏 本田技研工業社長の会見から5カ月後の2021年9月末、本田技術研究所の新社長である大津啓司氏(写真)は、ホンダの“具体的な取り組み”について説明した。写真中央はそのひとつである電動垂直離着陸機「ホンダeVTOL」の模型。拡大
自動車の世界ではガソリンエンジン車から電気自動車や燃料電池車への移行を進めるホンダ。航空機の分野では、ガスタービンパワージェネレーションシステム(写真)を使ったハイブリッドシステムの開発が進められている。
自動車の世界ではガソリンエンジン車から電気自動車や燃料電池車への移行を進めるホンダ。航空機の分野では、ガスタービンパワージェネレーションシステム(写真)を使ったハイブリッドシステムの開発が進められている。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事